進学校生は武田塾に通わなくて良い?進学校生ほど気を付けるべきこと

新宮中央校・

進学校の速い学習進度はキケン???一問一問、完璧にできていますか?

全国の進学校生のみなさん!

特に新宮町・古賀市・糟屋郡・東区にお住いの進学校生のみなさん!

武田塾は逆転合格だから、

順当合格を目指している自分たちにはあまり合わないんじゃないかと思っていませんか?

・・・・・

・・・・

・・・

・・

そんなことはありません!

(すごいタメました 笑)

 

私自身も進学校に通っていましたが、

いまだから思うことがあります。

分かりやすい授業よりも難しい問題集よりも、

徹底的に管理・サポートしてほしかった~。

進学校でそれなりの偏差値がとれてるけど、

・正確な知識を聞かれたら答えられない。

・模試によって毎回偏差値が違って、成績が不安定

こういった人たちは、ぜひ最後までこのブログを読んでくださいね。

こちらの動画もぜひ見てください☆

宿題・課題に追われてその場しのぎの作業・暗記は、志望校合格のなんの役にも立っていません。。。

進学校生は、そもそも中学校内容の完成度が高く、基礎面もしっかりしています。

受験勉強や日ごろの勉強を頑張りましたもんね☆

基礎がしっかりした状態で高校の授業を受けているので、通常の2倍以上のスピードの高校の授業にもなんとかついていっています。

また、スタートでつまづいてしまっている人は、

・中学内容に不十分なところがある。

・高校受験での勉強習慣がくずれてしまっている。

のどちらかが原因でつまづいています。

原因を分析して、中学内容を復習するのか勉強習慣を築き直すのか早急に改善しましょう!

エビングハウスの忘却曲線 図

※思いのほか人は忘れていきます。。。復習することで定着していきます。

 

高校の授業が速いスピードで進んでいくと、いくつか問題が発生してきます。

その1、学校の進度が速すぎて、理解するのに必死で復習・定着ができていない。

その2、宿題・課題に追われて、苦手な単元やそもそも理解が不十分な単元が増え続けている。

その3、志望校対策の時間がとれない、何をやったら良いかわからない・考える時間もない。

このいずれか、もしくはすべてに当てはまっていると知らず知らずのうちに同じ志望校を目指すライバルと差がついてしまい志望校の判定でC判定以下をグルグルするようになってきます

実際、進研模試でもそれなりの偏差値がとれていると、

・何が原因で偏差値60を超えないのかがわからない。

・基礎のやり直しをすべき時に「まだ、いいか」と後回しにしてしまう。

こういったことが続き、野放しにしておくと、

デフレスパイラルみたいに良くない現象が連鎖的に起きやすくなってきます。

大学受験があることを常に忘れずに、自分を甘やかさない!

進学校で一番キケンだと思うのは、

日々の宿題や課題に追われて、事務作業的にそれらをこなす毎日になってしまい、

本来の目的意識が希薄になることです。

本来的に、宿題や課題は自分のためにあるべきです。

学校に提出したり、課題を終わらせることが唯一の目標になってはいけません。

学校の先生も考えて課題を出していると思います。

だから、それなりの偏差値がとれるし、日々鍛えられている部分もあります。

でも、学校の先生は現状の生徒たちの偏差値群と期待値を込めて課題を出しているわけで、別に出しているわけではありません

なので、志望校に対してどうなっているかどうかわかりにくい環境下にあります。

これは、仕方のない部分も多分にあるのですが、

学校がわるいとかではなく、

・目的意識が希薄化している

・出された課題だけを無計画に終わらせている

・その場しのぎで問題だけ解いている、その場限りの暗記をしている

こういった、自分を甘やかすような環境にしていると志望校に対してぼやけた勉強になってしまうんです。

武田塾は志望校合格への宿題出し・確認テスト・個別に勉強指導をして、あなたの志望校合格をサポートしています☆

ある程度集中していれば学校の授業は分かる。でも、成績が思うように伸びない。

そんな、ポテンシャルは高いが、もやもやしているあなたに、

どうすれば成績があがり、志望校合格に近づくのか教えましょう!

