【校舎長紹介】武田塾用賀校の校舎長、リッチー先生とは!?

用賀校・

 

武田塾用賀校の校舎長は、こんな人です!

リッチー校舎長挨拶用の写真

 

みなさんこんにちは!
武田塾用賀校、校舎長の小川立致です。

塾では普段あまり自分の話をしないので

「用賀校の校舎長はどんな人なのかな?」…と思ってくださる方のために、

この記事では少しだけ自己紹介をさせていただきたいと思います(^^)

 

校舎長のプロフィール

氏  名:小川立致(おがわりっちー)
生年月日:1988年12月19日
出身高校:山口県立西京高等学校
出身大学:山口大学 人文学部 言語文化学科
留学経験:ドイツ:エアランゲン・ニュルンベルク大学 哲学科
趣  味:ビリヤード、ポーカー、映画鑑賞、国内外の旅行、語学学習etc...

 

フィリピン(マニラ)生まれ、山口県山口市育ち。
幼稚園から大学まで日本で過ごしているのでフィリピンでの記憶はあまりありません。。

ちなみに「りっちー」という名前は Ritchie と書きます。
よく「ニックネームじゃないのか」と聞かれますが、本名です!

私を説明するための大きな特徴としては下記の①〜③かなと思います。

 

リッチー先生の特徴 ①:ビリヤードのプロです!

普段は用賀校校舎長ですが、別の顔として「ビリヤードのプロ」でもあります。
ビリヤード歴は約20年。時間が合えば国内外の大会にプロとして出場しています。

 

<2019年 US OPEN (開催地:アメリカ・ラスベガス)>
USOPEN

 

<2019年 JAPAN OPEN (開催地:東京)>
JO写真

注)たまに遊び心&パフォーマンスとして髪色を変えていましたが、校舎長になってからは黒髪にしています!(笑)

 

リッチー先生の特徴 ②:ヘリコプターのパイロットです!

パイロットのライセンスを保有しているので、ヘリコプターの操縦ができます。

塾では全く出番のない技術ですが、いつか非常時に「誰かこの中にヘリコプターの操縦ができる人はいませんか!」と尋ねられた時にカッコよく手を挙げようと心の準備をしています。(笑)

pilot

 

リッチー先生の特徴 ③:英語とドイツ語が(少しだけ)話せます!

【英語】

名前が「リッチー」で英語ができなかったら嫌だなと思ったので、中学入学と同時に猛勉強を開始しました。(笑)

高校時代には「平成18年度第22回全国高等学校商業教育実技競技大会」スピーチの部で最優秀賞(全国優勝)の経験があります。

Ritchie_highschool

ちなみにTOEICの最高得点は930点です。

ヘリコプターの免許も最初はアメリカで取得したので

海外旅行したり空を飛んだりするには困らない英語力があると思っていますが、

分野が変わると突然英語がわからなくなったりするので、今も英語の勉強を続けています。

 

【ドイツ語】

ドイツはビリヤードが強い国の一つでもあるので昔から興味があり、

大学ではドイツ語を専攻しました。

苦しみながら食らいついて行ったら

山口大学で3名のみが選ばれる交換留学生になることができ、

大学3年次に1年間ドイツ留学をしました。

 

(写真はベルリンですが留学先はバイエルン州のエアランゲンです)
brandenburgertor

ドイツ語検定2級を保有していますが、最近喋っていないのでうまく口が回りません。(笑)

 

 

武田塾用賀校の校舎長になるまで

様々な出会いやご縁が積み重なり、今は武田塾用賀校の校舎長をさせていただいております。
ここではざっくりとこれまでの人生のストーリーをお伝えします。

 

幼少期〜高校入学

生まれ故郷はフィリピンのマニラですが、幼稚園の頃から日本にいます。
そのため第一言語(最初に習得した言葉)は日本語です。

山口県山口市の小学校と中学校に通っていました。

サッカー、空手、バスケットボール、バドミントン、テニスとやってきましたが...

一番自分にピッタリと合ったスポーツが「ビリヤード」でした。

きっかけは小学5年生時の誕生日プレゼントの「THE BILLIARD」というゲームソフトです。

ゲームでルールを覚えてどんどん勝ち進んでいると「本物をやってみるか」と言われ、

実際にやってみると面白く、始めて4ヶ月で山口県内の学生大会で準優勝したことで更に熱中しました。

・中学1年生:山口県の大会で初優勝を経験。
・中学2年生:全国大会準優勝。
・中学3年生:全日本ジュニア選手権で3位。

山口県のテレビや新聞に取り上げられて有頂天になりつつも高校受験の勉強は疎かにせず、

一生懸命勉強して、山口県立西京高等学校に進学しました。

 

