【直前期対策】残り4週間は苦手分野に真正面から向き合い、ライバルとの差を縮めよ!|横浜駅徒歩1分の大学受験予備校

横浜校・

皆さん、こんにちは。横浜駅徒歩1分の大学受験予備校、武田塾横浜校です。

 

「長所を伸ばす」 or 「短所を克服する」。これからの勉強はどっち?

4週間扉

本番まで1ヶ月。この時期になると本番で1点でも多く点数を取るために、
得意分野を伸ばすか、苦手分野を克服するか悩むところです。
現時点で考えるべきことは「いかに時間をかけずに良い結果を残せるか」です。
たとえば「80点から90点」と「30点から40点」を比較すると、
両者とも上げ幅は同じですが、必要な労力は決して同じとは限りません。
本番までの時間が限られている状況下において、
おそらく後者、すなわち弱点克服の方が達成する可能性は高いでしょう。
そのためには残りの4週間で何をすれば良いのでしょうか?

 

まずは点数が取れない原因を分析せよ!

模試等で点数が全く振るわなかったときに焦りや不安を感じるかもしれません。今まで勉強してきた努力が結果に結びつかなかったのだから、こういう状態に陥ってしまうのは仕方ないことかもしれませんが、肝心なことは点数が取れなかった原因を分析することです。まず設問に出てきた用語を知っているかどうかを確認してみてください。知らない用語が多いようでしたら教科書や基礎レベルの参考書を読み、本番で初めて見る用語の数を限りなくゼロに近づけるようにしましょう。一方で用語を知っていても解けなかった場合、その用語を暗記しただけで内容の理解がまだまだ不十分です。昨今の入試では「身につけた知識をどう活用するか」を問う問題が増え、暗記一辺倒のゴリ押しだけでは厳しくなりつつあるので、用語を覚える際には簡単な説明が出来るレベルまで理解を深めていきましょう。

0b825f0e39577b609c39b9543125640e_t

 

残り一ヶ月間は4つのクールに分けよ!

それでは残り一ヶ月間どのように勉強を進めていけば良いのでしょうか? まずは残りの期間を4つのクール(1クール=一週間)に分けましょう。最初の第1クールでは弱点単元のインプットを行い、教科書や講義系参考書を用いて次々と用語や公式を覚えていきます。次いで第2クールでは第1クールでインプットした内容を実際の過去問や実戦問題集で解いてみます(=アウトプット)。続く第3クールでは第2クールの出来具合によって進め方が変わります。点数が取れているならば第3クールの前半3~4日間は更なるインプットを行い、後半はそのアウトプットを行います。一方で取れなかった場合は前クールの復習をした後に再度演習を行います。最後の第4クールはこれまでの総復習を行い、来たる本番に備えます。アウトプットをするために十分な時間を設けることがポイントです。

ec8bcd972b791475f24ae64d5a79e619_t

 

入試一ヶ月前の科目変更は「アリ」?

社会科や理科はセンター試験の当日に受験科目を決めるため、科目の変更は試験直前まで可能です。そのため入試一ヶ月前の土壇場になって科目を変えてしまうケースは稀にありますが、今までそれなりに勉強してきた科目をこれから変えてしまうことはまずオススメしません。というのも、これから新たに始める科目は学校の授業で習っていない限りゼロスタートになるため、基礎的な知識が身につき始めたところで本番を迎えてしまうからです。このときに身につけた知識はアウトプットの量が絶対的に足りないため、付け焼き刃の域を脱することはなかなか出来ません。たとえ今の時点で結果が出ていない科目であっても、これまで勉強した知識は確実に蓄積されているので変更せずにそのまま続けていくべきです。それでも変更したい場合は、学校の授業で習った科目に限定して行ってください。

a576e588c6b276d6acd4290084f79e53_t

 

まとめ

残りの1ヶ月間は、本番で1点でも多くとるための勉強が中心となります。
そのための方法として以下の2つが挙げられます。
「長所を伸ばしてライバルに差をつける」or「短所を克服してライバルとの差をつめる」
どの科目も高い水準で点数が取れているのであれば前者を、
点数の振るわない科目が1つでもあれば後者を選択すると良いでしょう。

 

=============================================

《ただいま期間限定の特別講習が開講中!》
受験生の方には、『かけこみタケダ』 詳しくは☞こちら

 

高校1・2年生の方には、『冬だけタケダ』 詳しくは☞こちら

=============================================

武田塾横浜校では、

毎日、無料受験相談を行っております

勉強の仕方、大学受験に向けた参考書の選び方・使い方、モチベーションの上げ方、など

受験にまつわるあらゆるご相談に対応させて頂いております。

塾生でなくても、無料で行っておりますので、

お気軽にご相談くださいませ。

ともに学びましょう!

お問い合わせ・無料受験相談はこちら

btn_headbtn4

日本初!逆転合格専門塾【武田塾横浜校】

〒220-0011 神奈川県横浜市西区高島2丁目14-11 第二田浦ビル3F

(横浜駅より徒歩1分)

Tel : 045- 620-8899

Mail: yokohama@takeda.tv

武田塾横浜校_地図 横浜駅徒歩1分の大学受験予備校・塾

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談