2019年センター試験の傾向

豊橋校・

こんにちは。
武田塾豊橋校です。

受験生の皆さん、センター試験お疲れ様でした。

本日は、2019年のセンター試験を振り返っていこうと思います。

 

2019年センター試験の傾向

全体的な難易度としては例年並みでしょう。

各科目の難易度はこちらです。
(あくまで、現時点の予想です)

英語・・・例年並み
リスニング・・・やや易化
国語・・・やや易化
数ⅠA・・・例年並み
数ⅡB・・・例年並み
物理基礎・・・やや難化
化学基礎・・・例年並み
生物基礎・・・難化
地学基礎・・・やや難化
物理・・・例年並み
化学・・・やや難化
生物・・・例年並み
地学・・・例年並み
世界史B・・・例年並み
日本史B・・・例年並み
地理B・・・やや難化
現代社会・・・例年並み
倫理・・・例年並み
政治経済・・・例年並み
倫理、政経・・・やや難化

 

リスニングと国語がやや易化、理科と社会の一部がやや難化のようです。

 

センター試験で失敗してしまったら?

受験生の中には、センター試験で思うような結果が出せなかったという人もいるでしょう。
今後はどのように勉強をしていけばいいのでしょうか?

こちらの動画をご覧ください。

まずは結果を受け入れましょう。

結果は出てしまったので、それは覆りません。
その結果でどう戦うか、考える必要があります。

また、思うような結果が出なかった人は悔しいと思います。
ただ、まだ試験は終わってはいないです。
その悔しさを私大や国公立二次試験にぶつけて欲しいと思います。

 

特に私大志望の人は、一般入試はセンター試験の点数は関わりません。
言ってしまえば、関係ないのです。
なのですぐに気持ちを私大入試に切り替えて、私大入試で点数が取れる勉強をすぐに始めていきましょう!

 

国公立志望の人は、センター試験の点数と大学の配点を見比べて考える必要があります。
二次試験の配点が高く、逆転の可能性がありそうならば、そのまま受けたほうがいいでしょう。
ただし、例年の合格最低点と見比べて、二次試験でどれぐらい点数を取れば合格できるかは把握しておいたほうがいいです。

もし二次での逆転が難しそうな場合は志望校を考える必要があります。
国公立のレベルを下げるのか、私大に絞るのか。
大きな決断になると思いますので、一人で判断する言葉難しい場合は学校の先生や塾の先生、保護者など、頼れる人全員に相談しましょう。

 

まとめ

センター試験という一つの山場が終わりましたが、本番はこれからです。

今後様々な決断を迫られると思いますが、後悔の無い選択をしてください。

受験もあと少しです。
残りの期間、自分の持っている力をすべて出し切り、走り切りましょう!!

 

~あわせて読みたい~

受験生に向けて、応援メッセージ!!

私立大学と国公立大学の違い

 

無料受験相談~進路カウンセリング~(*^_^*)

当校では随時、無料の受験相談を行っております。
正しい参考書の使い方、勉強方法、偏差値アップのための学習計画、志望校選びについて等、個別に対応致します。

 

無料受験相談

 

◆武田塾豊橋校 豊橋の予備校・塾・個別指導◆

住所:〒440-0076
愛知県豊橋市大橋通1丁目91 稲垣ビル4階

JR線・名鉄豊橋駅から徒歩2分、豊橋鉄道新豊橋駅から徒歩2分
※1階がレオパレスさんのビルです。

Tel:0532-22-8372
※受付時間 13:00~21:30(月~土)
Mail:toyohashi@takeda.tv
公式HP:https://www.takeda.tv/toyohashi/