富山 塾 夏期講習 受験生は時間をどういかすか!不得意科目の対策!

富山校・

 夏休みがいよいよ始まりました。学校では、補講があったりするところも多いですが、学期中に比べれば自分の時間が取れます。この時間を有効に活かすために、様々な計画をたてていることだろうなと思います。

 そのなかでも多いのが、不得意科目の克服かなと思います。不得意科目が出来るようになるには、どうすればよいでしょうか?

 武田塾の基本の学習の進め方を、今は、知る立場にあって、あっ、こんなふうに学習をすすめられたらよかったのかと自分の高校時代を振り返って感じることがあります。

 

 教材選び

  不得意科目の対策に、まずは本屋に行って、自分にあった参考書や問題集を探すのが一つの方法だと思います。本屋さんでも、参考書のあるコーナーでよく見かける光景です。自分も高校生の時は、よく行きました。

 不得意対策なら、自分がマスターしていない内容が身につけられるような教材でなければならないです。でも、自分ではそれがどこなのか、どのレベルの教材なら良いのかが分からない場合があります。もし、自分に合っていない教材なら、それを使っての学習は困難を伴い、結局途中でやめてしまうことになると思います。何冊も、問題集や参考書を買っても、身につかなかったりするのは、こんなことに原因があるのかなと思います。

 

 武田塾の指導法では、もちろん使う問題集、参考書は厳選されています。そして、どの参考書や問題集がどのレベルで、どう使うかが有効なのかを把握されています。

 不得意科目が出来てしまうのは、分からない分野のより基礎の部分が身についていないことに原因がある場合、その基礎を身につける教材で学習する必要があります。それは、自分が簡単だと感じる教材かもしれないです。ちょっと難し教材の方がよいのではと思っている場合は、うまくいかないように思います。進学校の生徒さんには、そんな傾向がひょっとしたらあるのかなと感じることがあります。

 また、それをどれだけやるかもポイントかなと思います。

 「あぁ、分かった、じゃ次は」と進む事も必要ですが、どの程度まで身につけるかということもポイントだと思います。例えば、数学の公式は、分かっているだけじゃ、実際の問題を解くときには、ほとんど役立たないように感じます。できれば、それが導き出された内容も理解しておくことが大切だと思いますが、とにかく、それをすぐに使えるように記憶しておかなけばなりません。

 武田塾では、どの程度まで身につけておくかという基準があります。そして確実に知識が身につけられるような仕組みがあります。

 問題を解く時にしっかりと知識が使えるように。これも、言われてみれば、当たり前のことかもしれませんが、自分でやっているとずいぶんいい加減になってしまい、やっていればできるのにやらない、だから不得意になってしまう場合もあるように思います。

 集中的に

 成績を上げるのに、効果的な方法の一つが、集中的に学習することがあるように思います。毎日、コツコツとやることは大切ですが、短期間に多くの時間とエネルギーを集中的に特定の科目に注ぐことで、効果を上げる例を身近に見ます。

 夏休みは、それができる時間があります。

 教材選びから、学習法の指導、一人一人のフォローを武田塾はやっています。一人で学習に悩んでいる人がいるなら、是非、武田塾にアクセスしてみてください。

 

 勉強時間

 夏休みには、勉強頑張るぞ!と意気込んでも、どれだけの時間、どれだけの期間やれるかは、様々なようです。武田塾で一緒に生徒の指導をしていただいている講師の方に、受験生の時の夏休みの学習時間を聞いてみました。一日に8時間とか、14時間とかありました。なんて、すごいんだというのが個人的な感想ですが、状況や個人の考え方とかでいろいろだなと思いました。一日にどれだけ学習するは大事ですが、どれだけの期間それを継続できるかも大切です。

 ひょんなきっかけで、学習が中断されたりするともあるようでした。そんなときに、学習を再開することが、次に必要になります。

 武田塾では、指導ごとに、一人一人に各講師があたります。

 8月には、学校でも模擬試験を受けることになっているようですが、その結果が自分の思っていたより、低かったりしてショックを受けてしまうことが例年あるようです。実は、それをすべて自分の学力の原因だと考えてしまうのは、ちょっと問題のようです。模試の結果についても、どのように判断するかで、その後の学習に影響を及ぼすことがあります。そんな時に、武田塾では、教務担当や講師が適切な助言、フォローし、まだ続く受験勉強を続けられるようにサポートしていきます。

 

 いよいよ始まった夏休みですが、あまりに意気込み過ぎてもです。

 長期間にわたりますから、継続的に学習を進めていくことが、まず、大切なのかなと思います。

 10時間以上の勉強を数日したけれど、その後続かなかったでは、あまり効果はないでしょう。学習が良く進んだり、進まなかったりという波が有るのが普通だと思います。夏休みを生かしてもらえたらなと思います。

無料受験相談

 

 

 

 

 

 

 

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談