高松高等学校から京都薬科大学薬学部に合格!体験記

高松校・

こんにちは。

武田塾高松校です。

今回は、京都薬科大学薬学部に合格した、Mさんへの合格インタビューをお届けしたいと思います!

京都薬科大学を目指している方、同じような学部を目指しているような方々には耳寄りな情報も多いと思うので是非参考にしてみてください!

 

C3231BAC-0B16-4815-9A55-1325CDB3369A

 

早速Mさんにインタビュー!!

Q、進学先はどこですか?

A京都薬科大学薬学部です。

 

Q、受験方式を教えてください

A公募推薦で試験内容としては、英語、化学、面接でした。

 

Q、なぜこの大学を選びましたか?また、その学校を意識したのはいつ頃ですか?

A医療系と将来の職業を考えたときに薬学部が自分に合っていると思い、大学のOPキャンパスに参加しました

その際に京都薬科大学の施設の充実度、学長の先進的な姿勢をみて決めました。

意識したのはその前後なので3夏休みのおわり頃だったと思います。

 

Q、担当の冨田先生はどのような先生ですか?もし直してほしいところなどあったら教えてください。

A、冨田先生は化学を中心に教えてもらっていましたが、とてもわかりやすい説明をしてくださり、

また質問の内容以外にも発展的な内容について解説してくれるのでとても充実した特訓にしてくれる先生です。

直してほしいところは、、よく特訓の際にRED BULLを愛飲しているのですが私は好きじゃないので飲まないでほしいです(笑)

 

Q、入試に向けてはどのような準備をしましたか?

A毎日自習室へ行って大学の過去問の対策をしていました。

面接の対策としては、試験23ヶ月前から新聞を読むようにして、時事問題に触れるようにしていました

朝のテレビもその対策の一環としてZIPをやめてNHKのおはようにっぽんを観るようにしていました(笑)

 

Q、武田塾に入って良かったこと、変わったことはありましたか?

私は、苦手科目に関してはマンツーマンの方式があっていると思い武田塾に入塾しました。

当日苦手だった化学ですが武田塾の自分にあったスタートラインから始められる勉強方式のおかげで、基礎から学ぶことができました。

そのおかげで確実に実力をつけることができ、化学の必要な受験で合格することができたのだと思います。

 

担当の冨田先生にインタビュー!

QMさんはどんな生徒でしたか?

とても優秀で毎回質問の内容のレベルも高く毎度苦しめられていました(笑)

自分のやりたいことや足りてないことがとても明確になっているので特訓もとてもスムーズに行えることができました。

 

QMさんの特訓の際にどのようなことを意識していましたか?

学校のテストや模擬試験、推薦入試の時期に合わせて特訓で重点的におこなう科目や範囲を決めて、

1週間充実したものとなるように意識していました。

 

Q、冨田先生が普段の個別の時に気をつけていることはありますか?

特訓を行う生徒一人一人に「特長」があるのでそれを最大限活かせられるように特訓の内容を考えたり、

また生徒と先生の距離も生徒それぞれにあると思うのでそれも気にしながら特訓しています。

 

 

以上になります!

今後もどんどんと合格体験記の方アップしてきたいと思いますので是非チェックしてみてください!!

 

 

====================================

武田塾高松校では、

毎日、無料受験相談を行っております

勉強の仕方、大学受験に向けた参考書の選び方・使い方、モチベーションの上げ方、など

受験にまつわるあらゆるご相談に対応させて頂いております。

塾生でなくても、無料で行っておりますので、

お気軽にご相談くださいませ。

ともに学びましょう!

お問い合わせ・無料受験相談はこちら

無料受験相談

日本初!逆転合格専門塾【武田塾高松校】

TEL 087-873-2622

住所  〒760-0056
香川県高松市中新町2-9 富士ビル 1.2階

 img_map

最寄り駅  : 琴電琴平線 瓦町駅 徒歩7分

 

受付時間

月〜土曜:13:00~22:00

日曜:12:00〜19:00

※祝日も通常通り開校しております

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談