武田塾が「授業をしない」理由を詳しく説明する回【新横浜校】

新横浜校・

武田塾が「授業をしない」理由・・・なぜだと思いますか?

「授業をしない」のにお金をとるの?など言われることも多いのでより詳しく説明しておきます!

ざっくり知りたい方は下のリンクより武田塾の公式ページでご覧ください。

武田塾の強み>Point1授業をしない!

授業の全否定ではない、先にやるべきことがある

「わかりやすい授業」や「面白い授業」は学校や塾の先生方が工夫されて世の中にたくさん溢れています。
それは間違いないことです。今は無料でYouTubeで配信されている方もいらっしゃるぐらいです。

本当に良い世の中です。

ですが、それだけたくさん良い授業が溢れているのに、なぜ今これを読んでいるアナタが『できない』のか、丁寧に説明していきます。(できる人だったらごめんなさい、、、ページをそっと閉じてください涙)

「わかる」≠「できる」を認識しよう

武田塾の強みのページでも掲げている内容ですが、

偏差値を上げるためには「わかる・やってみる・できる」の3ステップが必要です。しかし高校や予備校の“授業”では一番下の「わかる」までしかやってくれません。

これは勉強でも運動でも音楽にも当てはまることですね。
私たちは、教えてもらったら何でもすぐに『できる』スーパーマンではないです。

教えてもらってから、『わかる』までも時間が必要です。
『わかる』状態から、『やってみる』ところでサボる人も出てくるでしょう。
『やってみる』ことはしてみたものの、『できる』ところまでやらずに終わってしまう人も多いです。

日本史の授業を受けただけで、日本史の用語が覚えられるでしょうか?難しいですよね。覚えるためにはノートを赤シートで隠すなどして解答出来るか「やってみる」ことが重要です。そして何度も繰り返して「できる」ようにしなくてはいけません。

定期テスト前にみなさんが一生懸命勉強するのは、授業を受けただけではテストをしても正解できないからだと思います。このテスト前の自学自習こそが「やってみる」「できる」の段階になります。

それ、自信をもって正しいやり方と言えますか?

この『やってみる』もなかなかの曲者でして、やり方を間違えている人も多いですし、やる回数も間違えている人がたくさんいます。
いまのアナタは自信をもって「このやり方で完璧だ!異論は許さん」となっているでしょうか。
なっていないなら、早急に勉強を無駄にしない方法を習得してください。
どうやって習得するか分からなかったら武田塾に聞いてください。無料で相談にのっています。

多くの生徒は授業を受けっぱなしにし、「できる」まで到達しません。勉強は授業ではなく、その復習である「やってみる」「できる」の段階こそが重要なのです。

授業とはあくまで、『やってみる』までのサポート

高校では集団授業で一律に授業を行い、皆さんに学問内容を教え授けてくれているのです。

授業:[名](スル)学校などで、学問や技芸を教え授けること。-デジタル大辞泉より

 

しかし、学校の先生が皆さんひとりひとりの『やってみる』を細かく管理してくれるでしょうか。
そして、『できる』ために何をしたら良いか個別にアドバイスをする時間を持っているでしょうか。

それは無理な話ですよね・・・。

この『やってみる』を正しい方法にして、『できる』までやる方法を身に着けていれば、意味のない授業など無くなります。

すなわち、授業を全て否定しているわけではないです。
先にやるべきことがありますよね?ということです。

つまりアナタに求められているのは、
・まず正しく『やってみる』こと
・『できる』まで『やってみる』を継続すること

この二点、自信をもってやることができれば、どんな授業でも対応できるようになります。

 

大学の授業に自学自習力は必要か

結論から言っちゃいますと、

絶対に必要

ですね。

大学教授にはわかりやすく教える義務はない

大学教授は、授業のプロではないです。

ある分野の研究のプロフェッショナルです。

皆さんはその”プロ”に「学問や技芸を教え授け」ていただく立場です。

「わからないなら、わかるために努力して」といきなり高校までと違って手を差し伸べてくれることはないでしょう。
※ただし質問に行くとめっちゃ答えてくれます

皆さんから進んで、教授の研究分野の教えを乞わないとならないわけです。

大学~社会は自学自習能力がカギになる

大学も然り、大学院や社会人になっても「わかりやすく言ってくれなきゃわかんないもん!」では困ります。

ある程度は教えてくれる人が周りにいますが、大学以降に習得していく技能は一朝一夕でマスターできるものなんてほとんどありませんので、身に着け方を練習していないと大変なことになります。実際に大変な人は良くみかけます。

就職求人に「大卒程度以上」というのは簡単に言えば「難しいことでも、まずやってみて、できるまでやれる人」ということなので、自学自習力は早期に鍛えておいてください。

どうしていいかわかんないな、という人は新横浜校の受験相談に来てください。

武田塾新横浜校では、完全無料受験相談を行っています

受験相談では、
「あなたの勉強の分析」
「志望校への個別の教科カリキュラムの配布」
「参考書を完璧にする方法」
などなどを行っています。

▼PC・スマートフォンの方は
以下の「お問い合わせはこちら!」より1分で無料受験相談へのお申込が完了できます

無料受験相談

▼お電話でお申込希望の方は
045-620-6819に電話し受付に”受験相談希望”とお伝えください!
※電話受付時間 月曜日~土曜日 13:00~21:30