高校時代

普通に学校の勉強しながらビリヤードを頑張りつつも、

実は「放送部」と「英語部」にも入部していました。

まず放送部に入部したのは、

「体育祭(運動会)の夏の炎天下でグラウンドに立っていろんな人の長話を聞くのが嫌だったから」です。笑

放送部だとテントの下でお茶を飲みながら涼しく過ごす事ができるんです。

だから高校に入学して即決で放送部に入部しました。笑

また、英語部への入部のきっかけは英語の先生からのスカウトでした。

「りっちー、ちょっと英語の暗唱大会に出てみない?」と。

練習も「ちょっと」だと思っていたら夢に出るほど本当に厳しい鬼の様なスパルタな稽古で…

それに耐えながら一生懸命練習して出場したら、県大会で優勝。

ただ、この奇跡的な経験で英語のスピーチが楽しくなってしまい、そのまま3年間のめり込んでいってしまいました。笑

同時にビリヤードでは山口県代表&中国地方代表として大会に出ていましたので

ビリヤードの練習も続けながら毎日を楽しく過ごしていました。

高校2年生くらいになって将来のことをいろいろと考えると「高校卒業後は大学に進学したい」という気持ちが芽生えたので、

高2から高3になる春(3月)から本格的に受験勉強を開始しました。

 

大学受験

今だから言えますが、現役時代の志望校は「東京大学」と「東京外国語大学」でした。

当時崇拝していた某マンガの「○○と○○こそ東大に行け!」という言葉に感化された事が大きいのですが…

諸事情により地元の大学に行かなければならなくて…

東大と東京外大の赤本を捨てて山口大学を目指す事になりました。。。

高校時代は学校での授業以外に卒業まで部活をかけもちしつつビリヤードをしていた為、

受験勉強はわずかな隙間時間を盗みながら参考書を使ってやっていました。

なんと、自分の自由な時間に自由なスピードで進められる勉強方法というのは

まさに武田塾の勉強方法と同じです!!

当時は武田塾がなかったので自己流ではありましたが、

これで落ちたらしょうがないと思えるほど1冊に全てを懸けました。

紆余曲折ありましたが、結果としては山口大学に合格して高校時代が終わりました。

<山口大学人文学部>
人文学部

 

大学時代〜用賀校校舎長になるまで

大学入学と同時に、高校受験を控えたお子さんもつ親御さんから直接「家庭教師」をお願いされた事がきっかけで、教育の世界に触れました。

試行錯誤の結果、その年にその子は志望校に合格!!

これは本当にものすごく嬉しかったです。

合格祝いにみんなで焼肉を食べた事が忘れられない思い出の一つです。

でもこれは私が教えたから受験に合格したという訳ではなく、

本人がちゃんと最後まで頑張ったから合格したのだと思いますが、

この経験で

「私が少しでも手助けして関わった人が無事結果を出して自分の夢に進んでいく姿を見るのは嬉しいな」

と感じた事が校舎長としての今につながっています。

 

私が何かしら助ける事で目の前の子の人生に良い影響があるのなら面白いなと思い、

その後も高校受験の生徒だけでなく大学受験の生徒も見ることになり、

家庭教師だけでなく都内の他塾で教えてみたりもしました。

 

その後、様々な縁や運が重なって「武田塾」を知りました。

 

武田塾の勉強方法はまさに私が現役時代にやっていた「参考書を使用した自学自習」のスタイルです。

更に武田塾のやり方は「研究と実績に基づいた洗練されたもの」だとわかったので、

これならちゃんと受験生の助けになれるなと思い、用賀校の校舎長になろうと決意しました!

IMG_0415

 

武田塾用賀校の目指す姿

武田塾は最短最速で志望校に合格する事を重視しています。

特に用賀校は「塾生全員逆転合格」を目指します!

私たちは武田塾用賀校を信じて頼ってくれた生徒を絶対に見捨てません!

入試で1点でも多くぶん取って志望校に合格しましょう。

行きたい大学に合格するという成功体験は一生の宝になりますよ!

また、塾としてのゴールは大学合格ですが、皆さんの人生はその先の方が遥かに長いはずです。

武田塾での「自学自習をベースにした大人の勉強法」は大学生や社会人になってからも非常に大切なスキルなので、

このスキルを身に付けて、実りの多い人生にしていきましょう。

IMG_0503

 

 

この記事を読んだあなたには無料受験相談がオススメ!

無料受験相談を受ける3つのメリット!

 

①最強最速の"参考書を使った自学自習"、そのスゴさがわかる!
一週間で英単語を1000個覚えられる暗記法を伝授。
クラスで下から2番目→学年トップになった生徒も!


②志望校合格のために何をすべきかが分かる!

偏差値30台から現役でMARCHに合格!3年生11月からの入塾で千葉大現役合格!
これらを実現させた実績とノウハウがあります。

③どんな小さな悩みも、満足するまでじっくり話せる!
無料受験相談は1時間程度を予定しています。
ですが、時間が許す限りあなたのお悩みにお答えします!

既に高校1年生、2年生からの問い合わせも続々来ています。
乗り遅れて取り返しのつかないことになる前に、まずは一度お話してみませんか?

ご相談・質問のご予約はコチラの問い合わせフォームから!!

無料受験相談

関連記事

thumbnail

武田塾ってどんな塾? 【日本初!授業をしない。武田塾】武田塾は「授業をしない」という独自の勉強法で、 偏差値40台・E判定からでも短期間で志望校に合格できます。(実績も多数あります!)   …

thumbnail

みなさんこんにちは! 武田塾用賀校です。 この記事にたどり着いた現在高校1~2年生の皆様は、もう受験勉強を始めていますか? 今日は「受験勉強は早く始めた方がいいよ!」というアドバイスをしたいと思います…

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 用賀校へ