富山 塾 富山高校 「富山高校の評判・実績」武田塾富山校

富山校・

富山県立富山高等学校正門.jpg

こんにちは、武田塾富山校です!

今回は富山高等学校について紹介いたします。 [アクセス 所在地] 〒939-8076富山県富山市太郎丸1番地 

 076-421-2925 富山地方鉄道堀川小泉駅から徒歩5分、大町駅から徒歩3分、南富山駅から徒歩4分

[高校入試の合格レベル] 普通科(定員200名)・・・中学校の5教科の学力検査で140~150点(200点満点中) 探究科学科(定員80名)・・・中学校の5教科の学力検査で150~160点(200点満点中)

[2018年度進学実績] 東大4名、京大3名、一橋大2名、大阪大14名、金沢大30名、富山大45名など国公立大合計214名 早稲田大5名、慶應大5名、MARCH52名、関関同立73名など私立大合計399名 [学科] 富山高校には普通科と探究科学科があります。 普通科は2年次から文系・理系に分かれ、ほぼ全員が4年生の大学進学を目指し、 日々勉強に取り組んでいます。 探究科学科には理数科学科と人文社会科学科の2つの学科があり、 1年次は主に基礎学力の育成が、2年次は各学科に分かれて課題研究に取り組みます。 [評判・口コミ] 富山高校は、明治18年(1885年)県内で初めて中等教育を担った学校で、 創校の志である「学びたきもの集う」と校訓「慎重 自ラ持シ 敢為 事ニ当ル」 は現代にも継承されています。 また、体育系18部、文科系13部などがあり、部活動も盛んです。 (富山高校HPより一部引用)

富山高校

普通科

2年次より文系・理系のコースに分かれ、興味・関心や進路志望に応じた学習ができるよう選択の幅の広いカリキュラムが用意されています。ほぼ全員が4年制の大学進学を目指し、意欲的に学習に励んでいます。

 

富山高校普通科の1週間の授業時間数

探究科学科は21世紀をリードする人材を育成します。

探究科学科が目指す生徒とは

意欲的に学び、考え、行動する生徒
学ぶ意欲と知的好奇心を高め、科学的思考力や論理的思考力を身につけ、探究活動の基礎となる力を養成します。
「探究力」をもとに自ら未来を切り拓いていく生徒
21世紀をたくましく生き抜く力として求められる課題発見能力や課題解決能力、高いコミュニケーション能力の育成を目指します。
グローバルな視点を持ちつつ、地域社会や日本を担って活躍する人材となる生徒
国際的視野・分析力・判断力を備え、将来地域社会や日本社会に貢献する人材の育成を目指します。

教育課程

探究科学科には理数科学科と人文社会科学科の2つの学科があります。

1
「学」のステージ
飛躍の原動力 学ぶために学ぶ

[理数科学科・人文社会科学科]1週間の授業時間数

富山高校探究科学科1年の1週間の授業時間数
理数科学科、人文社会科学科ともに共通の内容を学習

  • 基礎学力の育成 ー 真の学習への土台作り
  • 伝統のきめ細かな学習指導
  • 少人数・ティームティーチングによる徹底した指導 ー 英語・数学・探究基礎Ⅰ

※2年次より各学科に分かれます。進路選択は1年次の秋です。

2
「躍」のステージ
確かな基礎学力と探究力に裏付けられた深い理解

[理数科学科]1週間の授業時間数

富山高校理数科学科2年の1週間の授業時間数

[人文社会科学科]1週間の授業時間数

富山高校人文社会科学科2年の1週間の授業時間数
  • 理数科学科、人文社会科学科に分かれて学習
  • 専門科目の学習…学問の世界へ 疑問の発生、興味・関心の広がり
  • 学習スタイルの完成…疑問・考察・理解・定着

