【早稲田大学 国語】教育学部 社会科学部の国語で合格点を取る方法!

津校・

 

QuickOperation 早稲田大学写真

 

 

早稲田大学に合格するための勉強法を知りたい方へ。

早稲田大学合格を目指して、国語の勉強し始めたが、ちゃんと成果がでてこない。

予備校とかも検討しているけど、何処に行けばいいかわからない。

さらに、早稲田大学を目指すためのオススメの国語参考書があれば、ついでに知りたい。と考えていませんか?

 

本記事では、早稲田大学の【社会科学部】【教育学部(文系)】における『国語』について、下記の内容を解説します。

 

■もくじ
        1.【教育学部(文系)】の国語で合格点を取る方法
        2.【社会科学部】の国語で合格点を取る方法

 

 

この記事を執筆している武田塾は、『“日本初、授業をしない塾”として全国240校舎(2019年8月時点)を展開する』学習塾です。

また、授業をしないとは名ばかり。他の学習塾様にも勝る、数々の逆転合格劇を持つのも特徴です。

 

武田塾 合格実績3

 

 

1.教育学部(文系)の国語で合格点を取る方法!

 

D060226D-C927-479B-80F7-B20AD2AA6DB5

 

 

1-1.早稲田大学教育学部(文系)の問題の傾向

早稲田大学教育学部(文系)の国語の難易度は、年度によってばらつきがあります。

現代文は毎年同程度の難易度で、古文は国語が難しいとされる早稲田大学の中でも難しい部類となっています。

ですが、基本的に早稲田の国語慣れしていたら十分対応できます。 なので極力違う学部の国語の問題も解いておきたいです。

 

時間は90分で、大問数は数年ごとに3題と4題で入れ替わるので注意が必要です。

(ちなみに2013~2016年度は3題で、2017、2018は4題となっています。)

3題の時は現代文が2題と漢文と古文が複合した問題が1題という構成となっています。

4題の時は現代文2題と古文と漢文がそれぞれ1題ずつという構成になっています。

 

設問の形式としましては選択と記述それぞれありますが、論述をするような問題は基本的に出ないです。

記述に関しては、漢字の書き取りや抜き出しなどが中心です。

また、教育学部では必ず文学史が出題されるので勉強が必要となってきます。

 

1-2.早稲田大学教育学部(文系) 現代文

 

現代文に対する対策としましては、『現代文と格闘する』や『現代文キーワード読解』、『現代文の開発講座』などの参考書でテーマを抑えてどういった内容なのかを予測して、早稲田で要求される回答の水準を覚えていって、答えられるようにしていきます。

現代文と格闘する

現代文開発講座

現代文キーワード読解

 

1-3.早稲田大学教育学部(文系)古文・漢文

 

古文・漢文に関しては、選択肢が間違えて読んでいっても、成立するような答えになっていることも多くあり、どの部分で答えを見分けなければいけないのかという選び方の部分を、一問一問時間をかけて徹底的に時間をかけて読み込んでいくということが必要です。

もちろん文法知識なども正確に覚えておく必要があるので、基礎の復習をしっかりとし、全体的な完成度を高める必要があります。

その上で早稲田の過去問を他学部も含めて古文漢文に慣れていくことが必要です。

 

早稲田の国語

 

1-4.参考になる動画はこちら!

 

 

 

2.社会科学部の国語で合格点を取る方法

 

literature-3033196_1280

2-1.早稲田大学社会科学部の問題の傾向

 

早稲田大学社会科学部の国語は時間が60分、大問が2題で1題は現代文で、もう1題は現古漢の融合問題となっています。

現古漢の融合問題となっている分、古文漢文それぞれの文章量は少なくなっています。

しかし通常の大問と比べると問題数も文章量も多く感じます。

大問が2つしかない分、大問の中での難易度の上下幅が大きくなっています。

題は全体内容をおさえていないと解けないような問題も多い印象です。

傍線部だけで聞いてしまうと設問数が多い分、ピンポイントで読めてしまう問題が多くなりがちなところを、広い範囲を抑えるような問題で聞いてくることで難易度をあげているところがあります。

