センター利用の出願時期まとめ~センター試験後でも出願できる?!~

渋谷校・

渋谷駅より徒歩2分 大学受験予備校の「武田塾渋谷校」です!

 

今回は講師の後藤がお届け致します。

いよいよ1月になり、だんだんと「受験」が近づいてきました。

もう受験のイメージは出来ている!という人もいれば、漠然と不安を感じている人など、様々な思いを抱きながら日々を過ごしていると思います。

不安

今回はそんな「今」だからこそ押さえておきたい、センター試験利用入試についてお話していきたいと思います!

センター試験利用入試は大学ごとに出願時期も変わります!

え!?ただでさえ赤本対策で忙しいのにセンター利用について調べてられないです・・・

といった追い込んでいる受験生も必見の内容です!出願時期を学校ごとご紹介します(*‘∀‘)

 

そもそもセンター試験利用入試とは?

もうすでに皆さんご存知だとは思いますが、今一度センター試験利用入試について少し説明していきます。

一般的に「センター利用」と呼ばれることの多いこの制度は、センター試験の受験科目を利用して、複数の大学の学部・学科に出願をすることが出来ます。

センター

 

「センター試験利用入試」の主なメリットとしては、

 

①センター試験結果で、複数の学校の学部・学科の合格を狙うことが出来る。

②自分の志望する大学に合格するチャンスを増やすことが出来る。

③国公立大学志望の場合、私大対策をせず合格を狙うことが出来る。

 

などなど。こうみるとかなりお得な話のように感じますね!!!

一方でセンター試験利用入試は、募集人員がかなり少ないことと、志望者が多いこととが相まって、倍率の高くなる大学ももちろん多く、合格の難易度が高くなってしまいます。

 

では、このようなメリット・デメリットを踏まえて、どのように出願プランを決定するべきなのでしょうか?!

 

出願できる大学は??

もちろんまずは自分の受験したい大学に出願するべきだと思います!

大学入試センターによると、2019年度における受験可能大学は、国立大学が82校公立大学が90校私立大学が531校公立短期大学が13校私立短期大学が139校の、計855校でセンター試験利用入試による受験をすることが出来ます。

具体的な一覧は右のリンクを参照してみてください!(大学入試センターはこちら!)

 

ココからは、特に東京都周辺の大学と人気大学に絞ってお話をしていきます!

都内でセンター試験利用入試による出願ができる主な大学は、

・早稲田大学(4教科~5教科受験必須)

・MARCH(明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学・法政大学)

・関関同立(関西学院大学・関西大学・同志社大学・立命館大学)

・成成明学(成城大学・成蹊大学・明治学院大学)

・獨國武(獨協大学・國學院大學・武蔵大学)

・日東駒専(日本大学・東洋大学・駒沢大学・専修大学)

・女子大(昭和女子大学・東京女子大学・日本女子大学・津田塾大学 等)

などに大まかに分類できます!

これを見ると多くの人気大学でセンター試験利用入試の出願を受け付けていることが分かります!

 

但し、慶應大学上智大学学習院大学など一部の大学では実施されていないので必ず確認するようにして下さい!!

 

センター試験後にも出願できる?!

ここからいよいよ本題です!!

皆さんはセンター試験利用入試の出願をセンター試験後に行える大学があることを知っていますか?!

 

基本的に、多くの大学ではセンター試験実施前に出願期限を設けています。

主な大学の出願時期は、

【GMARCH】 

・明治大学・・・1月6日(月)~1月17日(金) ※インターネット出願のみ

・青山学院大学・・・1月4日(土)~1月18日(土) ※インターネット出願のみ

・立教大学・・・1月7日(火)~1月17日(金) ※インターネット出願のみ

・中央大学・・・1月6日(月)~1月17日(金) ※5教科型のみ1月6日(月)~1月24日(金)まで出願可能

・法政大学・・・1月5日(日)~1月17日(金) ※インターネット出願のみ

 

【その他各大学】

・成城大学・・・1月6日(月)~1月17日(金) ※インターネット出願のみ

・成蹊大学・・・1月5日(日)~1月17日(金) ※P方式・S方式・M方式はセンター試験後も出願可能

※早稲田大学・・・1月6日(月)~1月20日(月) 

センター試験後も出願可能な日程にはなっていますが、日曜日の試験終了後すぐに出願をしなければならないことに注意してください!

 

このようにセンター試験当日までに、後期日程などを設けていたとしても、出願の締め切り日を設定している大学がほとんどです。

これまでの合格ボーダーなどが公表されている大学もありますが、もちろん年によって変動します。つまり、センター試験利用入試での合格を狙うためには可能な限り高い点数を取りに行くしかないのです!

 

そうはいっても、センター試験のプレッシャーのなかで「自分が何点取れるかなんてやってみないと分からない…」「当日緊張して自分の実力を発揮できなかったらどうしよう…」と感じる人がほとんどではないでしょうか。。。

 

そんな時に是非検討して欲しいのが、センター試験終了後にもセンター試験利用入試を使うことが出来る大学への出願です!

