合格への最短ルート!「一冊を完璧に」を真の意味で身につける方法!【武田塾西神中央校】

西神中央校・

こんにちは!

武田塾西神中央校です!

 

今回のテーマ 「一冊を完璧に」とはどういうことか。

「一冊を完璧に」という言葉は一字一句完璧にしないとと捉えられがちですが、そういうことではありません!

ですので今回は「一冊を完璧に」について解説していきます!

 

一冊を完璧に!

参考書をする意味

sannkousyo

まず参考書はなんのためにやりますか? 

多くの人は受験に合格するためであると思います。

では受験に合格するためにはどうしたらいいでしょうか?

武田塾の参考書ルートを終わらせれば合格できるのでしょうか?

答えはNOです。

 

ルートが終わっても入試を受けなければいけません。

そのため、入試本番で合格点を取って受かるため参考書をイチ手段として使う必要があります。

つまり、受験勉強とは入試本番で使える知識や解き方を身につけるためにやるものです。

 

受験勉強をするうちに、いつの間にか参考書を終わらせることが目的になっている受験生が多くいます!

「英単語を覚える」や「数学の問題をやる」という言葉はとても幅が広いです。

 

 

武田塾の中で「一冊を完璧に」という言葉は、

入試本番で使える知識にするために、何を身につければ「できる」ようになるかを理解した上で自分に合った参考書を正しく使い、その「できる」が仕上がっている状態のことを指します。つまり、参考書の使い方が最も重要になります!

 

参考書の使い方

参考書の使い方について、例えば英語の場合、英文法の参考書が最初の壁になってきますが、皆さんはそれをどう乗り越えますか?

英文法の参考書は、4択の問題集(Next Stage英文法・語法問題、英文法・語法Vintage など)が多いです。S__7446598

これらの参考書をやるうえで一番ダメな勉強法は、答えの番号を丸暗記することです!

4択問題の丸暗記は、完全に同じ問題でないと解けなくなってしまいます。

 

そして次にダメな勉強法は、解説の丸暗記です!

解説を丸暗記したとしても、使いどころがわからなければ意味がありません!

 

解説を読む、または読む前に、問題文と選択肢から本番で解ける人のプロセスの再現ができるかを追求する必要があります。

言い換えると、問題と選択肢だけでどこを見れば正解がわかるのか、どのように解けばいいのかを追求する必要があります。

問題に対する解説を覚えるのではなく、自分で問題の解き方を解説できるレベルを目指さなければいけないということです!

 

入試では、説丸暗記大会をするわけではありません!入試本番に、初見で解けるプロセスを身につけることが重要なのです!

文法の参考書では単元ごとに並んでいるため、「今回は動名詞の範囲だから-ingがついていれば正解!」

という解き方になっている受験生がとても多いです。

この解き方を続けていると、模試本番で問題は解けないが、解説を見たらわかる人が出来上がってしまいます。

問題の単元がバラバラでも答えられるように理解できるレベルに落とし込む必要があります!

これは英語に限らず数学でも同じで、式を覚えているからその場では解けるが問題文に出てくる式を自分では作れないという人が多いです。

実際、今回の共通テストでは、時間のロスで解き終えることのできなかった人がたくさんいました!

そこで、問題を解くうえで「一冊を完璧に」するための重要なワードが、「4日2日ペース」です!

4日2日ペース

これは一週間の勉強スケジュールを示すワードで、4日間かけて新しいことを進め、2日間かけて復習をする、ということです!

ここで、復習の2日間で先に進めたいと考える人がいるかもしれません。

しかし、このような人は、今勉強した内容が入試本番で必要であるという視点が抜けています!

今日覚えたモノを入試当日まで覚えていられるのか?

それを想定していない時点で、勉強のやり方や目標がズレてしまっているのではないでしょうか!?

それを自分自身へ問うために、武田塾では2日間の復習日を設けています!

 

参考書を上から片っ端に終わらせることだけを目標にしていては、入試本番を想定した時に効率が悪い勉強の仕方になってしまいます。

そうならないために、復習日を入れて効率よく勉強しましょう!

 

参考書で単語や文法を隅々まで全問正解にした後、一か月間他の参考書に手を出して再度一か月ぶりにその参考書を開いたとき、

「あれ?こんなことやったっけ?」となってしまいます。

復習をせずに学習を進めてしまう人が陥る思考パターンとして、復習をしなくても一週間は覚えていることができるため、

「できた問題をもう一度解いて何の意味があるんだ?」と考えてしまいます。

 

しかし、一週間その問題を覚えていることができたとしても、入試本番に覚えていられないならば、

「なんのためにやったんだ!?」となってしまいます。

そのため、入試本番で解けるようにする視点が大事なのです!

 

まとめ

「一冊を完璧に」というのは、入試本番に使える勉強のやり方で入試当日に知識を持っていける勉強をするということです!

今の自分はこの参考書でなにをやらないといけないのか、入試本番に直結しているのかどうかを、

自分自身に問いかけながら学習することが大事になります。

 

今やっていることが間違っていないかどうかわからない、不安だという方はぜひ武田塾の無料受験相談にお越しください!

 

無料受験相談では

勉強に関する悩み解決

志望校までの具体的な道のりの提示

などを行っております!

ご予約は下のバナーからお願いします!

 

 

 

 

関連記事

thumbnail

みなさんこんにちは! 武田塾西神中央校です!!   さて、今回は、 2022年度入試の 武田塾西神中央校での合格実績 についてご紹介していきます!!   この記事を読んで興味を持っ…

IMG_3964

皆さんこんにちは!! 武田塾西神中央校です!   今回は、合格体験記です!! ぜひご一読ください!!   [合格体験記]6月の模試から偏差値12UP!共通テスト模試の点数を130点…

S__26304522

皆さんこんにちは!! 武田塾西神中央校です!   今回は、合格体験記です!! ぜひご一読ください!!   [合格体験記]偏差値30台から1年で関西学院大学、他すべての出願校に逆転合…

S__26222616

皆さんこんにちは!! 武田塾西神中央校です!   今回は、合格体験記です!! ぜひご一読ください!!   [合格体験記]E判定から半年で甲南大学経営学部に逆転合格![武田塾西神中央…