参考書に情報を追加するための書き込みはいいの??

新鎌ヶ谷校・

こんにちは!大学受験の予備校・塾・個別指導塾の武田塾 新鎌ヶ谷校です。

本日は自宅学習でのお悩みの一つである、「参考書への書き込み」についてお話していきます!

学校への登校がなく自宅での自習時間が増えてくると、武田塾の生徒でなくも参考書の出番が増えてくるはずです。
その際、何度も使うような参考書をどう使うか・・・しっかり考えてみませんか?

 

今回の大きなポイントは・・・

参考書は書き込んでもいいのか??

問題・演習ページは印刷、インプット・知識のページは書き込んで読み返す・・・でOK??

の2点です。

書き込みしていい箇所と注意点!

書き込みがOKな参考書

「Next Stage 英文法・語法問題」
→右ページの解説欄に書き込むのはOK
→左ページの問題欄に書き込むのはNG

左側のページは「問題」欄なので、何回も解き直すことが前提です!
なので書き込んでしまうと2回目以降は・・・困ってしまいますね。

「数学ⅠA基礎問題精講」
「チャート式解法と演習数学Ⅰ+A」
→解答や解説欄に書き込むのはOK
→問題文に解法を書き込むのはNG

同じように国語や英語の長文読解系でも、
本文や選択肢に書き込んでしまうと、もう1回解く時にヒントだらけになってしまいます!
1回しか解かない参考書はそうそうありませんので・・・

 

講義・解説中心ならば「自分用の説明」も書き込める!

講義系の参考書でも、
講義部分に書くのはアリです!
むしろ解説部分に書き込む事によって「自分の知識・解き方」が集約されていきます!

現代文の問題や長文に関しては、
複数コピーしたものに印などを書き込んで解くとよいでしょう!
そうすることで解いたタイミングごとの解き方が見えてくるはずです。

また、「間違えた回数」が分かるように斜線や正の字をメモしておくのも大切です。
完全に知識が定着している場合は、
「ナビゲーター世界史」「世界史一問一答」
のように入試問題で出た内容を書き足すのもアリです!

「自分専用の参考書」を作っていくイメージですね。
何度も解く問題集は書き込まないように気をつけ、
講義系や解説中心の参考書は自分用の辞書として使えるように書き込んでいくのは作戦として有効です!!

 

 

★無料受験相談実施中★
武田塾新鎌ヶ谷校では随時無料の受験相談を行っております。
志望校選び、正しい勉強方法、偏差値を上げる方法、将来の進路について個別で対応させて頂きます。
⇒武田塾秘伝の勉強方法を知りたい方はこちらをクリック!
⇒受験相談を希望の方はこちらをクリック!

★武田塾 新鎌ヶ谷校 新鎌ヶ谷の予備校、塾、個別指導塾★
〒273-0107
千葉県鎌ケ谷市新鎌ヶ谷2-7-2 Ciaoビル2階
東武・北総・新京成線 新鎌ヶ谷駅 徒歩3分
TEL:047-404-5541(日曜を除く13:30~21:00)
Mail:shinkamagaya@takeda.tv

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 新鎌ヶ谷校へ