 

センター試験後に出願できるメリットとは・・・

 

①自分のセンター試験の結果を踏まえて出願をすることが出来る!

②通常のセンター利用や一般入試の受験結果に合わせて臨機応変な出願が出来る!

 

という2点が大きな理由になります!

つまり、自分の点数を知ってから出願することが出来るので、ある程度合格ボーダーを把握した上での出願をすることになります。

さらに、自分自身のセンター試験の手応えや、一般受験の試験結果をみながら後期日程で出願を変更することが出来るので、自分のスケジュールに合わせて受験することが出来ます。

 

これによって合格可能性が格段に上がるということが分かると思います!!

 

これに対してデメリットは・・・

 

①通常のセンター試験利用入試に比べて合格点数のボーダーが上がる可能性が高い。

②後期日程などを設けている大学の中に、自分の志望大学が無い可能性もある。

 

という2点があげられると思います。

もちろんですが、受験生がそれぞれに自分の点数を把握して出願をすることになります。

つまり自分の点数を知って、同じくらいの点数を持った学生の出願が同じ大学に集中することが想定されるので、合格ボーダーが高くなりやすいという傾向があります。

 

ですが、ボーダーがあがるとは言えやはり合格可能性が上がることは大きな魅力です!!

センター試験後に出願することが出来るということを知っていると、メンタル的にも少し余裕をもって試験に臨むことが出来るのではないでしょうか!

後期出願可能な主な大学一覧

具体的にセンター試験後に出願できる主な大学をまとめてみました!

詳細に関しては必ず各大学の公式ホームページを確認してみください!(リンクを貼ってい大学もあります!)

 

【関関同立】

〇関西学院大学・・・3月出願制度有り。 

≪学部≫ 社会学部社会学科・経済学部(英数型)・国際学部国際学科 のみは3科目での出願をすることが出来ます。その他の学部・学科に関しては4科目以上の出願が基本になります。

 

〇関西大学・・・センター後期日程有り。

≪学部≫ 法学部・文学部・経済学部・人間建康学部 に関しては3科目での出願をすることが出来ます(受験科目のうち点数の高い3科目での受験可能)。その他の学部・学科に関しては、4科目以上の出願が基本となります。

 

〇同志社大学・・・学部によって出願時期が大きく異なります。

≪学部≫ 詳細は同志社大学の公式ホームページにて確認してください。(同志社大学公式ホームページはこちら!)

 

〇立命館大学・・・2月選考・3月選考制度有り。

≪学部≫ 下に掲載している画像を参考にして下さい。

立命館大学

 

【成成明学】 

〇成蹊大学・・・P方式・S方式・M方式はセンター試験後の出願可能

≪学部≫ 経済学部・経営学部・法学部・文学部はP方式での出願が、理工学部はS方式、経済学部経済数理学科・現代経済学科はM方式での出願が可能です。

 

〇明治学院大学・・・センター後期日程有り。

≪学部≫ 文学部英文学科・経済学部経済学科・経済学部国際経営学科・社会学部社会学科は後期日程での出願が可能です。国際経営学科に関しては英・国の2科目出願となります。

 

【獨國武】

〇獨協大学・・・センター後期日程有り。

≪学部≫ 下に掲載している画像を参考にして下さい。

獨協

 

〇國學院大學・・・センターV方式Ⅱ期制度有り。

≪学部≫ かなり細かく出願条件が分かれているので、「詳細は國學院大學公式ホームページにて確認して下さい!(國學院大學公式ホームページはこちら!)

 

〇武蔵大学・・・センター後期日程有り。

≪学部≫ 全ての学部に2科目での出願が可能です!2科目以上受験した場合は高得点のものが採用されます。2科目での出願が出来る大学は限られてくるので、非常にメリットの高い受験制度です!!

 

【日東駒専】

〇日本大学・・・C方式第2期制度有り。

≪学部≫ 全ての学部に3科目での出願が可能です。受験科目の指定など詳細に関しては、日本大学の公式ホームページを確認して下さい。(日本大学公式ホームページはこちら!)

 

〇東洋大学・・・センター後期日程有り。

≪学部≫ 第2部のイブニングコースも後期日程での募集があります。詳しくは東洋大学公式ホームページで見やすく検索できるようになっているので、そちらを確認してみてください!(東洋大学公式ホームページはこちら!)

 

〇駒澤大学・・・センター後期日程有り。

≪学部≫ 医学部を除いた学部で3科目による出願をすることが出来ます。複数学部を併願することによりお得に受験することが出来る制度も充実しています!詳しくは公式ホームページを確認してみてください!(駒澤大学公式ホームページはこちら!)

