【今月の横浜校】元・受験生から現・受験生へ!5人の講師が夏にむけて激励≪前半≫★生徒HR②

横浜校・

皆さん、こんにちは。横浜駅徒歩5分の大学受験予備校、武田塾横浜校です。

先日、武田塾横浜校にて、夏の生徒ホームルールを開催しました!

そこでは、かつて武田塾の生徒だった5名の講師がそれぞれ5分ほどで

受験生にメッセージを送りました。

夏にうまくいったひとさぼり気味だったひと途中で入院してしまったひと

そんな講師たちのうち3名の講演内容を、今回はまとめています!

WIN_20190720_17_21_45_Pro

1人目:夏に疲労で入院したE先生

受験生時代の夏、僕は疲労で入院しました。

秋からがんばりましたが、夏に勉強していない分、追いつくのがとても大変でした。

夏に勉強していないため「おいていかれた」という感覚が身に沁み、

「このままでは受験で戦えない」ということを実感しました。

夏に勉強しないことの危険性は僕が一番知っています!!

2人目:勉強時間は正直少なめだったK先生

現役で受験したとき、私は入試の厳しさを思い知りました

実力で受かると思っていた大学にすべて落ちたからです。

一浪を決めたもののそこから受験に不安を感じ、それは勉強時間に悪影響を及ぼしました。

しかし、友人が朝5時に起きて勉強していることを知り、「このままではマズい」

と感じました。そこから私は「勉強の質だけは下げない」ことを強く決心し、最後まで貫きました。

受験生の皆さんに伝えたいのは、「これだけは譲らないことを決め、実行する」

ことの大切さです。

WIN_20190720_17_54_24_Pro

3人目:浪人中は15時間勉強したS先生

現役時代は1日2時間ほどしか勉強していませんでしたが、

浪人時代は一日15時間勉強できました。そのコツは、

受験のために生活から工夫することです。

例えばただ10分休憩するのではなく「次の勉強を進めるための休憩」

と考えたり、電車の移動中に最も適した勉強は何か模索したり、

勉強に最も貢献する昼食は何かを調べたり…などです。

目的のない行動を極限まで削ぎ自分からできることを最大限やりました。

その工夫を勉強だけでなく生活から作り替えていきました

おかげで現役の時には想像もつかなかった集中力が増し、大学に合格できました。

IMG_3686[1]

 

また、夏の生徒HR記事もう2つもぜひご覧ください。

生徒HR①…横浜校校舎長の西村による「夏に伸びる受験生とは?」

生徒HR③…5名の元・生徒から受験生へ夏のにむけて激励≪後半≫

ぜひご覧ください!

  ★「校舎長ってどんな人?」についてはこちら

夏HRでの西村さん

=============================================

武田塾横浜校では、

毎日、無料受験相談を行っております

勉強の仕方、大学受験に向けた参考書の選び方・使い方、モチベーションの上げ方、など

受験にまつわるあらゆるご相談に対応させて頂いております。

塾生でなくても、無料で行っておりますので、

お気軽にご相談くださいませ。

ともに学びましょう!

お問い合わせ・無料受験相談はこちら

btn_headbtn4

日本初!逆転合格専門塾【武田塾横浜校】

〒221-0052 神奈川県横浜市神奈川区栄町1-1 KDXビル 3F

(横浜駅より徒歩5分)

Tel : 045- 620-8899

Mail: yokohama@takeda.tv

52914655_247192359556746_221903346523439104_n