・宿題を決めてもらう・出してもらう

・宿題の進捗を管理してもらう

・できているか確認テストをしてもらう

・個別で志望校合格にむけての勉強方法やアドバイスをもらう

この4点を中心にサポートしてもらうことで成績は上がります。

心に留めておいてください!

分かっただけの授業では成績はあがりません。

実際に、やってみて・できて、初めて結果として現れます。

なので、教えてもらうことよりも、管理・サポートしてもらうほうが迷わず成績をあげることができます。

任せるところは任せよう!自分は志望校合格に向けて「できる」「問題が解ける」ことに集中しよう☆

現代のスポーツ選手は、自分をサポートしてくれるチームを組んで

サボらない環境を作ったり、モチベーションを維持したりして、

自分の最高のポテンシャルを引き出し

最高の結果を得ようとします。

大学受験においても同じことが言えます。

自分で計画を立てたり、宿題を課したりすることはできます。

しかし、継続するのが難しいんです。

仮に英単語を一日で300個覚えようと思えば覚えられます。

でも、毎日は続かないですし、そんなに無理してもすぐに忘れていくのがオチです。

自分の目標や得たい結果のために、

入試本番までに万全の状態で臨めるように、

日々の勉強の種類やその量・ペースを管理してもらい、

一つ一つの小さな目標達成を共有し、達成を分かち合い、大きな目標に一緒に向かっていく。

こういったことで、目標に向けて継続できるようになります。

自分が主役となって、自分が一番やるべきことに継続して取り組めることが、

成績があがる・志望校合格することに結びついていきます。

任せるところは任せて、チームで勝ちに行くことを考えてみると良いですよ。

実は、基礎や基本が完璧でないと難関大学には合格できません!

進学校生が成績で伸び悩む原因で多いのは、

・基礎が完璧でない(持ち前のポテンシャルでカバーしてるだけ)

・勉強の習慣が負のスパイラルになっていて抜け出せていない

の2点です。

負のスパイラルとは、その時に解決すべきことを先延ばしにしたり、志望校合格とはあまり関係のないことに追われていたりして、苦手や不十分ワードがつく単元や問題を野放しにしてより悪化させている状況のことです。

高校3年生になるとこの基礎の積み重ねがどんどん表面化してきて、難しい問題をしなきゃと焦っても基礎がおろそかになっているから理解するのに時間ばかりかかってしまうということが起きやすくなります。

数学の青チャート以上の問題集で、30分以上にらめっこする羽目になる問題が続いたりして挫折していくのは、素質の問題ではなくて、基礎を完璧にして、それを積み重ねなかったことが主な原因です。

基礎から完璧に積み上げていけば難関大学にも受かります!

もし、こういった状況に陥っている場合は、

すぐに基礎固めの参考書を一冊完璧にしてください。

問題を解く・解けるだけでは不十分です。

どうしてその解答になるのか

どうやってその答えにたどり着くのか

が、どこの問題をきかれても説明できるくらい完璧に仕上げてください。

無料の受験相談で悩みを解決☆使うべき参考書教えます・志望校合格へのルートを教えます・管理をします☆

参考書は入会金無料毎週の講義を待つ必要もありません

書店やネットですぐに揃えられます。

しかし、どういった参考書をどのように使えばよいのか困りますよね。

そんな時は、武田塾の受験相談に来てください☆

受験相談は無料で、日ごろの学習の見直しをしたり、正しい勉強法を教えたり、志望校合格へのルートを用いて合格への作戦会議を行っています

それを元に、自分で管理して、継続して出来ているなら武田塾に入らなくても良いです☆

一方で、徹底管理・サポートしてもらうことで、

より確実に順当合格ができますし、

志望校のレベルを上げて逆転合格することもできます☆

ぜひぜひ、お待ちしています!

無料受験相談

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 新宮中央校へ