【入試直前】合格するための生活習慣

三田校・

みなさん、こんにちは♪

勉強のやり方から指導し、逆転合格へ導く武田塾三田校です!

武田塾三田校は2020年2月に開校してから沢山の生徒が通って勉強をしています。

12月に入り、今年も残すところあとわずかとなりました。大学入学共通テストまで、あと40日あまり。

いよいよ入試直前期に入ってきます。

そこで、今回は志望校合格を勝ち取るための生活習慣についてお話ししようと思います。

勉強に集中するあまりついつい生活リズムが夜型になっている受験生も多いと思います。

頑張っている受験生ほど陥りやすいですよね。

ただ、入試本番に最高のパフォーマンスで志望校合格を勝ち取るために、

今から少しずつ理想の生活習慣に変えていきましょう!!

入試直前に効果的だった生活習慣

受験に関する調査結果で、入試直前の生活習慣で一番効果的だったことを尋ねると、

第1位は「睡眠時間を十分にとる」で、第2位は「毎日決まった時間に寝起きする」でした。

まず、「睡眠時間を十分にとる」ことがとても大切なのは、皆さんも実感していると思います。

「睡眠時間を十分にとる」と答えた割合を、第一志望校の合否別にみると、

合格者の方が不合格者と比べて10ポイントも高い結果でした。

また、平均睡眠時間も合格者が6時間10分、不合格者が5時間51分と合格者の方が長い結果でした。

このように、第一志望校に合格するために、睡眠時間を取るように意識して、

入試直前期の生活習慣を作っていきましょう!

また、「毎日決まった時間に寝起きする」というのも習慣づけにはとじゅうようです。

大学入学共通テストの場合、受験科目によって変わりますが、一番早いと開始時刻は9:30からです。

起きてすぐは脳の働きも良くないので、2時間から3時間前に起床するようにしましょう。

ダウンロード

入試直前期の理想の生活習慣

『午前1時までに寝て、午前7時に起きる』

現在、この生活習慣が実践できている人は、入試直前で焦ってくるかもしれませんが、

無理をせず今の生活習慣をしっかり保って入試にむかってください!

寝る時間が遅い人は、時間を意識して少しずつ変えていきましょう。

生活習慣は急には変わりません。

海外旅行から帰ってきたときに、時差ボケで体調を崩したりするのと同じように、

生活習慣を急激に変えると体調を崩す可能性があります。

12月に入ったら、意識して徐々に『午前1時までに寝て、午前7時に起きる』ようにしましょう。

万全の体調で、志望校合格を勝ち取ろう!

無料受験相談

 

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 三田校へ