富山県高岡の高校紹介:高岡南高校 ~高岡市南部にある進学校~

高岡校・

高岡南高校こんにちは!高岡校坂口です!
今日は高岡南高校について紹介します。

高岡南高校は地元国立大学に多くを輩出する進学校です。
ここ高岡校でも南の生徒が多くいます。

実はこれを書いている日に高岡南の生徒の嬉しい合格報告があり喜んでいる最中です。

富山県立高岡南高等学校
所在地: 〒939-1104 富山県高岡市戸出町3丁目4−2
交通アクセス
JR城端線戸出駅から徒歩約7分

校訓
心を蓄え以て道を窮める(ココロヲタクワエモッテミチヲキワメル)

教育目標
真理を探究する態度を養い、高潔な品性を育て、健康で明朗な人間形成を目指す。

育てる生徒像
将来の夢を描き、大きな志をもって意欲的に学び、活動し、より高きを求めて挑戦する生徒

教育方針
1 学力の向上 基本的な生活習慣を確立するとともに主体的に学習する態度を育成し、一人一人の個性に即した学力の開発と伸長に努める。
2 人格の陶治 生徒と教師、生徒相互間のふれあいを深め、思いやりと共生の心や自制心、正義感、協調性など社会性の育成と、人間として望ましい品性の陶治に努める。また、異文化についての理解と交流を深め、広い国際的視野を養う。
3 心身の鍛錬 たくましい体力と徳性を養い、確かな実践力と豊かな情操の育成に努める。
4 校風の発揚 先賢に学びながら、生徒と教師が手を携えて活気あふれる校風の発揚に努める。

 

進学実績

平成28年度 国公立大学合格者 102(11)  有名私立大学合格 156

平成29年度 国公立大学合格者 114(4)  有名私立大学合格 193

平成30年度 国公立大学合格者 134(8)  有名私立大学合格 197

 

 

富山県高岡市の南部、戸出地区にある。
校訓は「蓄心以窮道」(心を蓄え以って道を窮む)。
教育目標は「真理を探求する態度を養い、高潔な品性を育て、健康で明朗な人間形成をめざす」。
合唱コンクールや体育大会など様々な行事が行われている。
校歌は谷川俊太郎作詞、中田喜直作曲。
校章デザインは三輪智一氏(富山県出身・日展作家)。学習を象徴するペンで、South(南)の頭文字をかたどったもの。

設置学科
 生徒は、2年次に3つのコースに分かれることになる。推薦入試によって入学した者は、原則として人文科学コースに行くことになる(一般入試合格者についても、人文科学コースへと行くことは可能である)。人文科学コースでは体験的学習など、文系コースと比べてハイレベルな授業を行える。

全日制課程
普通科
理系コース
文系コース
人文科学コース

主な行事

4月 

合唱コンクール

3年校内実力テスト

2年宿題テスト

新入生オリエンテーション

新入生テスト

入学式

対面式・生徒総会

始業式

離退任式・親任式

5月

中間考査

吹奏楽部定期演奏会

6月

2年大学・病院等連携講座Ⅰ

1年キャリアデザインゼミナール

進路講話(3年)

3年校内実力テスト

2年校内実力テスト

性講話(1年)

体育大会

県高校総体

7月

1年・2年 共同宿泊学習(戸隠)

保護者会

終業式

野球応援

クリーンアップ戸出

後期生徒会長選挙

夏期特別編成授業・特別補習

期末考査

8月

3年校内模試

1・2年校内実力テスト

2年大学探検Ⅱ

夏期特別補習

9月

南高祭

始業式

10月

3年スポーツフェスティバル

2年大学・病院等連携講座Ⅱ

大学探検Ⅰ

中間考査

3年校内模試

11月

2年大学・病院等連携講座Ⅱ

1・2年校内実力テスト

1学年・2年人文 国際理解講座

3年校内模試

2年人文 郊外体験学習

12月

始業式

次年度科目登録

保護者会

1年・2年創作ダンス発表会

県高総文祭

冬期特別編成授業

期末考査

1月

1年百人一首大会

3年大学入試センター試験

1・2年宿題テスト

始業式

2月

学年末考査

3年国公立大学前期日程試験

前期生徒会長選挙

1・2年校内実力テスト

1・2年スポーツフェスティバル

3月

スプリング・アート・フェスタ

始業式

1年人文 スプリングセミナー

卒業生に聞く

3年国公立大学中・後期日程試験

春期特別編成授業

卒業式

 

 

沿革
1974年4月 - 富山県立戸出女子高等学校の後継校として、現在地の同校の敷地内で新設・開校。
1976年10月 - 校歌・校旗制定。
1977年3月 - 第3棟(被服室、化学室、生物室)竣工。
1978年10月 - 第1体育館完成。
1979年3月 - 第3棟(調理室、物理室、地学室)竣工。
1981年
3月 - 第3棟(視聴覚室、書道室、音楽室)完成。
中庭造園完成。県より勤労学習研究推進校の指定もあり、その一環として生徒も植樹などに協力。
1983年9月 - 創立10周年記念式典。
1986年3月 - 管理棟完成。
1990年9月 - 創立15周年記念式典。
1992年4月 - 新第2体育館完成。
1993年
テニスコート移設。同時にグランド改修。
12月 - スタディルーム設置整備工事完成。
1994年10月 - 創立20周年記念式典。
1995年2月 - トレーニングハウス完成。
1996年4月 - 人文科学コース新設。
1999年10月 - 創立25周年記念式典。
2003年5月 - 普通教室空調設備の設置工事完成。
2004年10月 - 創立30周年記念式典。
2006年10月24日、学習指導要領では必履修科目だが大学受験には関係ない科目を生徒に履修させなかったため、単位不足となって卒業が危ぶまれる生徒が多数いることが本校で明らかになり[1]、これをきっかけに全国の高校で次々と同様の問題が発覚した。
詳細は「高等学校必履修科目未履修問題」を参照
2010年3月 - 太陽光発電設備設置工事完成。
2014年9月 - 創立40周年記念式典。

部活動
運動部
・陸上競技 ・サッカー ・野球 ・ソフトボール ・ソフトテニス

・剣道 ・バスケットボール(男子・女子) ・バドミントン ・卓球

・女子バレーボール ・ダンス など

文化部
・演劇 ・放送 ・書道 ・科学

・美術 ・合唱 ・茶道 ・新聞

・吹奏楽 ・軽音楽 など

同好会
・トレーニング ・文芸

主な卒業生
滝沢卓(ミュージシャン)
小島裕一(富山テレビアナウンサー)
澤直美(元北日本放送アナウンサー・フリーアナウンサー)
結城康和(カーデザイナー)
寺崎裕彦(富山テレビアナウンサー)
木倉玲美(元チューリップテレビアナウンサー)
宇波育代(元静岡第一テレビアナウンサー)
永森直人(富山県議会議員)
三箇一稔(お笑いタレント・三代目パークマンサー、元軟式globe)
鍛治絵里子(司会業、フリーアナウンサー)
伊東楓(TBSアナウンサー)

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 高岡校へ