【文系理系必見!】計算ミスを減らす方法3選

富山校・

富山駅から徒歩5分 

大学受験予備校・個別指導塾の武田塾 富山校です!

数学とかで計算ミスとか多くないですか気を付けてても間違えちゃうことってあると思います。

今回は数学の鉄人講師阿部先生が皆さんに計算ミスをなくす方法を伝授してもらいます!

==================================================

こんにちは!

武田塾講師の阿部です!

突然ですが、数学や物理での「計算ミス」って怖いですよね。

みなさんは計算ミスをしてひどく落ち込んだ経験はありますか?

答えだけを書き込むような試験では、答えが間違っていれば即座にバツ!ということもあるでしょう。

必死になって導いた答えがたったひとつの計算ミスのために0点になってしまう、なんてとても悲しいですよね。

そこで今日は「計算ミスをしないようにするための方法3選」をお教えします!!

私は次のようなことを意識するようになってから、劇的に計算ミスが減りましたよ!!

全ての理系、文系だって必見です!

頭の中で声に出しながら計算しよう!!

一つ目は、頭の中で声を出しながら計算しよう!ということです。

頭の中で声を出しながら計算することによって、ぼーっとしていては気づかない計算ミスに気づくことがあるからです。

小学生のとき、九九を覚えるとき、声を出しながら覚えましたよね?

今も、多くの人が九九を暗唱することができると思います。

たとえば2×3=5などはよく犯しやすい間違いですが・・・(今鼻で笑ったひと!人間なんてそんなものです。極度のプレッシャーの中ではそんな間違いはザラです!!)

頭の中で「ニサンガロク・・・」と声に出しながら計算すれば、ミスを極限まで減らすことができるでしょう。

「ニサンガゴ・・・」と口に出せば即座に間違っているとわかるものの、2×3=5と書かれているだけでは以外と気付かないものです。

頭の中で声に出して計算する!ぜひ実践してみてください。

ところで「頭の中で」声に出すようにしてくださいね!!

筆者は、模試で隣になった受験者がぶつぶつつぶやきながら計算していることに気を取られ、散々な成績をとってしまったことがありますから。。

出来る限り簡単に計算しよう!!

二つ目としては、できる限り簡単に計算しよう!!ということです。

出来る限り簡単に計算する?なんだそれ?と思うかもしれません。

ここでは「簡単に計算する」がどのようなことなのか、具体例を示しながら説明してみようともいます!

【例題】

(5+2i)(5-2i)を計算せよ!(ただしiは虚数単位とする)

【計算ミスをしやすい考え方!】

(5+2i)(5-2i)=5×5+5×(-2i)+2i×5+2i×(-2i)

=25-10i+10i-4i^2     (i^2はiの2乗を意味します)

=25-4×(-1)

=25+4=29

【計算ミスをしない考え方!】

(a+bi)(a-bi)=a^2+b^2なので

(5+2i)(5-2i)=5^2+2^2=29

・・・

いかがでしたでしょうか?

【計算ミスをしやすい考え方】では、分配法則から、ひとつひとつ展開しています!

この計算をみて「まどろっこしいなぁ」と感じたひとはいますか?

(x+2)(x-3)というような、xなど文字が入っていると公式を使って楽に計算しよう!という意識が働く人が多いのですが・・・

どうしても数字だけ、虚数単位が入ってくる、などすると思考停止で展開してしまう人がいます。

一方で【計算ミスをしない考え方】では公式を使って楽に計算しています!

もう式の2行目には虚数単位がなくて、きれいな形になっています!

-4i^2などという項がでてくると、「あれこれプラスだっけなんだっけ?」となりかねません。(iは計算ミスが多発しますよね。。)

出来る限り公式などを使って楽に計算することがやはり大事なのです!

計算ミスを「つまらないミスだと思わない!」

最後が一番重要です。計算ミスを「つまらないミスだと思わない!」ということです。

みなさんは計算ミスをしてしまったとき、それをつまらない「ケアレスミス」だと断じてしまって、

「どうしてこのミスが起きてしまったのか?」

「どうしたらこのミスを起こさないようにできるか?」

を考えずにそのままにしてしまいがちです。

一言言わせてください。

とってももったいない!!!!

ということです。計算ミスをつまらないミスだと考えてなにも対策しなければ、成長することをしないで、また同じ間違いをくりかえすことになってしまいます。

間違えた問題は「なぜ間違えたのか」と「どうしたら間違えないようになるのか」を必ず考えるようにしてください!

それはどんなに「つまらない」ミスだって同じです。

「あ~また間違えちゃった」と軽く考えるのは絶対しないようにお願いします!

