社会科目の選択!世界史と日本史はどっちがラク?

高松校・

みなさんこんにちは!

勉強のやり方から指導し、今の偏差値がどんなに低くても逆転合格をサポートする高校・大学受験専門個別指導予備校の武田塾高松校です!

 

そろそろ社会科目に手を付けていないとまずい時期ですね!

そこで今回は社会科目にまだ手を付けていないという方に向けて、世界史と日本史の選択方法をご紹介します!

 

世界史と日本史選ぶならどっち?

世界史選択、日本史選択、迷っているなら好きなほうを選びましょう

どちらの科目がラクということはありません。

決められないという方にオススメは、将来自分は国内と海外、どちらを旅行する機会が多くなるかを考えてから決める方法です。

その地域の知識があるというだけで旅行が数倍楽しくなりますよ!

どんな仕事に就きたいかを考えるのもいいですね。

 

他にも、中学生の時に学んだ世界史と日本史を思い出してみて、面白かったほうを選択しましょう!

高松校の生徒の中に、中学生のときに習った「大航海時代」が面白かったからという理由で世界史を選択した方がいます!

生徒曰く、「カタカナには慣れる!」らしいです。

 

では、世界史と日本史の特徴を見ていきましょう。

 

世界史の特徴

社会科目の中で覚える量が1番多い

範囲は広いがアバウト(広く浅く)

 

世界史の特徴

社会科目の中で覚える量が2番目に多い

序盤はラクだが、後半細かくなる(狭く深く)

範囲が狭く細かい

漢字が苦手だとツライ

 

結論:好みで選ぼう!

特徴を見ても、どちらが簡単という違いはなさそうですね!

選べない方は、前述した選択方法で一度考えてみてくださいね。

ちなみに筆者がどちらかを選択するとするならば、日本史を選択します。

理由は、「戦国無双」というゲームが好きで日本史に興味を持ったからです!

昨今はNHKの大河ドラマを筆頭に、歴史を題材にした映画・ドラマ・ゲームがたくさん作られているため、それを観るだけでも勉強になることが多くあります。

高校1・2年生はそういった娯楽から興味を持つのもいいかもしれません。

 

英国数は完璧ですか?

社会科目にまだ手を付けていないからと言って、焦って英語国語数学の勉強を投げ出さないでください。

社会科目に手を付けるなら、まずは英国数の基礎が固まって、簡単には忘れないレベルにまで持っていっているということが大前提です。

社会科目を覚えても、せっかく必死に覚えた英国数を忘れてしまったら本末転倒です。

まだ仕上がってないという方は本当に急いでください。

10月までに手を付けていなければ世界史日本史どちらを選択したところで覚えられず、捨て科目になってしまうかもしれません......。

そうならないためにもペースアップ!

 

選んだ後は頑張るだけ!

社会科目の選択方法は参考になりましたか?

どちらを選んだにせよ、その科目をひたすら覚えていきましょう!

「やっぱりあっちのほうが良かった」など思う暇なく頑張りましょう!

 

 

無料受験相談受付中!

武田塾高松校では毎日

無料受験相談を受け付けております!

・「勉強のやり方がわからない」
・「受験勉強の事で悩んでいる」
・「英語の長文がどうしても解けない」

など、どんな悩みでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。

個別にアドバイスいたします!

無料受験相談

お電話でのお問い合わせもお待ちしております!

受験相談はオンライン対応中

詳しくはこちらの記事をご覧ください!

オンライン受験相談実施中!

 

============

↓高松の高校生は絶対に読んでください!

高松の高校生へメッセージ〜高校の勉強だけで合格できますか?〜

 

↓塾生の声と共に武田塾高松校をご紹介しています!

武田塾高松校は自学自習をサポート!

 

============

日本初!授業をしない高校・大学受験専門個別指導予備校

武田塾高松校

〒760-0056
香川県高松市中新町2-9富士ビル1階・2階

武田塾高松校map

琴電琴平線 瓦町駅 徒歩10分

TEL:087-873-2622

受付時間

月~土曜 10:00~22:00

日曜 12:00~19:00

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 高松校へ