【偏差値アップのために大切な習慣】勉強を継続する場所の確保から

上田校・

 

今の実力より高い志望校に合格するために

1 やるなければならないことは成績アップ

そのために、

①長い時間勉強できるようになる。

②勉強の質を上げる。

の2つが必要になります。

今回は長い時間勉強できるようになるためのステップとして「習慣化」について書いていきます。

 

1 長い時間勉強ができるようになるために 

「習慣化」が一番大切です。息を吸うように勉強する状態までもっていくのです。

習慣になっていることで無理なく勉強が続けられます。

当たり前に続けられると、勉強が生活の一部になります。

そのためには

1)毎日寝る時間と起きる時間を同じにする。(7時間以上睡眠)

2)勉強しやすい場所の確保をする(塾の自習室・学校・適温に保たれている図書館・カフェ)

3)適度な運動

 

1)寝る時間と起きる時間の安定が学習への流れを朝から作れる最強の習慣

起きて何をするか、寝る前に何をするかも決まっていることで、さらにスムーズに学習へ移行できます。

睡眠から勉強、勉強してからの睡眠の流れを確認しておきましょう。

朝起きると英単語の確認をする。夜に最後に確認の単語を覚える。なども一つです。

 

2)場所の確保は思っている以上に重要 

勉強をしやすい場所は、勉強をしている人にとって重要です。

快適な環境も大事ですが、「人が熱心に勉強している環境」に刺激を受けて勉強をがんばるからです。

なので、勉強をするために集まる塾の自習室はベストに近く、学校で勉強できるならそれもよし。

ただしエアコンが自由に使えないなどのデメリットも考える必要があります。

地域の図書館やカフェなどは、涼しい環境は確保できますが、実際に勉強しているや集中している人が多くいる環境でないと逆にマイナスになってしまうこともあります。

同じカフェを選ぶにしても、静かで勉強に向きやすいタリーズなどのような場所がよいです。

上田駅前のタリーズはおすすめです。

後は個人差もありますので、適度に音がある場所の方がいい人もいれば、静かな場所がいい人もいます。

 

ただしあまり勉強に適さない場所もあるので、いかに紹介します。

一番の勉強NGプレイスは無料で使えるフードコートのスペース

上田市には大きなフードコート2つありますが、

NGなのは、周囲に家族連れがきたり、自分で環境をコントロールできないこと。

勉強以外のこと、特に同世代で楽しくお話をしている人が多いこと。

勉強から集中を切らす誘惑が多いこと(食べ物、ゲームなど)。

数え上げればきりがないですが、勉強を長い時間継続していくには「勉強に集中しやすい環境を整え、習慣化する」に尽きます。

成績が上がっている実感がある人はもちろんそのままでOkですが、

勉強のできる人でフードコートで勉強している人は少ない!

というのが多くの受験生を見ての実感です。

その点では、学校や静かなカフェや図書館などを選んだ方がよいでしょう。

 

3)適度な運動

 特に運動部だった人は、6月7月から一気に勉強に切り替えが必要です。

その時にある程度の運動をスケジュールに取り組むことを進めています。心地よい疲れを感じたり、有酸素運動で身体の健康の維持のため、週2~3の30分程度の運動が良い流れを作ります。

天気などに左右されることをなくすためにも、家でできるヨガも効果的です。ヨガマットだけ購入すればすぐにできて、身体を緩めて疲れが取れやすい状態にもできます。

塾の生徒でも調子が悪くなっていた時に、取り入れて、「体調がよくなった!」という生徒が何人もいて、効果絶大です。ぜひ試してみてください。

 

 

 

武田塾上田校では多くの人が逆転合格を掴んでいます!!

偏差値が15以上アップした子も複数います。

武田塾の勉強法をより深く聞ける!今の受験の悩みに答える!

「無料の受験相談」を開催しています。

お申し込みは以下↓

無料受験相談

武田塾上田校は以下の場所から通ってきています。

上田市、東御市、坂城町、千曲市、小諸市、佐久市、軽井沢町

多くの受験生お待ちしています。

武田塾ではいつでも無料の受験相談を実施しています。

受験に関する様々な疑問や質問に答えます!

いつでもお電話・メールにてお申込み下さい。

武田塾 上田校 026-75-8887

上田校のトップページに戻る↓

https://www.takeda.tv/ueda/