武田塾が教える絶対に知ってほしい勉強法

垂水校・

集団塾と 個別指導塾 (1)

 

こんにちは!武田塾垂水校、校舎長の角田です!!

 

いよいよ夏に向けて頑張らないといけない時期ですね!

 

受験生は受験シーズン本番。そして2年生は受験の準備に入るタイミング、とこの季節は2年生、そして受験生にとって非常に重要な季節となります。

 

さてそんな受験勉強において今日は「絶対に知ってほしい成績を上げる勉強法」をご紹介します!!

 

 

 

 

 

絶対に知ってほしい成績を上げる勉強法!

study_wakaranai_girl

 

さて生徒の皆さんの中にこういった悩みを抱えている生徒さんはいませんか?

「昨日頑張ったのに全然単語覚えられない」「先週やった日本史が全然おぼえらていない・・」

いっぱい頑張ったはずなのに単語等暗記科目が覚えられていないと本当にしんどくなりますよね?

 

おそらくこういった経験は皆さんしていると思います。

そういった事を解決するのが武田塾なんですが、まずは勉強の方法を学んでいきましょう!!

 

勉強の仕方において大きく2つに分ける事が出来ます。

下記に要点をまとめます。

 

・短期間の間に集中して詰め込みをする学習「集中型学習」

・ある程度の期間をおいて勉強する日を決めて行い学習項目を繰り返す「分散型学習」

 

一般的に生徒さんを見てきててしっかり勉強をしていて定期テストの点数は高い。だけど実力テストや模試の結果が伴わない。

という生徒さんや一夜漬けをしている生徒さんは「集中型学習」が多い傾向に見られます。

 

皆さんはどちらの方がより学力をアップさせることが出来ると思いますか?

実際に「分散型学習」と「集中型学習」だとどちらが成績が上がる勉強法かというと「分散型学習」が効率のいい勉強法になります。

 

分散型学習がどういったものか紹介していきますね!

 

 

この項目のpoint

「集中型学習」と「分散型学習」だと「分散型」がいい勉強法!

 

集中型学習と分散型学習法の比較

slump_good_man_study

実は集中型学習と比べると、分散型学習の方が記憶の定着率が高く、より効率が良い勉強法という研究結果が脳科学等の研究から報告されています。

人間の脳細胞は覚えよう!と頑張って刺激してから、脳の神経細胞が記憶するまで時間を要します

人間の脳は「情報をいれること」と、「整理し記憶回路を作ること」は同時に出来ません。

そのため、脳に情報を入れたあと、整理する時間を与えないと、脳に入れた情報はどんどん忘れていってしまうと言われています。

なので集中型学習たどどうしてもすぐに忘れてしまうんですね!

だからこそ、勉強の間隔をある一定開ける「分散型学習」のほうが、学習効率が良いといわれているのです。

 

その他にもこういった研究結果があります。

「エビングハウスの忘却曲線」といものを聞いたことはあるでしょうか?

エビングハウスの忘却曲線とは、人間はどれだけ「忘れやすい」のか時間経過も考慮に入れながら描かれた曲線です。

エビングハウス

幻冬舎:著 林尚弘 「受験合格は暗記が10割」から引用

・20分後には42%忘れる
・1時間後には56%忘れる
・1日後には74%忘れる
・1週間後には77%忘れる
・1カ月後には79%忘れる

復習をしなかった場合はもうほとんど忘れてしまうんですね!

エビングハウスの研究によれば、覚えた単語は、何も復習等エビングハウスの忘却曲線によれば、記憶した内容は24時間もすれば74%も忘れてしまう…。

しかし、しっかりと復習することで、忘却率が緩やかになり、忘れにくくなるという研究結果が出ています。

 

実は武田塾のスケジュール管理はこの「エビングハウスの忘却曲線」と「分散型学習法」の2つを取り入れた方法になっています。

次で武田塾の勉強法を少し紹介します!

 

武田式最強勉強法!

武田塾の勉強は上記の「エビングハウスの忘却曲線」と「分散型学習法」を取り入れた勉強法とお伝えしましたが武田塾の1週間を紹介します。

ブログ用電子指導報告書素材

 

これが武田塾のとある1週間になります。さて、1月11日を見ていくと英単語1-150とありますね?

これは1月11日に英単語を1-150覚えていきましょう。というものになっています。

そして次の日は151-300、そしてその次は301-450、1月14日には451-600ときました。

ここで見てもらいたいのは次の1月15日と1月16日

 

ここが1-600となっています。ここで総復習を2回するんですね!

要するに1週間で3回、行っていっている。期間をおいてもう一度復習する、というのが武田塾の勉強方法になります。(分散型勉強法)

 

武田塾の生徒さんは受験に必要といわれる単語帳1冊をおおよそ3か月でどこから出されても9割~9割5分答えられるようになります。

実際に研究結果とは別に実績として出ています。

 

成績を上げるためには今皆さんがおこなっている勉強方法がどちらのタイプに分類されるか?一度見返してみて、もし集中型になっているのであれば今からでも分散型へ変更していきましょう!!

 

もし勉強の仕方が分からないな~って感じた方はお気軽に無料の受験相談で悩みを解決していきましょうね^^

 

==============================

武田塾垂水校では無料受験相談実施中!

武田塾垂水校では、受験勉強でお悩みの高校生、既卒者の方向けに無料受験相談を実施しております。

武田塾では「日本初授業をしない」を掲げています。

そしてその手法で数々の逆転合格の実績を作っています。

「勉強方法が分からない」

「志望校をどうやって決めていいか分からない」

「志望校合格にはどのくらいの勉強時間が必要なのか知りたい」

等々

お気軽にご相談にいらして下さい。下のバナー(黄色に赤文字「無料受験相談」)より、ご予約いただけます。

無料受験相談