【集結!】夏に向けて1年目講師だけで意見交換!生徒のためにできることは??

横浜校・

皆さん、こんにちは。横浜駅徒歩5分の大学受験予備校、武田塾横浜校です。

生徒ホームルームと同日、もうひとつ重要なイベントが開催されていました!

それは…… 1年目講師ミーティング!

ある一人の1年目講師の希望から実現したこのミーティングは、

武田塾の特訓に関するお題に対し今年の春から武田塾横浜校で働き始めた講師だけ」

で意見を交換し、悩みアイデア共有することを目的としています。

(あとで判明したことですが、実は昨年も開催されていたようです)

今回はそんな1年目講師ミーティングの様子を紹介します!

 

また、武田塾横浜校では夏期講習「夏だけタケダ」をスタートしております!

受付は8月末までとなっております。

詳しくはこちらの記事をご覧ください!

武田塾横浜校 夏だけタケダ

勉強の質が低いとどうなるの?

お題1:(4人一組で会議)

確認テストで得点が伸びにくい生徒へ、勉強の「質」をどう伝えるか?

※確認テスト…1週間の課題の定着度を確認するために武田塾が行うテスト

講師たちの考え1

受験当日というリミットがあるので、その日から逆算して「今」の時点でどのくらいできているのが理想か今の質のままでは秋に取り返すのが大変など、本番を見据えた計画を生徒と一緒に確認する。

講師たちの考え2

●まず先週1週間で力を入れたポイントどんな勉強をしたかを尋ねる。そのあと、生徒のやり方と講師がオススメする最善方法を比較し、「ここをこうすればさらに頭に入るよ」という、+αの伝え方をする。できている点と改善点を明確にする。

IMG_3754[1]

進んだ先の参考書が難しい…!こんなときどうする??

お題2:(4人一組で会議)

新しく始めた英語長文の参考書が難しく、ひとつ前の長文参考書に一旦戻りたいと生徒から要望があった。ここで講師ができることは?

講師たちの考え1

●まず、新しく始めた参考書の「何」につまずいているのかを一緒にチェックする。その原因が単語ならば、英単語帳の使い方や1日の時間配分を改善する。基礎的な長文の読み方構文把握に原因があるならば、英文解釈の参考書に戻ってやり直す。つまずく原因を細かく分析して、その核をダイレクトに解決できる参考書をやり直す。

講師たちの考え2

●ただ参考書をさかのぼっても再びつまずく可能性がある。受験日までの日数も限られている。参考書の完成度が低いことの時間的リスクを理解したうえで、「完成度の基準」を講師と生徒で高く設定する。

IMG_3751[1]

勉強時間は長いけど実力がなかなか伸びない?

お題3(2人一組で会議)

1日15時間の勉強には取り組めているが、確認テストなどの点数が伸びない。15時間の中で身についている知識が少ないとき、講師ができる手立ては?

講師たちの考え1

勉強の密度が低い原因を生徒と一緒に探る。「眠たい」などであれば、休憩の取り方睡眠時間などの生活習慣から組み立てなおす。

講師たちの考え2

15時間勉強することではなく、目の前の課題を高い基準でクリアできることが大切。数学や理科の問題集であれば、1問を完成させるために使える時間を割り出す。「4時間で20問」ではなく「1問あたり12分」で完成など。

IMG_3753[1]

いかがでしたでしょうか?

武田塾横浜校では、に向けて講師も気合十分です!

受験生も、高校1・2年生も、悔いの残らない夏になればと思います!

IMG_3686[1]

=============================================

武田塾横浜校では、

毎日、無料受験相談を行っております

勉強の仕方、大学受験に向けた参考書の選び方・使い方、モチベーションの上げ方、など

受験にまつわるあらゆるご相談に対応させて頂いております。

塾生でなくても、無料で行っておりますので、

お気軽にご相談くださいませ。

ともに学びましょう!

お問い合わせ・無料受験相談はこちら

btn_headbtn4

日本初!逆転合格専門塾【武田塾横浜校】

〒221-0052 神奈川県横浜市神奈川区栄町1-1 KDXビル 3F

(横浜駅より徒歩5分)

Tel : 045- 620-8899

Mail: yokohama@takeda.tv

52914655_247192359556746_221903346523439104_n

2019 武田塾横浜校  講師陣