武田塾の参考書ルートについて 毎日全科目やるべき?絞るべき?

志木校・

こんにちは、大学受験専門予備校 ”日本初!授業をしない”武田塾志木校”です。

連休に入ってからの勉強は順調に進んでいますか?
今のタイミングで踏ん張れるかどうかは今回のGWに限らず、今後の連休の際の試金石にもなるはずです!
武田塾志木校は、5月中のGWは日曜日以外開校(14:00~21:00)していますので、自習や受験相談が可能です。

令和の学生としてのスタートを気持ちよく切っていきたいですね。
そのためにも、その自習をする際の学習計画について本日はお伝えしていきます。

 

ルートは全科目?絞ってスタート?

時間に応じた方針を決める

今回の相談内容は、

高2で、武田塾の参考書ルート通りに勉強しています。
毎日全科目済めたほうがいいですか?それとも1日3科目ほどに絞る方がいいですか?
効率の良い1日の勉強方法が知りたいです。

とのことです。

武田塾の参考書ルートは「○○レベルに到達するために必要な参考書」を、進める順番や何週間で進めるべきか、といった情報と共に学生の皆さんにお伝えするカリキュラムです。
それに沿って参考書を進める際に、科目数をどうすべきかというお話ですね。

 

時間に余裕がある場合

3教科に絞って進める!
→国公立ならば2次試験の科目・私立ならば一般入試の科目

5科目受験の場合(全部を一緒にやらない理由)

優先順位の違いを把握して、時間のかかる科目から先に潰していくから大丈夫!
国公立文系志望の2次試験の例
→英・国・数に絞って学習開始!

他の科目が心配?

武田塾の勉強でしっかり決まっていること
→参考書ルートで勉強する順番
→各科目の必要な勉強時間

つまり「どのタイミングでその科目をやるのか」の問題ということです。
→春に全教科始めるのか
→理科・社会はセンター対策として夏以降から取り組むのか

先に英語や数学など、重要な科目を潰した方が楽になれるというのが結論です!
全ての教科が薄くなってしまうと、結局復習する際にかかる手間が増えてしまいます。
しっかり覚えた・解けるという科目がないまま、学習方法に自信が持てないままの勉強になってしまいます。

目先の不安のためではなく、合格に向けた学習計画を進めていくことが何よりも大切です。
もし進め方に不安がありましたら、武田塾志木校の無料受験相談もご利用ください。

 

=============================================

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
あなたもできる武田塾「逆転合格の勉強法」を教えます
⇒必勝勉強法はこちら

もっと詳しく知って逆転合格したいあなた
志木校無料受験相談のご予約はこちらです♪
—————————————————————–
志木・新座・朝霞・ふじみ野・和光市・板橋の逆転合格専門塾・予備校・個別指導塾【武田塾志木校】
〒352-0001

埼玉県新座市東北2-31-7 新座コアビル3階

(東武東上線志木駅より、徒歩1分)
TEL:048-487-7997
Mail:shiki@takeda.tv

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談