理系数学あるある!?問題がわからないとすぐ答えを見て覚える人のための対処法

志木校・

こんにちは、大学受験専門予備校 ”日本初!授業をしない”武田塾志木校”です。

今日は「参考書勉強あるある」のひとつを紹介していきます。
どうしても自分で参考書に取り組んでいると出てきてしまう、
やったのはいいけれど…あれ??」となって、消化不良感が残ってしまうケースについてです。

同じやるならば、無駄なく進めていきたいし、余計な見直しの回数を増やしたくはないものです。
今回の「あるある」を「自分にとっては解決済み」の項目に入れてしまえるようにしましょう!

 

問題がわからないとすぐ答えを見て覚えてしまっている

→これでは自分で問題を読み解く力がついてきませんね。
例えば動画内で紹介されている、

『理系数学入試の核心 標準編』
『やさしい 理系数学』

などは、わからない問題に対して、

基本は答えを見ずにやる
見たとしても、最終的に初見で解けるように対策

ということをポイントに挙げています。
現時点で何ができるのか考えて、まずは手を動かしましょう!(参照記事)

解説からの分析

・答えを見る目安…手が動かなくなってから5分

答えを見て自分の知識を分析して、今までの知っている知識なのか、初めて見る知識なのかを見極めましょう。

分析した結果:初めて見る知識
→覚えるしかない…まずは「知っている」側に持ち込みましょう。

分析した結果:知っている知識で出来ない
→今までの覚え方に問題がある…解説を利用したり、武田塾生は先生に質問してみましょう。
→ひねられた問題に対応できない…同じ分野の別問題で挑戦し、そこでも解説を確認しましょう。

 

アウトプット(実際に解くorわからないところを書き出す)がうまい人とうまくない人の違いとして、
できないポイントがわかったら、参考書の解説文にわからなかった経緯を直接書き込んでいるかが重要です。
その手間が実力差になったり、成績の分かれ目になってくることもあります。

最終的に初見問題に対応できるよう、知らない知識は覚える。そして知っている知識は覚え方を見直しする。
そうした癖を今のうちにつけておくようにしましょう!

 

=============================================

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
あなたもできる武田塾「逆転合格の勉強法」を教えます
⇒必勝勉強法はこちら

もっと詳しく知って逆転合格したいあなた
志木校無料受験相談のご予約はこちらです♪
—————————————————————–
志木・新座・朝霞・ふじみ野・和光市・板橋の逆転合格専門塾・予備校・個別指導塾【武田塾志木校】
〒352-0001

埼玉県新座市東北2-31-7 新座コアビル3階

(東武東上線志木駅より、徒歩1分)
TEL:048-487-7997
Mail:shiki@takeda.tv

関連記事

NoImage

こんにちは、大学受験専門予備校 ”日本初!授業をしない”武田塾志木校”です。 今日の本題に入る前に勉強時間にまつわるひとつのデータをお伝えします。今回の動画によると…

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談