【第1回全統マーク模試】塾生の模試結果振り返り【逆転の気配が・・・?】

所沢校・

こんにちは!
武田塾所沢校です!

5/6に行われた第一回全統マーク模試の結果が返却され始めました!
改めて数字として、自分の実力が示される場になるので、
毎度のことながら偏差値を見る瞬間は緊張しますよね・・・。

所沢校でも塾生がおずおずと模試の結果を持ってきてくれています。

今回の模試は入塾から1~2か月という子が多い模試でした。
なので、センター同日からどれくらい伸びているかというと・・・。

やはりある程度の期間通塾して基礎を固め、模試当時に既にアウトプット教材に突入していた塾生は大きく成績を伸ばせていますが、
通い始めたばかりで模試当時にインプットの途中だった生徒たちはまだまだこれからという点数でした!

 

≪集計参考≫
模試当時アウトプットに突入していた所沢校現役生英語平均:139/200
模試当時インプット途中だった所沢校現役生英語平均:93/200

 

上記をご覧いただくとお分かりいただけるかと思うのですが、
インプット途中の生徒に関しては全国平均を割っています。
(武田塾に通塾している生徒さんのほとんどが偏差値30-40台からスタートしているということが、
平均の点数から伝わりますでしょうか)

その逆に、ある程度の期間通塾してアウトプットに突入していた生徒に関しては、
全国平均を上回っています。
(それでも当然入塾当時はほとんどの生徒が偏差値30-40台から始まっています)

このことから導き出されることとしましては、
インプットの途中で偏差値50を下回ることは普通であるということと、
アウトプットに突入して初めて努力の成果が表れ始めるということです。

 

しかし、仮にインプットの途中で模試の結果が振るわないにせよ、
得点の内訳はとても大事です。

「どの単元を得点し、どこで落としているのか」

所沢校では模試の直後に各生徒と模試の振り返りをしていました。
今までに取り組んでいないことが出来ていないのは当たり前で、
本来であれば出来ていて欲しいこれまで取り組んだ範囲の出来はどうだったのか。
出来ていないとしたらどうしたらできたのか。
これから何が必要なのか。

模試は受けるだけで終わってしまっては意味がありません。

数字に一喜一憂するだけでなく、成績を伸ばすためにきちんと内容分析をしくことが、
成績向上に対して欠かせないアプローチです。

有効活用していきましょう!

 

 

 

●武田塾での勉強はここから始まる!!

逆転合格の秘訣 武田塾の資料請求

 

●逆転を成し遂げた生徒たちの合格体験記!!

合格体験記

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

武田塾では入塾の意思に関わらず、
●受験校対策
●各科目の勉強法
●参考書の使い方などなど
皆さんの受験のお悩みにすべて無料でお受けしています。

受験相談e92d100c

無料受験相談・受験カウンセリングについてのご予約・お問合せについては
お電話: 04‐2998‐5333
お問合せフォーム:こちら
上記よりお気軽にお問合せください。

————————————-
日本初!逆転合格専門塾【武田塾所沢校】
〒359-0037
埼玉県所沢市くすのき台3-18-4
所沢K・Sビル2F
(西武線所沢駅 徒歩3分)
TEL:04-2998-5333
Mail:tokorozawa@takeda.tv
武田塾ホームページこちら

  • 武田塾の無料受験相談