【学部別】早稲田受験における日本史の極意!(その1)

津校・

QuickOperation 早稲田大学写真

 

早稲田大学に合格するための勉強法を知りたい方へ。

早稲田大学合格を目指して、日本史の勉強し始めたが、ちゃんと成果がでてこない。

予備校とかも検討しているけど、何処に行けばいいかわからない。

さらに、早稲田大学を目指すためのオススメの数学参考書があれば、ついでに知りたい。と考えていませんか?

 

 

本記事では、早稲田大学【教育学部】【国際教養学部】【社会科学部】の入試における『日本史』について、下記の内容を解説します。

■もくじ
1.【教育学部(文系)】の日本史で合格点を取る方法
2.【国際教養学部】の日本史で合格点を取る方法
3.【社会科学部】の日本史で合格点を取る方法

 

 

この記事を執筆している武田塾は、『“日本初、授業をしない塾”として全国240校舎(2019年8月時点)を展開する』学習塾です。
また、授業をしないとは名ばかり。他の学習塾様にも勝る、数々の逆転合格劇を持つのも特徴です。

 

武田塾 合格実績3

 

 

 

■1.教育学部(文系)の日本史で合格点を取る方法

D060226D-C927-479B-80F7-B20AD2AA6DB5

□1-1.史料問題に慣れて点数を稼ぐべし!

 

早稲田大学教育学部文系の日本史は、配点50点、時間が60分、題問が5題出題されます。

形式は、記述とマークどちらも出題され、選択問題に関しては正誤問題も出てきます。

 

問題の特徴として史料の出題が非常に多く出題されます。

ただ、史料そのものは有名なものが多いので、史料の問題(東進さんの1問1答など)でしっかり仕上げておくと、十分対応することができます

 

QuickOperationイラスト写真(東進日本史一問一答)

↑東進予備校『日本史 一問一答問題集』

 

 

初見の資料であったとしても、基礎内容を押さえてさえおけば、資料以外の情報からでも十分対応できる内容となっています。

基本的には、資料系の問題集2冊仕上げておけば十分です。

 

あとは、聞いてくる問題内容としては、時代の流れ…

つまり通史や年号だったりという部分は理解しているか?用語の正しい説明をしっかりと理解しているかどうか?
この辺りとなってきます。

 

教育学部は近現代の範囲の出題率が高いため、偏りなく、押さえておいた方が良いでしょう。

そして、資料に関しては、用語を暗記するだけではなく、しっかりと資料そのものを読む練習をするように心がけてください。

紛らわしい用語、間違えやすい部分が出てきますので、その判別がつくように、時代の流れ・出来事の流れは押さえておくようにしましょう。

 

 

□1-2.参考になる動画はこちら!

 

 

 

■2.国際教養学部の日本史で合格点を取る方法

QuickOperationイラスト写真(国際)

 

□2-1.英文史料が出題される!?対外国関係の知識を常に抑えるべし!

 

早稲田大学国際教養学部の日本史は、配点50点、時間が60分、題問が4題出題されます。

 

問題の特徴としては、英文の史料が毎年1題出題されることです。

ただ、これに関しては資料そのものは、大した難易度ではないので、読む事さえできれば対応できるものとなっています。

そもそも、早稲田の英語を解答できるレベルの学力あれば、過去問さえしっかりと解いていれば読めない内容ではありません。通常の史料対策で十分と言えます。

 

また、それ以外の問題に関しても、早慶レベルまで到達しているという前提にはなりますが、

過去問やっていれば十分対応できます。余裕があれば他学部の問題にも触れておけば、より確実な解答力を得られると思います。

ただ、どうしても内容的に国際関係・対外国関係のテーマというのは出題されやすいというところはありますので、周辺国との関係などの知識は常に押さえるという意識を持っておきましょう。

 

基本的には「早慶レベルのやり込み」で「資料を優先して対策しておく」ことです。

 

 

□2-2.参考になる動画はこちら!

