早稲田大学商学部に最短で合格する勉強法教えます!

八事いりなか校・

早稲田大学商学部の試験で最短で合格点を取る勉強計画紹介します!

20190703(水)_ブログ記事(大学別勉強法 早稲田大学商学部)

こんにちは!!武田塾八事いりなか校です^o^

名古屋市営地下鉄八事駅から徒歩4分、逆転合格の進学塾・予備校
といえば、武田塾八事いりなか校にお任せください!

◆ 武田塾は「学力を上げる正しい勉強方法を教える」受験塾ですp(^^)q

 

 

模試の結果が出せずに苦しんでいるあなたへ!
―――――――――――――――――――――

 

いよいよ7月に入り、大学受験のキーポイント

夏期講習の時期になりますね^^

 

多くの受験生が、河合塾や東進、駿台など

大手予備校の夏期講習を検討されると思います!

 

夏期講習では、有名講師による短期集中型の

講座がたくさん設けられ、これまでの遅れを

取り戻すことを目標に通われる方がいます。

 

通う方によっては、かなり飛躍するきっかけに

なる夏期講習ですが、【適性】があります。

 

例えば、

①その講座の難易度はあなたに適していますか?

②講座を十分に生かすための、土台となる

 基礎知識は身についていますか?

③講座を取りすぎて、自習する時間が

 少なくなっていませんか?

 

安易に夏期講習を取りすぎてしまったり、

自分の身の丈に合っていない講座を受講

してしまうと、かえって時間の無駄になり、

 

お金も時間も損をします。

 

「ではどうすればいいのでしょうか?」

 

という方も、

 

まずは、日ごろの勉強の悩みを

受験相談で話してみませんか?

 

受験や学力の仕組みを知り、

自身を知れば、必ず最適な解決策を

選択することができます。

 

早稲田大学に限らず、慶応義塾大学

MARCHなどの有名私立大学、

名古屋大学、名古屋工業大学、名古屋市立大学

などの国公立大学を目指している方も、

 

ぜひ、無料受験相談にお問合せください^^

 

 

早稲田大学商学部 | 試験の特徴について

早稲田大学商学部の入試では、

◆国語 → 60点(60分)

◆英語 → 80点(90分)

◆世界史B・日本史B・政治経済・数学から1科目 → 60点(60分)

 ※数学は90分で、数学ⅠA・ⅡBから出題(確率分布斗統計的な推測は除く)

 

 

早稲田大学商学部 | 英語試験の特徴・対策

 

◆問題構成

・大問5題
(会話文1題、読解4題、内容説明・空所補充、和文英訳や英文和訳)

・読解メインの出題となっている

・読解そのものの難易度は早稲田の中で

 特段難しいわけではない

 

◆試験時間

・時間90分

 

◆対策

・英作文や和文英訳は分野別の参考書を

 追加でやるべきかといわれれば、

 特別にやる必要はない

・制限時間に対する大問数が多いので、

 他学部も含めた過去問演習をして、

 時間内で回答できる練習をしておく

・早稲田の問題の要求水準を意識する

 

■参考書だけで早稲田大学商学部-英語で合格点をとる方法

 

 

早稲田大学商学部 | 国語の特徴・対策

 

◆問題構成

・大問2題目(大問2は古文漢文各1題なので実質3題)

・早稲田の中でも極端に難易度が高いわけではない

・選択肢がかなり細かいところまで問われる

 

◆試験時間

・60分

 

◆対策方法

・古文漢文は早稲田レベルまでは必須で

 やっておく必要があるが、センターレベルでも

 ある程度対応できないことはない

・選択肢が紛らわしいものが多く、間違っている

 ものでも意味が通ってしまうような選択肢が

 あるので、まずは全体の文意をつかんで各設問

 に当たっていく必要がある。
 
・他学部の過去問も含めて過去問演習をやり、

 早稲田の国語に慣れておく

 

■参考書だけで早稲田大学商学部-国語で合格点をとる方法

 

 

早稲田大学商学部 | 数学の特徴・対策

 

◆問題構成

・大問3題(1題は小問集合)

・問題は早稲田の中でも非常に難易度が高い

・問題文そのものが難解で、解き方の

 方針から考えなければいけない

 

◆試験時間

・90分

 

