武田塾の現代文の勉強方法! 現代文は地頭勝負じゃない!

鳥取校・

鳥取駅より徒歩2分! 大学受験予備校・個別指導塾の「武田塾鳥取校」です!

本日は校舎長がお届けします!

 

突然ですがみなさん、

現代文って、どう勉強すればいいか分かりにくくないですか??

めちゃくちゃ問題集を解いているのにさっぱり解けない人もいれば

何も勉強してないのに高得点をとれる人もいます

「現代文は地頭勝負か、、、」

「現代文は勉強しても意味ないんだ、、、」

そんな風に悲観してしまいがちですよね

 

でもそんな風に悩んでいるみなさん!

それは違います!

現代文は、正しい勉強方法さえ身に付ければ、確実に伸びる教科なのです!

 

現代文の正しい勉強方法を身に付けた結果、

センター国語でも9割はコンスタントにとれるようになった人もいます!

 

それでは、武田塾が推奨する現代文の勉強方法をお伝えします!

 

現代文の勉強の全体像

現代文はそもそも、

①現代文の読み方を知る

②現代文を解く

という2段階の勉強が必要です!

 

この「①現代文の読み方を知る」という部分がとっても重要なのです!

現代文が解けない人は、現代文の読み方を知らないだけという場合が大半です!

 

現代文の読み方を知るには?

武田塾では、

問題を解く前に、まず現代文の読み方を説明した講義系参考書を読むことを推奨しています。

そこで使うのがこれ

510fX0BWMcL._AC_US160_

田村のやさしく語る現代文(代々木ライブラリー)

田村秀行著

まずはこれを読んで、現代文の読み方を知りましょう!

 

よく現代文は、本文を先に読んだ方がいいのか、設問を先に読んだ方がいいのかという質問をされますが、

 

現代文は、

①まず本文全体をザーッと読む!

②設問を読む!

③設問を踏まえ、本文を読む!

という読み方が最良の読み方です。

 

というのも、現代文の問題は、

全体を把握していることを前提とした問が多いのです。

そのため、文書全体を読まずに、設問だけ見ても、その段階では問題を解けないことが多いのです!

 

本文全体を読み終わったら、設問と本文を照らし合わせながら解いていきましょう!

今度は、全体を読むだけでは気付かない部分を問題の意図に沿って確認していくのです。

 

読み方を理解したら、長文をたくさん読もう!

読み方を理解したら、さっそく長文を読んでいきましょう!

現代文を読んでいくうえで意識して欲しいことは、

①復習も大事だが、現代文に関しては新しい問題をできるだけ読み、数をこなすということ。

②復習する際には、解説を人に説明できるようにすること

です。

 

①は、英語もそうですが、とにかく長文は読んでいく中でコツをつかめるようになることが多々あります。

少しでも多くの現代文に触れましょう。

②は、とても大事です。現代文の解説は難しいことが多いですが、それを人に説明できるならば、それは解説を本当に理解しているということです。

問題を解き終わったら、ただ解説を読むのではなく、その解説を見ずに同じ説明ができるか?というところまでチェックしてみてください!

 

最後に

以上が、現代文の勉強方法でした!

とにかく、全体→細部という流れを意識するようにしましょう!

現代文を読むのがだいぶ楽になります!

 

武田塾鳥取校に興味がわいたら!

「どんな校舎長なんだろう?」

「武田塾ってどんな塾なんだ?」

「鳥取校の中を見てみたいなあ」

どんなことでも!

興味を持ったら!

気軽にお問い合わせください!

無料受験相談のご予約やお問い合わせについては

〒680-0835 鳥取県鳥取市東品治町115 山根ビル 2F/3F

TEL: 0857-21-1117 (月~土 13:00~21:30)

または

問い合わせフォームよりご入力ください!
 

無料受験相談や入塾についての問い合せフォームは↓

無料受験相談

タグ:,

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 鳥取校へ