 

〇専修大学・・・センター後期日程有り。

≪学部≫ 後期出願を実施する11学科は全て併願が可能です。前期日程では3科目・2科目理数得意型・総合型・数学重視があり、自分の強みを生かした受験をすることも可能です!合わせて確認してみてください!詳しくは公式ホームページを参照してください。(専修大学公式ホームページはこちら!)

 

【女子大】

〇昭和女子大学・・・センター型Ⅱ期入試による後期出願制度有り。

≪学部≫ 全学部で2科目での出願が可能です!科目については学部ごとに指定があるので、昭和女子大学の公式ホームページから確認してみてください!(昭和女子大学 受験科目はこちら!)

 

〇東京女子大学・・・3月期入試による後期出願制度有り。

≪学部≫ 3月期入試は実質センター利用の後期出願と同義ですが、学部によっては小論文等の独自問題を課しているところもあるので、下の画像を参考にしてみて下さい!

東京女子大学

東京女子

 

〇日本女子大学・・・センター後期日程有り

≪学部≫ 文学部・理学部・人間社会学部でセンター試験後の出願を受け付けています。全ての学部・学科で3科目での出願をすることが出来ます!受験科目等の詳細は日本女子大学公式ホームページを確認してみて下さい!(日本女子大学公式ホームページはこちら!)

 

〇津田塾大学・・・センター後期日程有り。

≪学部≫ 学芸学部・総合政策学部でセンター試験後の出願をすることが出来ます。科目数などは細かく分かれており、2科目での出願をすることも可能です!詳しくは下の画像を参考にしてみて下さい!

津田塾1

津田塾

津田塾2

以上がセンター試験後に出願できる主な大学になります!

全国に目を向けるともっと多くの大学で似たような制度による出願を受け付けていると思うので、自分の受験したい大学にもあるか必ず調べてみてください!!

自分のセンター試験の点数を把握して出願することが出来ることが後期出願の大きな魅力です!

まだまだ出願は間に合うので是非出願を検討してみて下さい!!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

センター利用の出願時期まとめ~センター試験後でも出願できる?!~

武田塾では入塾の意思に関わらず、受験生の皆さんのご相談に無料でお応えしています。

受験に向けて、相談したい!

どう勉強したらいいかわからない!

そんな方はぜひ無料受験相談にいらしてください☆

・お電話にて→03-3461-7700【受付13:00~22:00(日曜日を除く)】

☆渋谷校が分析する大学情報や対策法☆

立教大学の穴場学部はここだ!倍率・偏差値なども紹介します!(人気ブログ第1位)

上智大学の穴場学部はここだ!倍率・偏差値なども紹介します!(人気ブログ第2位)

青学に行きたい!青山学院大学に合格する為に絶対に外せない情報!(人気ブログ第3位)

中央大学の穴場学部はここだ!倍率・偏差値なども紹介します!(人気ブログ第4位)

明治大学の穴場学部はここだ!倍率・偏差値なども紹介します!(人気ブログ第5位)

早稲田大学の成績標準化について紹介します!(人気ブログ第6位)

2019年東工大の数学を徹底分析!難易度・目標点数教えます!(人気ブログ第7)

東工大の穴場学部はここだ!倍率・偏差値なども紹介します!(人気ブログ第8位)

明治大学の穴場学部はここだ!倍率・偏差値なども紹介します!

慶應義塾大学の穴場学部はここだ!倍率・偏差値なども紹介します!

2科目受験が可能な大学をまとめました!滑り止めにもお勧め!

センター利用でなんと合格が保証されている学校がある!?産業能率大学は絶対に出願すべき!!

☆渋谷校耳より情報☆

大学入試が変わる!2020年度問題の対策を始めよう!

小論文の書き方やルールについて!対策法や練習法も紹介します!

☆塾選びをされている方はこちらもおススメ☆

渋谷で予備校を探している受験生必見!最強の学習方法を教えます!

渋谷駅の予備校情報と武田塾との比較!

武田塾ってどんなシステム??武田塾のシステムについてご紹介☆

武田塾渋谷校Mさんの一日をご紹介!武田塾ってどんな塾?

現在の塾・予備校を辞めて転塾しようと考えている方へ。転塾では何も解決しない?(刺激強いブログですので注意必要)

☆合格体験記は以下の写真をタップ!!☆

集合写真その3

予備校塾選びで重要なポイントは

生徒が成長できるサポートが受けられるのか!?

だと思います。校舎長(社員)や講師など、自分に合って尚且つ面倒をしっかりと見てくれる場所に決めた方が良いと思います。

人生を左右する大事な受験ですから、認知度サービスだけに捉われずしっかりと見定めましょう!

受験相談は随時無料で実施しますので、貴方だけの受験カリキュラム貴方だけの進め方を提案させていただきます!

武田塾渋谷校

東京都渋谷区道玄坂1-9-1 梅山ビル4F

TEL03-3461-7700

map