 

 

 

 

■3.社会科学部の日本史で合格点を取る方法

QuickOperationイラスト写真(ビル夜景).png

 

□3-1.学部最難関の日本史試験!縦からみる日本史に重点を置くべし!

 

早稲田大学社会科学部の日本史ですが、配点が40点で、時間60分となっています。

題問数に関しては、2017年では4題、過去2016年だと5題、2014年は4題と、かなりバラつきが見られます。

 

社会科学部の日本史といえば、史料問題が大量に出題され、どの題問にも出てくるというのが特徴でしたが、2017年以降では資料がほとんど出ていない形式となっていました。

 

また、出題形式というのも大きくバラつきがあります。

これまでは、1つの時代に対して様々なテーマ…つまり時代の横の繋がりという、トータルの理解を問われることが多く出題されてきました。

しかし、2017年以降の問題に関しては、縦の繋がり例えば、「法律」というテーマを与えられ、法の精度に関して、古代~現代に至るまで問われる。政治・社会・文化についても、縦で問う問題が多く出題されています。

 

今までは、時代1つをトータルで見て、様々なテーマをまとめてみるという横の見方だったものが、テーマごとに題問がわかれるという、縦の見方中心に移ってきている傾向があります。

 

この傾向が今後も継続されるのかどうかは分かりませんが、結局は、どちらの形式が出題されたとしても大丈夫なように対策をしておきましょう。

 

最新年度で出された、縦形式の出題に合わせて対策をしてから横形式の出題に移行するのがベターです。

 

社会科学部の日本史の問題の特徴としては、まず、正誤問題が非常に多いということです。

その上、その正誤問題の難易度はとても高く、「これは、あり得ないだろう!」っていう難易度のものが出題されることも珍しくありません。

消去法で選んで答えが出せるような形式というものはもちろんありますが、

難しい問題に関しては知らない知識だけど解ける理由があるのではないか?持っている知識で打開できないか?という事を考える能力が問われる部分となります。

 

もちろん知らない知識が多すぎるというのは、論外です。

やはりその辺りは、用語集や教科書、早慶レベルの問題集で知識を身に付ける事は大前提なのですが

その上で、どうしてもわからない用語や難しすぎる問題というものが出てくる中、吟味して、推量して、打開策を模索する力を身に付けておくことが大切です。

 

近年、傾向が大きく変わっているため、そのあたりの傾向の変化には注意しておきましょう。

 

 

□3-2.参考になる動画はこちら!

 

 

 

 

参考書を使って勉強していきたいけど…
どの参考書をやればいいのか分からないですよね。

 

そこで武田塾では、ありとあらゆる市販の参考書すべてを調査分析しています。
そして志望校に合わせたカリキュラムを組んでいます。

 

どの参考書をいつまでに、どの順番で、どのくらいやればいいのかすべて分かっています!
志望校合格のために、1日単位で何をやればいいのか分かります!

何をやれば合格に近づくかわかりながら勉強したくないですか?

そして武田塾津校では、無料受験相談というものを行っています!

この無料受験相談では、志望校までの最短ルートを、全て無料でお伝えしています!!!!

無料受験相談

この無料受験相談で合格した子も続々出ています!!

 

今から勉強を始めようと思っている方は必見です!

予約制となっているので、お早めにご連絡ください!
無料受験相談のお電話はこちらに!!
TEL:059-272-4383

 

フォームからでも予約可能です!

無料受験相談

 

また、武田塾 津校のTwitterでは、毎日一問一答問題を発信しています!!

毎日の確認で、知識の埋め合わせをしていきましょう!!

 

関連記事

thumbnail

  早稲田大学に合格するための勉強法を知りたい方へ。 早稲田大学合格を目指して、日本史の勉強し始めたが、ちゃんと成果がでてこない。 予備校とかも検討しているけど、何処に行けばいいかわからない…

thumbnail

  早稲田大学に合格するための勉強法を知りたい方へ。   「早稲田大学合格を目指して、日本史の勉強し始めたが、ちゃんと成果がでてこない!」 「予備校とかも検討しているけど、何処に行…

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談