最新情報!!大学入学・新試験 共通テスト~完全解説~

高松校・

こんにちは!武田塾高松校です。

 

今回は、ついに発表された大学入学・共通テストの最新情報をまとめて解説していきます!

 

142750DA-5CB2-4220-B7EC-0CC1B878EBC0

 

共通テスト【出題方法】

 

・国語,数学ⅠA の記述問題はない

 

・国語    → 80分 マーク式

・数学ⅠA → 70分 マーク式

※数学ⅡBは 60分 なので要注意!

 

◎出題傾向は当初の予定通り” 新試験 ”

※センター試験の出題傾向には戻らない

 

共通テスト【問題作成方針】

 

➀ 大学入試センターにおける問題評価、改善の蓄積を生かしつつ

   共通テストで問いたい力を明確にした問題形成

 

➁ 高等学校教育の成果として身に着けた大学教育の基礎となる

   知識・技能や思考力・判断力・表現力を問う問題形成

 

「どのように学ぶか」を踏まえた問題の場面設定

 

ちゃんとその場で考えて、解決する問題が増える

 

今まではコストパフォーマンス面から見て「暗記重視じゃないのか?」

「ここだけこう覚えればいいんでしょ?」と簡略化してしまった部分を

その場で考えて、解決する問題が増えるようです。

 

例えば英語なら。。。

 

共通テスト【英語の出題傾向】

 

・文法 発音・アクセントの単独問題がなくなる

→長文が主体の問題になる

・長文の難易度は低くなる

→英検3級~2級レベルの問題

 

*長文の問題が増えるので難易度は下がると同時に下記がポイントになってきます↓

 

・与えられた文章に関して考える力が重要

→どんな情報を得るべきか判断する必要がある

・問題文をしっかり読んで考える練習が必要

→インプットの教材は今までと同じでいい

 最終的に共通テスト対応の問題集を合わせてやる

 

FCC1AA49-836D-4D75-9344-EE6ADA73BE5C

 

 考える力が必要になってくるので、これまで以上にその場で何を考えるのか

 今までの知識をどう使えばいいのか?とアウトプットの練習が必要になってきます。

 

共通テスト【英語・リスニング】

 

リスニングの配点が100点になりました。

これによって試験時間が変わるんじゃないかと心配されている方もいるかと思いますが

試験時間はセンター試験と同じになっています。

問題数は30前後の問題数で100点(1問 3~4点)思考問題増

 

・配点

リスニング  100点

リーディング 100点

合計     200点

 

・試験時間

問題を聞く時間 30分

問題を解く時間 30分

合計      60分

 

 

◎配点は倍になったが問題数が倍になった訳ではない

※問題数は多少増える可能性もある

◎聴く量は大きく変わらないと思うが色々な文章に対応できるようにしておく

◎リスニングの配点が高くなる傾向に!(大学による)

 

共通テスト【まとめ】

◎問題形式が変わったので同じ感覚でできない

→現時点では難しく感じると思う

 

◎基礎を積み上げて対策すれば点数は取れる!

→今は基礎を積み上げることが重要

 

必要以上に不安にならずに一緒に頑張りましょう!

test_print_happy_schoolgirl

 

 

 

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談