受験勉強の夏!夏は受験の天王山って何?夏休みなにすればいいの?

志木校・

夏は大事!時間はたくさんできるけど何したらいいの?

こんにちは!武田塾志木校 講師の池田です!

梅雨もそろそろ終わろうとしていますね。前期の期末試験なんかもおわって、

いよいよ夏休みが近づいてきています。

 

突然ですが、夏は受験の天王山なんて言葉を聞いたことがありませんか?

受験における夏の期間の重要性をこのように表しているのですが、実際のところどうなんでしょうか?

重要なのはわかるのですが、じゃあ何をすればよいのでしょうか?

そのようなことをテーマに話していこうと思います!

 

夏は自分の勉強が出来る最後の時間

夏休み期間が重要視される一番の要因は、やはり自由に使える膨大な時間にあるように思います。

いつもは学校への登校や授業に使っている時間を、夏休みにおいては自分のしたいことに

すべて注ぎ込むことができるのです。受験生にとって、自分の目標に近づくために、

学校が始まるとできない自分の思ったこと・やりたいことをできる最後のチャンスなのです。

それゆえ夏は受験の天王山であり、合否を分けるカギとなるわけです。

志望校のワンランク下・センター1割下

では、その重要な期間をどのように過ごせばよいのでしょうか?

それは、明確な目標設定を行い、それを達成するために勉強を進めていくことに尽きると思います。

その目標とする一つの基準が志望校ワンランク下・センター1割下と呼ばれるものになります。

具体的にこれがどういうことかというと、志望校のワンランク下の過去問で合格点をとれる状態、

目標とするセンター試験での得点の1割下の得点をとれる状態に8月末までに仕上げるということです。

たとえば、早稲田大学に合格したい!という人は、8月末までにMARCHの過去問で合格点が取れる

ようになるといった感じです。MARCHにうかりたい!というひとは、8月末までに日東駒専の過去問で

合格点が取れるようになるといったかんじです。

なぜこれを目標にするのかというと、夏休みが終わり、学校がはじまったという状態で

志望校に必要な難しい知識や、志望校の過去問を演習するための時間を作るために

8月末までに目標とする状態でいることが重要となってくるからです。

 

また、この目標を達成するにあたり、最も大事となってくるのが自分の現在地の把握と計画です。

武田塾の参考書ルートで自分は今どの辺まで習得できているのか、目標とするところまで習得するのに

どれくらいの時間がかかっていつまでにやらなくてはならないのか。そういったことを理解できていて

初めて目標の達成に向けて動き始めることができるのです。

自分ひとりじゃ計画を立てたりするのは難しいな、、、

今自分がどうなってるのかよくわかんないな、、、

そのような状態になってしまっているそこのあなた!

ぜひ武田塾や我が校の無料受験相談をご活用ください。悩みの解決や今後の指針に必ず役立てると思います!

 

この夏、自分が合格する確率を少しでも上げるために、一年の努力を実らせるためにも

各々の目標の達成にむけて全力で走り抜けてください!

みなさんの健闘を祈っております。

夏

 

 

タグ:,
  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談