【相談】現代文の勉強について

札幌校・

こんにちは。武田塾札幌校です。

今日は、ある受験相談の内容についてです。

 

Q 受験生の悩み

札幌市内の受験生です。苦手な現代文の勉強の仕方がわかりません。苦手意識を持っているせいもあるかもしれませんが、現代文が完全に足を引っ張っています。数学や英語みたいに演習を解いてみてもできるようになる実感がありません。何か現代文の勉強の仕方にコツはありますか?

—————————

A 先生のアドバイス

—————————

現代文が苦手という受験生は少なくないでしょうね。勉強のやり方がつかめていない人が多いようです。普段から使っている言葉がそのまま問題文になって出題されることから、問題が解けるかどうかをセンスの問題で片づけてしまう人さえいます。しかし、現代文を解けるかどうかはセンスの問題ではありません。

現代文が苦手になるのは、「どんな文章が出てくるかわからないから勉強のしようがない」と考えてしまうからです。そのため、何の準備もせずに出たとこ勝負で試験に臨んでしまうのが一番の問題です。特に教科書に出てくる文章がそのまま出題される定期テストは解けるのに、模試の現代文は解けないという人はその傾向にあります。

現代文は一見決まった解き方が無いように思われます。英語の構文や数学の公式のように、当てはめたらそのまま答に結びつくものが無いからです。しかし、正しい勉強法で演習を繰り返せば、問題文から答を導き出すまでの過程でする作業は、どんな問題でもほぼ同じだということがわかってきます。

もちろん、現代文の問題でも答に至るまでのプロセスは1つではありません。それでも、何百通りもあるわけではありませんから、答を導き出すパターンを覚えて、設問に合った考え方をすぐに引っ張って来られるようになればどんな問題でも解けるようになります。

現代文は他の科目よりも本番で出題される問題が初見問題になる可能性が高いと言えます。それでも、解き方のパターンがしっかり頭に入るまで繰り返し演習しておけば、どんな問題が出ても怖くなくなります。逆に、苦手意識を持っている人が多い科目ですから、しっかり準備できれば強みになるでしょう。

現代文をしっかり勉強するつもりなら、武田塾の勉強法を試してみませんか?自分のペースでしっかりわかるまで同じ参考書を繰り返し勉強するのが武田塾のスタイルです。理解したことがしっかり定着するまでは先に進まないというのが武田塾の特徴ですが、それができるのは、自学自習で個々のペースを守って勉強するスタイルだから。現代文を得意科目に変えられるようにがんばってみましょう。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
札幌で逆転合格を目指すなら
日本初!授業をしない塾【武田塾札幌校】

〒060-0807
札幌市北区北7条西4丁目1-1
 東カン札幌駅前ビル4F
(札幌駅北口向サンクスのビル)
TEL 011-299-1576
MAIL:sapporo@takeda.tv
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

  • 武田塾の無料受験相談