計算ミスの原因は

「式を簡単にしていなかった」

「途中式を雑に書いてしまって読み間違えた」

「そもそもその問題を十分に理解しきれていなかった」

など多岐にわたります。そして、それぞれをきちんと認識しなければいけないのです。

あなたの計算ミスは本当にただの「ケアレスミス」ですか???

まとめ

計算ミスを減らすためには

(1)頭の中で声に出して計算する!

(2)簡単に計算する!(公式をできる限り使う)

(3)ケアレスミスの原因と解決策を考える!

この3つを意識してみてください!!!

これであなたも劇的に計算ミスを減らすことができるはずですよ!!!

夏だけタケダが始まります!

iIxtZkXH1JNfu6vVTacr0ZJyF2G6fYJCMyyPy1QC

 

自宅で特訓! インターネットオンライン指導に対応

武田塾では自宅で行えるインターネットオンライン指導対応をしています。

直接校舎に通わなくても、自宅にインターネットとパソコンがあれば同じように特訓を受けることができます!

オンライン対応の詳細につきましては、最寄りの武田塾までお問い合わせください。

1.カリキュラム

事前にカウンセリングを行い、一人ひとりの現在の成績と志望校に合せた勉強ルートを全て明示した、逆転合格のための「個別カリキュラム」を武田塾が作成します。

夏だけタケダ

2.武田塾が自学自習を徹底管理

「個別カリキュラム」に合わせて毎日どの参考書をどのくらい勉強すればよいか、具体的に「宿題」として細かく徹底管理。

夏だけタケダ

3.毎回の個別テスト

実際に出された宿題をしっかりできているか、それがどれくらい定着しているかを宿題の範囲から毎回個別にテストを行います。

夏だけタケダ

4.個別指導

テストの結果、できなかった部分や分からなかった部分を講師が個別に徹底指導! 定着率が80%を超えたら次の範囲に進みます。
※定着率は「電子指導報告書」に細かく記載します。常にペース配分を確認し、修正します。

夏だけタケダ

※上記1~4は個別管理特訓の場合

お申し込みはこちらから!

無料受験相談とは

受験相談・山火

受験相談では

  • あなたのための奇跡の逆転合格カリキュラム
  • 1週間で英単語を1000個覚える方法
  • 合格までやるべきすべてのこと
  • 勉強の悩み
  • 受験に対する不安

などについてお話しさせていただきます

武田塾富山校では逆転合格を本気でサポートします。

志望校の話、勉強方法、自宅での勉強方法、休校期間の過ごし方など
入塾の意思を問わず、どんな悩みや相談にも無料でお応えします。

「何から始めればいいかわからない」

「勉強の仕方がわからない」

「全然成績が上がらない」

という方、本気で逆転合格したいと思う人はぜひ受験相談にお越しください。

無料受験相談

《イベント参加希望の方はメッセージ欄に、「イベント希望」とご記入ください》

☆本気で逆転合格を目指す富山校を紹介☆

武田塾ってどんなところ?武田塾富山校の1日を紹介します!

半年で偏差値35→64!他塾で入塾を断わられた金髪高校生の半年!

【模試ってどうしたらいい?】「模試の勉強をしない」は嘘!!一喜一憂しない心得

 

☆富山校の優秀な講師陣を紹介☆

【講師紹介①】慶應合格!国立医学部合格!私の勉強哲学

【講師紹介②】国立医学部に逆転合格!!私の勉強哲学

【講師紹介③】富山大学医学部に現役合格した講師の勉強法紹介!

【講師紹介④】医学部に逆転合格!高校生活と浪人生活の過ごし方!

 

☆合格体験記はこちらからどうぞ☆

【合格体験記】高校休学→MARCH4学部に逆転合格!

【合格体験記】偏差値35から立命館大学理工学部に逆転合格

【偏差値32】高校中退→名古屋大学への逆転合格体験記

富山で一番おしゃれな塾で勉強しよう。

富山校は移転をして富山で一番おしゃれな塾になりました!

こんなおしゃれな塾で志望校に合格できるように頑張りましょう!

特訓スペース

line_oa_chat_210518_223652

武田塾公式LINEやってます!

武田塾富山校では公式LINEを運営中です。

 

「受験相談に行きたくても行けない…」「いきなり行くのは怖い…」

こちらももちろん、どんな悩みでもOKです。

気軽にご相談ください♪

↓友達追加はこちらから↓

e774460df184d508a019871ff72a930d

◆◇◆武田塾 富山校◆◇◆

富山市桜町5-4

第二電気ビル1F・2F

TEL:076-471-5406

 

関連記事