【解説編】武田塾の暗記法のすべて

高田馬場校・

こんにちは!

武田塾高田馬場校です!

前々回 武田塾の暗記法の実力…!?

前回 続・武田塾の暗記法の実力!とその中身について

本日は武田塾の暗記法のそのすべてについて解説しようと思います!!

IMG_6733

IMG_4622

IMG_6353

まず始めに。
・この方法はまじめに決められた方法、範囲、日数を守らないと有効ではありません。

・すでに自分のやりやすい暗記法があるならそれで構いません。

それではいってみましょうー!

========================

例えばその日に覚えるべき単語が100個あったとします。

まずはその100個の中から知っている単語と知らない単語に分類します。

ノートに知らない単語と赤字の訳1つを書き写します。

注・この時、知らないの基準は2秒で答えられる単語か、そうでないかになります。
 ・もちろんすべて知らなかった場合は100個覚えなければなりません。
 ・赤字の訳1つなのは赤字の意味が1番よく出るパターンだからです。他の意味は2、3週目の時に覚えます。
 ・武田塾にはこの時に分類したものを書くシートがあります。もちろんノートでも可です。
 ・発音もノートに書き写す時に確認しておきましょう。>

そうして分類し、例えば知らない単語がその日60個になりました。

そしたらその60個を覚えれば、今日の範囲の100個は知っている単語になったことになりますね。

よしじゃあ60個覚えよう!!

……。

ちょっと待ったー!!

ここからがポイントです。

人間誰しも一気に60個も単語を覚えられる訳がないのです!!!

まずは10個ずつ覚えていきましょう!
注・この時の覚え方はどんな方法でもよいです。自分の得意なやり方でいいです。見る、発音する、書く(訳を)、聞く、どのような方法でもよいのでまずは10個暗記してください。おすすめは発音です。>

ある程度まで覚えたら10個のテストをします。
注・この時に無理に100%覚えよう!
とやると時間がかかってしまうので、ある程度覚えたらテストにしましょう。>

この10個テストの時に間違えた単語があったらチェックを付けます。

2,3個付いたのではないでしょうか?

そしたらそのチェックのついた単語だけを覚えなおし、チェックのついた単語だけをテストします。

答えられたらまた頭から10個のテストをします。

10個がノーミスでスラッと言えたらその10個はクリアです。この次の10個へ進みましょう。

=================================

これを繰り返し1~10個、11~20個、21~30個と10個ずつ覚えていきます。

その日の覚えるべき単語の半分まで来たら半分の総復習です。

1~30個までテストしましょう。

ここでもまた10個テストと同じく間違えたものにはチェックを付けていきます。

チェックのついた単語のみをまたテストして答えられたらもう一度頭から30個ノーミスで言えるまでテストします。

ノーミスで言えたら終了です。

後半の30個も同じ過程です。

===============================

さてこうして前半後半覚えたと思います。

そしたら大体予測はつくと思うのですが…

60個全部のテストになります!

やり方も同じです!!

頭からテストして間違えたものにはチェックをいれます。

チェックのついたものを再びテストして完璧に答えられたら、もう一度頭からテストします。

これで60個ノーミスで言えたらその日は終了になります。

お疲れ様でした☆
==============================

順番のまとめ(60個の場合。半端な数の場合は大体真ん中で割ってください)

・分かる単語と分からない単語に分け、分からない単語をノートに書く。

・1~10 スラッと言えるまで
・11~20   ↓
・21~30

・1~30(復習)

・31~40
・41~50
・51~60

・31~60(復習)

・1~60(復習)

他に注意点としては

・10個が厳しかったら5個ずつでもよい。

・あまりにも時間がかかってしまう場合には時間による圧をかける。
(たとえば10個覚えるのに5分!など)

・順番で覚えないように英単語と訳を結び付けながら覚える事。もし順番になってしまっていたら復習の時に逆からテストしてみたり、1個飛ばしで全部やってみたりする。

・発音が曖昧だと覚えにくくなるので発音も確認しておく。

・チェックが多くつく単語はあなたが覚えにくく苦手な単語です。別のノートなどにまとめましょう。

====================================

さて、いかがだったでしょうか??

上の解説で分かりましたか?(わからなかったら体験にきてください!しっかり教えます!)

よくよく勉強の事を考えると、一度に多くの事は出来ないんです。

量を少なく、何度もやって、定着させる、これが勉強の定石です。

この単語の覚え方は武田塾の勉強法の根幹です!

授業をしない=勉強をしない、ではないんです。

細かくして何度も勉強してもらうのです。

この方法で成績が上がった時に初めて勉強が習慣になってやりがいのあるものになるはずです☆

==========================

次回は(まだあるのか!?)

この覚え方での1週間の割り振りです!

1日に何個覚えればいいの?

1週間でどれくらい進めばいいの??

復習はいつ入れるの??

などを解説していきます!!

次回もよろしくです~!!

(探せば普通に武田塾のHPや逆転合格.comなんかに暗記法、宿題のペースなど載っていますが、普段体験特訓で注意してほしいポイントなんかも併せて書きたいと思います!)

いきなり体験特訓でも別になんら支障がありません!

という人はコチラからお申込みしてください!

直接TELでもオッケーです!

武田塾高田馬場校 03-6457-3135


武田塾では授業はしません!
参考書×自学自習=逆転合格!!
どうして参考書を使うのか⁉
どうして自学自習で逆転合格が可能なのか⁉
無料受験相談では武田塾のすべてをお伝えしています!

毎日更新!武田塾チャンネル(YOUTUBE)は
コチラから!

武田塾のすべての勉強法、ルートを掲載してます→逆転合格.com

【無料受験相談】

【無料受験相談はお電話でも随時受付中です!】
武田塾高田馬場校
電話 03-6457-3135
受付時間 月~土 13時~22時

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 高田馬場校へ