課題研究・探究基礎Ⅱ

【理数科学科のテーマ(平成28年度)】
・行列で漸化式を解く~フィボナッチから始まる行列との関係~(数学)
・ピタゴラス音階 ~音の調和とグラフの関係~(数学)
・正方形詰め込み問題 ~1辺の長さをどれだけ短くできるか~(数学)
・正規数について ~無理数は乱数か?~(数学)
・光速の測定(物理)
・心に響く和音のしくみ(物理)
・残飯を燃料に!アルコール発酵(化学)
・ファラデーからの挑戦状!!!(化学)
・タンポポ ~個体ごとの差異と染色体構成との相関性~(生物)
・身の回りに存在するエタノール生成菌の探索(生物)

【人文社会科学科のテーマ(平成28年度)】
・効率の良い勉強法で成果は出るのか(地歴公民)
・食品ロスを減らすには?~Think Globally, Act Locally~(地歴公民)
・洋楽と邦楽の歌詞における表現の違いについて(英語)
・今の高校生に求められている英語とは(英語)
・どうなる?ことばの未来(国語)
・太宰のメッセージ ~『走れメロス』の主題に迫る~(国語)

3
「飛」のステージ
ハイレベルな授業で 夢の実現へ

[理数科学科]1週間の授業時間数

富山高校理数科学科3年の1週間の授業時間数

[人文社会科学科]1週間の授業時間数

富山高校人文社会科学科3年の1週間の授業時間数
  • 探究力を生かしたより高い学習の育成
  • 専門科目による発展的な内容の学習
  • 学校設定科目による入試問題への対応

※大学入試科目の変更などにより、教育課程は変更になることがあります。

※富山高校HPより引用

<69~66>
富山中部高校[公立/共学]
探究科学科69
高岡高校[公立/共学]
人文社会科学科67
高岡高校[公立/共学]
理数科学科67
高岡高校[公立/共学]
普通科67
富山中部高校[公立/共学]
普通科67
富山高校[公立/共学]
探究科学科66
富山高校[公立/共学]
普通科66


<65~61>
砺波高校[公立/共学]
普通科65
魚津高校[公立/共学]
普通科64
富山東高校[公立/共学]
普通科64
高岡南高校[公立/共学]
普通科63
富山高等専門学校射水CP[国/共]
国際ビジネス学科63
富山東高校[公立/共学]
普通科自然科学コース62
富山高等専門学校射水CP[国/共]
電子情報工学科61
 
富山高校は御三家といわれて、歴史もある素晴らしい高校です。
 
当然勉強だけでなく、文武両道の精神にも秀でた高校です。
 
高校の卒業生は、アナウンサーが多いのが印象的です。
 
武田塾富山校は、大学受験専門塾として富山高校の生徒は大変多く来てくれます。
 
当然、そのほとんどの生徒は部活動を行っており、
学校の課題もやり抜きながら、大学受験である、センターの基本で抜けているところに
取り組んでくれています。
 
大学受験を目指すうえで、特に国立大学志望が高い富山高校の生徒にとっては、このセンター5教科7科目にどう向き合えるかで勝負が決まるといっても過言ではありません。
 
ただいま受験相談開催しています。
新高3生は、文系なら英語、数学、国語、社会の主要4科目、理系であれば英語、数学、理科2科目の主要科目の基本を仕上げる必要があり、それを本来であれば夏までに仕上げることを武田塾は目標としています。
 
新高1生や新高2生であれば、まず英語と数学をできる状態に仕上げることができるかどうかで、高校3年生になってからの対策が優位に働きます。
 
武田塾富山校受験相談で、大学受験に必要なことをお伝えし、無料体験で実際に抜けているところを確認し、徹底的に下地を作りたい生徒であれば、武田塾富山校は皆さんにあっていると思います!!!!
 
この時期は、受験相談が大変に多い時期ですので
武田塾富山校HP からが便利です。
電話076-471-5406であれば水曜日以外13:30~21:30であればお受けいたしております。
 
本気で勝負した受験生であれば、今の実力は一切気にしません。
 
抜けているところを丁寧に取り組めば富山高校の生徒は普通に伸びていっている姿を武田塾富山校は何度も見ているからです!!
 
受験相談お待ちしております!
 

 

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談