なので解くときに選択肢の周辺だけでなく、本文全体がどういうことを言いたいのか、傍線の後どういう話になっていくのかなど全体の流れを追いつつ選択肢を選んでいったほうが良いです。

問題にあたるときはできるだけ全体を抑えてから、設問を細かく読み込んでいくのが良いです。

社会科学部では、傍線部前後だけでは解けないような問題を出す傾向が2017年以降加速しています。

過去問などを解くときは、全体を把握してからそれぞれの設問に回答していく練習もしておいたほうが良いと

思います。

また、試験時間が60分と短いので、回答のスピードが求められます。

 

2-2.早稲田大学社会科学部 現代文対策

 

現代文の対策としましては、早稲田レベルのルートをこなして他学部の過去問も解きながら、先ほども述べたように文章全体をある程度把握してから、設問の回答にあたっていく練習も必要です。

 

2-3.早稲田大学社会科学部 古文・漢文対策

 

 

古文漢文の内容に関しては、通常通りルートを早稲田レベルまでこなしてこなしておけば十分対応できる。

文学史の問題なども出るので、確実な得点源として勉強しておきましょう。『スピード攻略文学史』などでしっ

かり勉強しておきましょう。

 

スピード攻略文学史

 

それ以外の部分に関しては、通常通り早稲田のルートをこなして過去問は社会科学部の問題だけでなく、商学部や教育学部などの問題にも触れておきたいです。 

 

2-4.参考になる動画はこちら!

 

 

 

武田塾 津校では1人1人に合った早稲田大学合格までのカリキュラムを作成します!まずは無料受験相談まで!

参考書を使って勉強していきたいけど… どの参考書をやればいいのか分からないですよね。

そこで武田塾では、ありとあらゆる市販の参考書すべてを調査分析しています。

そして志望校に合わせたカリキュラムを組んでいます。

どの参考書をいつまでに、どの順番で、どのくらいやればいいのかすべて分かっています! 志望校合格のために、1日単位で何をやればいいのか分かります!

何をやれば合格に近づくかわかりながら勉強したくないですか? そして武田塾津校では、無料受験相談というものを行っています!

この無料受験相談では、志望校までの最短ルートを、全て無料でお伝えしています!!!!

この無料受験相談で合格した子も続々出ています!!

 

今から勉強を始めようと思っている方は、必見です! 予約制となっているので、お早めにご連絡ください!

無料受験相談のお電話はこちらに!!

TEL:059-272-4383

 

フォームからでも予約できます!

無料受験相談

 

 

-ブログ読者限定-

公式LINEで詳しい勉強法を発信!

↓『1週間で武田式勉強法を伝授します』↓友だち追加

 

-期間限定-

★小・中・高・大学受験生 対象 ⇒ 【冬だけタケダ】

 

-無料受験相談に関するQ&A-

武田塾 津校の【受験相談Q&A】

 

-武田塾 津校のHPはこちら-

武田塾 津校HPはこちら!

関連記事

thumbnail

  早稲田大学に合格するための勉強法を知りたい方へ。 早稲田大学合格を目指して、数学の勉強し始めたが、ちゃんと成果がでてこない。 予備校とかも検討しているけど、何処に行けばいいかわからない。…

thumbnail

  早稲田大学に合格するための勉強法を知りたい方へ。 早稲田大学合格を目指して、国語の勉強し始めたが、ちゃんと成果がでてこない。 予備校とかも検討しているけど、何処に行けばいいかわからない。…

thumbnail

  早稲田大学に合格するための勉強法を知りたい方へ。   「早稲田大学合格を目指して勉強し始めたが、ちゃんと成果がでてこない!」 「予備校とかも検討しているけど、何処に行けばいいか…