模試、過去問の点数が2倍になる⁉画期的な数学の見直し術!!

新札幌校・

 

 

テーマ:画期的⁉数学の見直し術

高田先生が
学生時代に実践した
数学の見直し術を大公開!!

これを実践して
京大模試で数学の得点が
51点(夏)から102点(秋)に
なったそうです。

今回のブログは
こちらの動画を参考にしています。
動画で見たい方はこちら↓

 

実力はある。本番でミスをしてしまう人へ

十分、得点を取る実力はあるのに
模試本番で結果を出すのが苦手な人も
いると思います。

今日の内容はそんなあなたへ向けた内容です!

本番で結果を出せない大きな理由は
焦りとミスです。

落ち着いて
かつ
ミスを減らすためには工夫しましょう!!

やりがちなNGな解き方

作戦を立てずに
素直に最初の問題から順番に解いてしまう。

これがもっとも危険でやりがちな問題の解き方。
無策に解いていくのはお勧めしません。

実際、
高田先生は
順番通りに解いた夏の模試では
51点でした。

では点数が倍になった秋には何を変えたか。
それは時間の使い方です。

時間配分を徹底工夫!!

最初の30分の使い方

スタートはまず全5問(←京大の問題数)に
目を通します!

解き方が思いつくか、
使うべき公式が思いつくか、
軽く全問にチャレンジします。

その中で、
1.確実に解けるもの
2.考えれば解けそうなもの
3.解けないものに
仕分けをします。

そして、
確実に解けるものから順番に
解いていきます。

最後の30分の使い方

最後の30分は
見直しに全力を尽くします。

新しい問題へはチャレンジしません!!

出来ているものをノーミスにするほうが
確実に得点につながると考えるからです。

このように時間配分を
ひと工夫しただけで
高田先生は得点を倍にすることができたそうです。

最後に

志望校によって
問題数や時間設定は異なります。

この方法のまま
うまくいく場合もあれば
時間調整する必要がある場合も
あるでしょう。

受験本番まではまだ4か月ほどあります!
模試や過去問演習で
トライ&エラーを繰り返し
もっとも実力を発揮できる方法を見つけてください。

そうはいっても
「どうしたらいいかわからない…」
という人もいるでしょう。

そんな人はまずは武田塾の無料相談にお越しください。
残りの期間の勉強法やお困りのことについて
なんでもお伺いします!

↓↓↓↓↓ご相談の方はこちらをクリック↓↓↓↓↓

また、こちらの記事も参考にどうぞ。

科目別勉強法一覧

・科目別勉強法一覧

受験相談SOS

「学校の課題・塾の課題、どちらを優先すべき!? 」

「 9月からMARCH合格って無謀!? 前編」

「 9月からMARCH合格って無謀!? 後編(スケジュール編)」

「 武田塾的1日1時間勉強法」

「 勉強時間が足りない人はこれを見ろ!!「確保できる勉強時間は1日3時間半、英数の片方しか勉強できません…」」

「受験生は携帯電話とどう向き合うべきか?」

「武田塾のルートの参考書を、学校の授業進度に合わせて使うのは可能?」

「「決めた量を勉強して終わる」vs「決めた時間まで勉強して終わる」…1日の勉強終わりの区切りはどっちがよい!?」

「志望校選び!!…「大学と学部、どちらを優先したほうがよいと思いますか?」」

「日東駒専とMARCHの間に「学歴フィルター」は存在するのか?」

「「1日1教科勉強 vs 1日複数教科勉強」…おすすめ勉強計画対決の決め手は「1週間での繰り返し回数」!?」

「『1日で1冊の参考書を一気にやる!!』…勉強法としてアリ? ナシ??」

「「頭の中を整理するためにノートにまとめる」…それって効率的ですか?」

「受験の超重要要素『生活習慣と睡眠』…特に浪人生は必見!!」

「その選択肢が”答えにならない理由”も、説明できるようになるべき?」…『Next Stage』の四択問題での質問です!!」

「センターでしか使わない国語と社会…「短期攻略のようなセンター向け問題集だけを1ヶ月前に」で、なんとかなりませんか?」

「『数学 基礎問題精講』は、何周すればよいですか??」

「講義系参考書と問題集、同じ著者や同じシリーズで揃えたほうがよい?(質問は日本史だけど、回答は全科目共通です回)」

「過去問に入るタイミングは?…中森先生「9月には第1志望の過去問に入るべき!! 週に1回!!」論を熱弁!!」

「センター英語160点安定、でもそこから上がらない!?」…壁にぶつかった時の解決策はズバリこれだ!!」

・「古文が苦手な向けの単語帳『ゴロゴ』…それを終えたら得意な人向けの単語帳『315』に変えるべき!?

 

 

 

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談