【合格速報】進学校内でも100人以上抜かして北海道大学合格

新横浜校・

横浜線&ブルーライン、そしてバスユーザーの皆様、こんにちは!
逆転合格専門の武田塾新横浜校です。

今回は、理系だけど理系科目が伸び悩んで

中高一貫校だけど、取り返しのつかない差でも埋める、あるいは抜かすぞ!という気概の受験生は是非参考にしてください。

ではさっそく深掘りしていきましょう。

 

■合格者氏名/出身校

仙道玲央くん/サレジオ学院高等学校

■合格大学

北海道大学水産学部

東京理科大学基礎工学部生物工学科

東京農業大学生物産業学部海洋水産学科

東海大学海洋学部水産学科

sendo500

※既に引越の段取りを終えてほっとしている笑顔です

センター数学でまさかの失敗!でも、大逆転で北海道大学に合格!

聞き手 校舎長 沖(以下、O)

語り手 仙道くん(以下、Sくん)

 

O「北海道大学の合格、おめでとうございます!受けた学校は全部受かりましたね…すごい!」

Sくん「ありがとうございます。センター数学でミスった時には焦りました…。」

O「ほんとにね。。。大事故だったのにね(笑) でもそこから切り替えて二次に向けて執念でもぎ取ってきたのは鳥肌たちました。こちらこそ勇気をいただいてありがとうございます。」

Sくん「数学で終わったかと思いましたが、事前に準備した副教科などでカバー出来ていたので全体で事故らなくて良かったです。」

 

周りが出来る人ばかりで同じ勉強をしてたのに伸び悩んでいた

O「理系に強い予備校に行ってたのに、なんで武田塾新横浜校に相談しに来たの?」

Sくん「その予備校に行ってたのに伸び悩んでたところ、学校の先生にも相談たんですね。そしたら『個別に勉強をみてくれるほうがあってんじゃない?』ということで探してたら、新横浜駅にあったので行ってみたら案外よかったので…という流れですかね。」

O「そっか、たまたま見つけもらえたってことですね(苦笑) ちゃんと広報させます。ごめんなさい。」

Sくん「いや本当にですよ!(笑)もっと早くにタケダでやってることを知っていたら予備校行かずに来てましたもん(笑)」

O「おおお、、、本当にスミマセン、、、」

Sくん「いや、あえてクレームいうなら、ですよ!」

O「はい!がんばります!」

 

実際に入ってみてどうだった?

O「武田塾に来てみて、最初の印象と違ったことはあった?」

Sくん「事前に周りから聞いていたイメージよりも、柔軟で対応力があって、勉強にしっかり向き合ってくれるなぁ、と変わりました。」

O「…それって…、周りの人のイメージがひどいんじゃ(笑)」

Sくん「そうですね。全然詳細知らないのに、うさんくさい、とか言われてましたよ。中途半端に出来てるぐらいだったら、絶対にみてもらったほうがいいのにな、と思いますよね。微妙な完成度の人ほど鼻っ柱おられたほうが伸びると思います。進学校に行っててもダントツで出来る教科以外は何かがマズイんだから、早めに勉強の仕方を変えたほうがいいのにな、と思ってます。」

O「さすが、、、ぼくらが言わなくても全部言ってくれている(笑)」

 

それぞれの先生について教えてください

O「まずは、数学からいきましょうか。」

Sくん「数学の大竹先生は、最初に圧倒的な力をみせられて、『この人についていくしかないな!』となりました。解法の丸暗記で乗り切ったと思っても、出来る人がみると簡単に見破られますし、何がまずいかズバッと言われます。また、数学の記述を徹底的にみた上で、最後まで【書く】というところも仕込まれました。『頭の中で考えてたって書かれてなかったらわかんないからね?』と何度も言っていただいて、おかげで理科大の最後の問題や北大二次の数学をあきらめずに書き切れたんだと思います。」

O「確かに記述をすごい突っ込まれていたもんね…。次に、化学と生物はどうでしょう!?」

Sくん「住吉先生は本当にしっかりしているな…という印象そのままで、全体のバランスを考えて理科の配分を決定してくれたのが本当に助かりました。生物なんか専門外(住吉先生は物化勢)なのに事前に準備しておいてくれたりしていて、凄いな…と思っていました。全体が崩れないように配慮してくれたのが大きかったと思います。」

O「では、得意だと思っていた英語はどうでしょうか?」

Sくん「村松先生には、感覚で何となく出来ていた部分を論理的に理解しアウトプット出来るようになるまで仕込んでもらいました。勘でやってたところを全部×にされて最初は『この人きびしいなー』と思っていましたが、それが出来るようになってからは何点あがっていったか分からないぐらいです。毎回徹底して、『なぜこの参考書をやるのか』『演習をしたらどういった状態にならないといけないのか』など、自分がなんとなく進めようとしていた部分を詰め切っていただいて良かったです。なんとなく得意、からしっかりと点が取れるように鍛えなおしていただいて感謝しています。」

O「ありがとうございます。他に言っておきたいことはないですか?」

Sくん「担当の先生方以外にも、化学でそこまでやらなくていいだろっていう分野も大学の教授に確認までしていただいた山室先生にも感謝しています。他の先生方も聞こうと思ったら割とすぐに質問対応の体制に入ってくれるので皆さんに感謝です。」

 

武田塾新横浜校の良いところを宣伝してください!

Sくん「勉強のやり方を教えてくれて、そこを徹底してみてもらえる塾って武田塾ぐらいしかないと思うんですね。やり方が分かっている教科ならハイレベルな授業を受けても身になることはあるのかも知れないですけど、それこそ参考書で十分だと思います。自分なんか青チャート2周もまわしたのに全然基礎が身についてなかったのに、基礎問題精講を3冊徹底したら一気に伸びました。あとは、自習室が良いですね。椅子が良い。ほどよい距離感でちょうどいい緊張感を作ってくれるのも良かったです。」

 

悩んでいる後輩へのメッセージをお願いします!

Sくん「まず、時間を意識しながら量をこなしてください。壁にぶつかったときもまず手を動かす。勉強の質があがるのは量をこなしてからです。それを徹底していくと『安心して良いもの』と『不安に思って良いもの』の区別がつきます。悩むぐらいだったら相談に来て実際勉強を管理されながら量をこなしたほうが良いですね。」

 

校舎責任者より

仙道君は、全て素直に担当講師の言うことを進めてくれました。

成功している子に共通しているのが『素直さ』というのはゆるぎないです。

しっかりと対話しながら自分の強みを発揮できる環境を活用してくれたので最高の結果につながりましたね!

札幌に行ったら、自分のやりたい釣りや水産学に没頭してくださいね!

 

武田塾新横浜校では、完全無料受験相談を行っています

受験相談では、
「あなたの勉強の分析」
「志望校への個別の教科カリキュラムの配布」
「参考書を完璧にする方法」
などなどを行っています。

▼PC・スマートフォンの方は
以下の「お問い合わせはこちら!」より1分で無料受験相談へのお申込が完了できます

無料受験相談

▼お電話でお申込希望の方は
045-620-6819に電話し受付に”受験相談希望”とお伝えください!
※電話受付時間 月曜日~土曜日 13:00~21:30

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 新横浜校へ