残り少ない模試をどう活かす?【直前模試はこう受けろ!】

志木校・

こんにちは!武田塾志木校の松島知輝です!

11月に入り、もう入試直前期と言える時期になってきましたね!

今から受けられる模試も片手で数えられるほどしかありません...

 

school_test_seifuku_boy

 

そこで今日は、残り数少ない直前の模試を有効に使うために!

直前模試を入試本番に活かすポイントを紹介したいと思います!

 

 

↓↓↓↓↓↓↓関連動画↓↓↓↓↓↓↓

 

直前の模試ではそろそろ結果を意識し始めるべき!?

過去のブログ記事で、模試の結果に一喜一憂し過ぎないようにと書きましたが、

この直前期にはそんな模試との向き合い方も変わってきます。

ここまでは基礎を固めることを頑張ってきたと思いますが、

いよいよその基礎をもって点数を取りに行く練習を始める必要がある時期だからです。

そのために直前の模試で意識してほしいポイントが2つあります!

 

1.模試受ける前の準備が大事!?

模試を解いている時に

yaruki_moetsuki_man

 

「全部解ききれない...」

「簡単な大問が最後にあったのに気付かなかった...」

という経験をしたことはありませんか?

 

 

これを克服するためには

テストの概要を先に知ること

先に時間配分を決めておくこと」が必要です!

 

実際の入試でも問題形式や大問の数などを

あらかじめ、過去問等で知っていることがほとんどです。

 

直前模試も本番と同じようにノープランではなく、

時間配分をシミュレーションしてから臨みましょう!

 

2.試験時間中にミスを見つける訓練をしよう!

演習問題をやっている時や

過去問を解いている時にもミスの見直しはできますが、

時間制限のある中で行う

模試中の「ミスの見直し」が本番では最も活きてきます!

 

高田先生はいつも最後の30分は見直しに充てるという

「自分だけの見直しルール」を作っていたそうです!

 

皆さんもミスで悔しい経験をしたことがたくさんあると思います!

しかし本番でそのミスに気付けるように、自分のだけの見直しルールを作って

日頃から「ミスの見直し」に気をつけて特に模試の中で意識してみましょう!

 

模試だと思って侮らない!

模試は入試本番や普段の演習とは異なり、

後で復習することで確かに確実に力が付くものです!

 

しかし直前模試は本番までの数少ない

貴重なシミュレーションとしても活用すべきです!

 

模試に残り時間で見直しもせずに

「解き終わったので寝てしまう...」

「あとで復習すればいいと思って手を付けない...」 なんてことはしないようにしましょう!

 

あとは全力で臨むのみ!!

受験勉強をできるのもあと約3か月です!

直前の模試を通して

受験の雰囲気や問題を解く時間配分に慣れて、

yaruki_moeru_man (1)

 

本番で実力を最大限発揮できるように!

模試も受験勉強も全力で臨みましょう!!

 

 

 

=============================================

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
あなたもできる武田塾「逆転合格の勉強法」を教えます
⇒必勝勉強法はこちら

もっと詳しく知って逆転合格したいあなた
志木校無料受験相談のご予約はこちらです♪
—————————————————————–
志木・新座・朝霞・ふじみ野・和光市・板橋の逆転合格専門塾・予備校・個別指導塾【武田塾志木校】
〒352-0001

埼玉県新座市東北2-31-7 新座コアビル3階

(東武東上線志木駅より、徒歩1分)
TEL:048-487-7997
Mail:shiki@takeda.tv

 

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 志木校へ