横須賀周辺の高校紹介!県立金沢総合高校ってどうなの?

横須賀中央校・

kanazawasougou

こんにちは。「日本初!授業をしない」大学受験予備校、武田塾横須賀中央校です。
毎度おなじみ横須賀周辺の高校を紹介させていただいている高校紹介、

今回ご紹介するのは、県立金沢総合高校です!

金沢総合高校は、単位制総合科学高校で、人間、福祉、社会、文化・スポーツ、
自然・環境、情報、国際の6つの系列が設けられ、生徒の進路や興味に応じた
科目選択が可能です。
校外での学習など、実践・体験学習を重要視しています。
横浜市立大学、横浜国立大学、専門学校の授業が体験できる教育連携が行われ、取得単位として認められています。

単位制の高校の場合、比較的自由に授業を選択できるため、時間割は楽になることが多いです。

学校生活はどんな感じ? 評判をまとめると……

割と明るめの校風と言うか、俗な言葉で言うと「陽キャ」な感じだそうです。

一方で、頭髪や服装に関する規定は厳しめ、とのことなので、お洒落はそれほど楽しめる感じではなさそうです。

女子生徒の割合が極めて多いため、男子生徒はやや肩身が狭い思いをするかもしれません。「青春」的なサムシングも期待できなさそう……女子は女子で特有の「グループ」社会なので、それがニガテ……という方にはあまりおススメ出来ないかも……

勉強に関してはそこまで力が入っている印象ではないので、進路の相談は先生方もあまり熱心にはしてくれないそうです。

総合的に見て、エンジョイしたい派には向く一方で、ガチガチのマジメ君、マジメちゃんには向かない印象です。

気になる学習面の特徴は? 6つの系列ごとに総合選択科目を設定


人間、福祉、社会、文化・スポーツ、自然・環境、情報、国際の6つの系列ごとに
総合選択科目が設定され、国際系列では、仏語、中国語なども履修可能です。
また、自由選択科目も設けられ、英語研究などが履修できます。
1年次の「ガイダンスⅠ」では、「産業社会と人間」が必修で、職業や進路について
学んでいます。

早い段階から将来を見据える教育が行われているのが他の高校とは異なった「総合高校」らしさなのかもしれませんね。自分探しは出来る、という意見も多くみられます。

その進学実績は? 55%が4年制・短大へ進学、しかし受験方式に難あり

日本大学、駒沢大学、神奈川大学、専修大学、東海大学、横浜美術大学、フェリス女学院大学などをはじめとする4年制大学へ45%、神奈川歯科大学短期大学部、鎌倉女子大学短期大学部などへ10%、そして専門学校、技術校への進学が31%を含めると、実に86%の生徒が進学しています。

半分以上が大学・短大へと進学していますが、注目すべきはその内訳です。

一般受験の割合が極めて低いのです。

一般受験で大学・短大に合格した生徒数は実に9人を数えるのみです。

それ以外の生徒は指定校推薦、ないしは公募制推薦など、一般受験以外の方式で残りの109人が進学しています。

逆に考えれば、推薦受験の指導が充実していると言えますが、Marchなどの上位校に行きたい! と考える人にとっては少し物足りない環境であるとも言えそうです。

そのため、一般受験を考える場合は独学で頑張るか、塾・予備校に通うのが現実的であると考えます。

指定校推薦枠は? 日本大学をはじめ複数校からの推薦枠あり

日本大学、専修大学、東海大学、神奈川大学、玉川大学、桜美林大学、拓殖大学など受験生にも人気のある中堅大学からの指定校推薦枠が豊富です。

大体が指定校推薦で大学に行くのはこれもあってのことでしょう。学校で成績を取っていれば希望の大学に進学できる制度として、推薦入試は心強いです。

一方で、枠のない大学への進学はやはり一般受験になるため、その辺はキチンと考えておく必要がありそうです。

金沢総合生も武田塾で勉強だ!

指定校推薦でも大学には行けるけど、もう一歩上を目指したい、そんな金沢総合高校の皆さんを武田塾は応援します!

横須賀・三浦地区には横須賀中央校、北久里浜校の2校があります。

金沢総合高校の皆さんもぜひ受験相談にいらっしゃってください。

学校の成績を取る方法だけではなく、推薦入試の指導も随時行っています。

まずはお問い合わせから

お電話046-874-9690

または

コチラ↓のバナーから!

無料受験相談