◆対策方法

・早慶レベルの参考書や過去問で

 実践演習を積み、1問に対して、時間無制限で

 丁寧に取り組み、試行錯誤してあがき情報を読み取り

 問題ごとに対処方法を考える実践力を鍛えていく

・過去問の傾向は毎年難易度として

 に通っているので、できるだけ多くの過去問に触れる

 

■参考書だけで早稲田大学商学部-数学で合格点をとる方法

 

 

早稲田大学商学部 | 日本史の特徴・対策

 

◆問題構成

・大問6題(古代から戦後まで満遍なく出題)

・基本は選択問題だが、記述と論述も出る

・一見すると難しい問題が多い

 

◆試験時間

・60分

 

◆対策方法

・大問のうち、史料問題が半分を占めるので、

 史料問題の対策は一問一答や史料集、教科書

 で細かい部分まで知識を抑えておく

・幅広い範囲の分野が問われるので、

 満遍なく知識を抑え、その後は教科書や

 用語集まで調べて、知識を深めておく

・過去問を解いて、どのレベルまで

 問われるのか把握したうえで、参考書

 に戻って知識を抑えていく

 

■参考書だけで早稲田大学商学部-日本史で合格点をとる方法

 

 

早稲田大学商学部 | 世界史の特徴・対策

 

◆問題構成

・100字程度の論述が出題

・選択問題と記述、論述が出題

・知識だけでなく考える力が要求される

 

◆試験時間

・60分

 

◆対策方法

・基本的には早慶レベルまでの参考書を

 こなしておき、過去問で対策しておけば

 対応できないことはない

・通史は、タテやヨコの流れ、テーマごとの

 整理はやったうえで、教科書レベルの知識は

 どの角度で聞かれても答えられるように、用語集や

 史料集なども含めて確認し、一つ一つの用語の理解度を深めておく

 

■参考書だけで早稲田大学商学部-世界史で合格点をとる方法

 

 

早稲田大学商学部 | 政治経済の特徴・対策

 

◆問題構成

・大問4題

・選択、記述、論述が出題(100字程度)

・問題の難易度差は激しい

 

◆試験時間

・60分

 

◆対策方法

・基礎知識で解ける問題と、一つ一つの

 出来事に対する理解度が問われるような

 難問も出題される

・用語の暗記ではなく、覚えた用語に

 対して関連する知識や、そのものの

 理解度を深めるような勉強が必要。

・時事そのものに対する理解だけでなく、

 教科書内容、受験内容と絡めてテーマの

 知識一式を入れておく

・早稲田レベルまでの参考書のやりこみ、

 時事問題集、早稲田の過去問演習を

 しっかりやりこんでおく。

 

■参考書だけで早稲田大学商学部-政治経済で合格点をとる方法

 

 

早稲田大学商学部の入試で合格点を取る方法まとめ

今日は、早稲田大学商学部入試で

合格点を取るための勉強方法について紹介しました!

 

早稲田大学に合格したい!というあなたも

焦って過去問に手を出すのではなく、

まずは、基礎知識という足元を固めましょう!

 

学力が上がるのは中級者です!

 

基礎知識という基礎練習ができないのに、

中級者向けの演習は到底うまくできません。

 

正しい順番と正しい勉強方法があるので、

 

もし、今、学力に伸び悩んでいるのであれば、

ぜひ、武田塾八事いりなか校の無料受験相談

にお越しください!

 

勉強方法の悩みに限らず、現在あなたが抱えている

進路や勉強の悩みを解決するための具体的な提案をします!

 

武田塾八事いりなか校で、あなたの来校をお待ちしています!

 

無料受験相談の問い合わせは電話(TEL:052-746-1113

もしくは下記問い合わせフォームよりどうぞ!

無料受験相談

 

 

◆ お申込みは、こちらまでお電話ください!

■電話:052-746-1113

(受付時間13:30~21:00 ※日曜・一部祝日休)

■武田塾八事いりなか校(逆転合格の1対1完全 個別指導塾)

https://www.takeda.tv/yagoto/

■アクセス
愛知県名古屋市昭和区山手通5丁目6-1 561山手 202号
名古屋市営地下鉄 名城線・鶴舞線 八事駅 徒歩4分

■Twitter
https://twitter.com/takedayagoto

■Facebook
https://www.facebook.com/takedajuku.yagotoirinaka/

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談