映像授業で伸びない人の特徴5選!塾/予備校探し中の人必見!

札幌校・

mark_chuui

こんにちは。武田塾札幌校の山岸です。

実は私、武田塾に勤務する前は某映像授業の予備校で働いていました。

何人も成績を伸ばして来ましたが、同時に、成績が思うように伸びず、第一志望校に合格させて挙げられなかった生徒たちもいます。

本日は、そんな私の自戒も込めて、映像授業で成績が伸びない子の特徴を公開します。

この時期は高校2年生の子たちが、来年第一志望校合格を果たすために塾/予備校を探し始める時期です。

ここで失敗してしまうと、ダメージは大きいです。この記事を参考にして、自分に合う塾/予備校を探して貰えれば嬉しいです。

 

目次

①他塾と掛け持ちをしている

②計画が建てられない

③受講しない

④授業の受け方を知らない

⑤復習しない

 

①他塾と掛け持ちをしている

benkyou_classroom

これは映像授業に限る話ではなく、どの形態の塾/予備校でも当てはまる話です。

それぞれの予備校には、その予備校なりの合格スケジュールがあります。

最初の面談で「この生徒はこの科目は得意だからここまで伸ばして、苦手科目は最低限ここまで。そのためには何を使って…‥」と、どうやってこの生徒を第一志望校に合格させるかを、先生たちは本気で考えています。

それが、他塾と掛け持ちしているとできなくなります。

各予備校で作成している合格スケジュールは、長年の経験やデータに基づいている、予備校自信のスケジュールです。

それが掛け持ちをしていると、せっかくトータルで考えている合格スケジュールが不完全のものとなり、合格させてあげられなくなってしまうんですね。

ですので、塾/予備校を探している方はあれこれ通おうとせず、一つに絞ることをオススメします。

 

②計画が建てられない

計画

塾/予備校に入学したときというのは、もしかすると一番勉強のモチベーションが高いときかもしれませんん。

そんなときにおすすめの講座を紹介すると、つい全部消化できる気になって一度に全部取る生徒も多いです。

結果こなしきれず、受験直前まで受講をするはめになる生徒もいました。

一歩立ち止まって、まずは計画を建ててみましょう。気をつけるべきところは以下の2点です。

 

①最初から全力でできると思わない

例えば、現時点での勉強時間が1時間の場合、やる気が湧いたということで翌日から4時間・5時間できると思わないこと。

最初は今の勉強時間のせいぜい2倍からスタートし、徐々に増やしていくのをオススメします。

②定期テストや学校行事を考慮に入れる

浪人生のように、普段から全力で受験勉強に当てることができる生徒であればその限りではないですが、現役生は注意してください。

定期テスト対策に2週間当てるとすると、そのあいだは受講時間を減らさなければなりません。

もちろん学校の授業だけをやっても受験には合格できませんが、割り切れない生徒がほとんどのはず。

卒業できないことだけは避けなければなりません。

 

③講習授業を言われるがままに取る

dentaku_businessman

多くの予備校は講習授業というものがあります。通常授業の補填や演習など、用途はさまざまですが、実は映像授業も講習授業があるんです。

通常授業と講習授業どちらも受けなければ全範囲が終わらない場合がほとんどのため、映像授業を検討している生徒は注意が必要です。

これも、提案する側が必要だと考え提案していることがほとんどですが、授業に追われているところに講習授業を追加すると本当に終わらなくなります。

結果、せっかく取得したにも関わらず受講しない、ということが起きてしまうこともあります。

ただ授業をこなすだけになってしまうと成績は伸びません。身につけたかどうかが重要です。

講座を取るばかりで復習に時間を避けないのは本末転倒です。

 

④受講しない

animal_namakemono

当たり前ですが意外と多いです。部活もそうですが、単純にサボりという人も結構います。

映像授業は強制力がありません。集団授業では一度欠席してしまうとその回は受けることができませんが、映像授業は映像のためいつでも受けることが可能です。

そのため、はっきりいいますが自分に甘い子は映像授業は向いていません。

いつでも観られる映像授業ですが、1年間という受講期限はあります。

それを過ぎてしまうと、いくら映像授業といえども受講することはできません。

毎年受講期限ギリギリにまとめて授業を受けていく生徒たちがいます。

もちろんただ受けるだけになってしまい、授業の内容が頭に入っているわけがありません。

もう一度観て内容を整理しようと思っても、その時には受講期限が切れており不可能です。

中にはもう一度受講するために再度講座を買い直す生徒もたまにですが、います。

 

⑤復習しない

school_manga_saboru_boy

どんなに頭の良い高校に通っていても、やった内容を暗記し、使いこなせるようになっていなければ成績は上がらないと断言します。

1人忘れられない生徒がいます。

その生徒は毎年東大合格者を2桁輩出する超新学校の生徒でした。

取っている講座は最難関で、受講が終わったあとの確認テストもすべて合格。あとは過去問、というところまできていました。

ところが、模試の点数は一向にふるいません。

点数だけみると、本当にその講座を受講しているなんて思えないような点数/偏差値です。

もちろん、そのような状態で過去問に進めるはずもなく…‥。

ここからわかることはただ1つ。

どんなに地頭のいい子でも、学んだ内容を復習してできるようにしなければ、成績は上がらないということです。

特に、進学校の生徒ほど、暗記を軽視し、できるようになるまで繰り返し復習しない生徒が多い傾向にあります。

大学受験では、進学校の生徒たちとも戦わなければなりません。

彼らに勝つためには、復習を完璧に行い、学んだ知識を確実に使えるようにすることなのです。

 

最後に

ここまで、映像授業の予備校に勤めていた経験から、映像授業で伸びない人たちの特徴を5つ紹介してきました。みなさんはいくつ当てはまったでしょうか。

他にも、集団授業や個別指導塾で伸びない人の特徴をまとめた記事があるので、そちらも合わせてご確認ください。

【集団授業編】

集団授業で伸びない生徒の特徴5選!塾/予備校探し中の方必見!

【個別指導塾編】

個別指導塾に向いていない生徒の特徴5選!塾/予備校選びの方必見!

なお、実は武田塾塾長である林も、かつて映像授業の予備校に通っていました。

林自信は大学受験に失敗してしまい、そのときの悔しさをバネに理想の予備校を作りました。

それがこの武田塾です。

私も映像授業に限界を感じて、武田塾に入社しました。

予備校を迷われている方や、今いる予備校で本当にいいのか悩んでいる子はぜひ一度、無料受験相談に申し込んでみてください。

無料受験相談

皆さんが第一志望校合格できるよう、応援しています。

タグ:, , ,

関連記事

授業

こんにちは。 武田塾札幌校の山岸です。 昨日の記事に引き続き、予備校選びに役立つ情報をお伝えしていきます。 昨日の記事はこちら→映像授業で伸びない人の特徴5選!塾/予備校探し中の人必見! 塾/予備校を…

受験

こんにちは。 武田塾札幌校の山岸です。 今回も、昨日・一昨日に引き続き、皆さんの塾/予備校選びに役立つ情報をお届けします。 【映像授業編】 映像授業で伸びない人の特徴5選!塾/予備校探し中の人必見! …