高校受験、中学生、小学生の方、保護者の方

【英語の勉強法】 英語長文の音読はこの方法がベスト!

 

今回の参考動画:


みなさんこんにちは!!

JR宇治駅から徒歩5分!京阪宇治線 宇治駅から徒歩10分の好立地!京都にある、武田塾宇治校です!
受験までの残り期間も3ヶ月弱となり、いよいよ間近に迫ってきましたね。

秋になり、寒さや寒暖差で体調を崩しやすい時期になりました。共通テストの出願も終わり、緊張感を感じたり、試験が近づいていることを実感している人もいることと思います。 体調管理を怠らないようにし、生活習慣を整えるよう心がけていきましょう
生活習慣に関しては、ただ早寝早起きをする!ということではなく、試験日当日に起きる時間に起床し、大体同じ時間に食事をし、テスト開始時刻には勉強に集中して取り組めるような状態に調整しておきましょう。受験直前期になってから、入試本番を意識した朝型の生活リズムに調整しようと考えていても、緊張や焦燥感などの様々な要素が重なるため、なかなかうまく調整できないことがあります。このような状況に陥ると、さらに焦りを生む原因になるため、なるべくい今のうちから、入試当日のスケジュールを意識した生活に慣れておきましょう。

また、秋口に受けた模試の結果も出ていることと思います。自分の夏休みから秋にかけての努力の成果が徐々に現れてくる頃だと思います。
結果をうけて、受験まで残り数ヶ月の現在に至っても学力がうまく伸びず、志望校に届かないのではないか…?と焦りを感じている人もいるのではないでしょうか?秋に受けた模試の判定や点数が気がかりだったり、点数が伸び悩んでいたり、進路面談や家族から志望校を諦めるよう説得されたりと様々な方面からのプレッシャーを感じ、悩みも増える時期です。
このような悩みの影響で、受験勉強に対するモチベーションが下がってしまい、なかなか気力が元に戻らなくなってしまうことも起こりがちだと思います。中弛みや、学習のマンネリによる作業化など、その他の要因によるモチベーションの低下に悩む人も多いことでしょう。今回の記事は、「志望校を諦めた方が良いのかも…」、「受験に対するモチベーションが上がらない…」、「モチベーションが下がってから、以前より学習に集中して取り組むことが難しくなった…」という悩みを抱える受験生の方々に是非とも見ていただきたい内容になっています。

この記事を読んで、参考にできる部分がありそう!と感じた方は、参考動画も視聴して、モチベーションアップの方法を研究してみてください!

無料受験相談

今回のメインテーマ「英語長文の音読は何回すればいいの?」

英語を勉強する女の子のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや
まず、受験生から聞くことが多い悩みについて紹介します。

とにかく聞かれることが非常に多いです。

これについて、この意識を持っていることは、真剣に取り組もうという姿勢があるということなので、その意識はとても素晴らしいです!

多く聞かれる悩みではありますが、やる回数、やり方、やり込み具合によって、かなり差がつく部分でもあります。
しかし、ネットや本などで調べると、数回、20回、100回以上と情報源によってまちまちです。

時間の目安が大切

jikan_tobu_man
もちろん、数回読み込むよりも、100回やり込む方が学力は伸びやすいと思います。
しかし、ずっと英語長文の問題のみを解いていられるわけでもありませんし、現実問題、他の科目の勉強などをおろそかにしてしまっては、本末転倒です。
つまり、学習時間や受験までの時間には限度があるということです。ここでは、効率的に英語長文を勉強するための武田式メソッドをご紹介します。

目安は、「30分で30回目安」がオススメ!!

 

ゴールデンウィークの勉強計画は立てましたか? – ふぞろいな合格答案公式ブログ
まず、勉強時間を有意義にするためには、目安を立てることがとても大切です。
目安や目標を立てず、回数や時間のみで勉強の達成度を測ることはおすすめしません。
なぜなら、の回数や時間だけに気を取られてしまい、学習の定着度合いを意識できなくなってしまうことがあるためです。

基本的に、〜回やりましょう!というのは、その人に合った方法か?得意なのか?などによって振れ幅があるため、目安としてはあまり良いものとは言えません。学生から、「学校では20回読めと言われたが、solutionの参考書には10回と書いてある!どっちが本当なのか?」という相談を受けますが、正解などはなく、目安を作っておき、そこにあわせていくのが良いといえます。仮にも、1分で読めるような内容の長文であったとしたら、30分で30回読むことができるはずです。30分などで区切りを決めておき、その中で何回読めるか?がキーポイントになります。

また、1日のうちに朝夜で2回やるようにすれば、その倍読むことができることになります。
つまり、1日のうち、どれくらいの時間を音読に使うかを先に決めておき、その時間の中でどれだけ長文を読むことができるか?をきめるという流れで行う方法になります。また、この時間の長さは、取り組んでいる参考書の長文の長さや難易度によって、調整をおこなっていくようにすると良いでしょう。

では、先程でてきたsolutionの長文問題レベル1の場合、速読英熟語よりは長く、その他の英語長文参考書よりは短いため、30分で10回くらいが妥当と言えます。このように、3分で読めるものなら10回、5分ほどで読めるものであれば6回と目安がわかりやすいため、この方法がおすすめです。

とても長い長文はどうすればいいの?

英語の文字の背景。 の写真素材・画像素材. Image 82325779.

では、とても長い長文はどうすれば良いのでしょうか。
基本的な「30分30回目安」だと、30分かかるものは1回やれば良いということかと聞かれると、それは少し違います。
他の科目や他の学習に支障が出ない程度で、学習時間を見直すのが良いでしょう。
基本は、学習時間を決め、その中で出来る限り長文を繰り返し読む方法になります。
しかし、回数があまりにも限られてしまう場合は、時間も調整することも大切です。

 

まとめ

今回は、英語長文の学習方法について解説しました。ただ読むのではなく、意味や区切りを理解した上で学習することがポイントです。
基本的には、時間を先に決めて、その中でできる限り英文を読むことを徹底しましょう。

無料受験相談
武田塾では、無料受験相談を実施しています。
勉強内容以外の、モチベーションや進路の相談でもなんでも大丈夫です!お気軽にご相談ください!
計画などの立て方がわからない!という人や、学習の長期的なビジョンが見えないという方もお手伝いいたします!

 

 

あなたに合った勉強法を教えます!

無料受験相談に行ってみる