大阪府立大学の2次試験対策(英語) 対策動画つき!

堺東校・

こんにちは!

武田塾堺東校です\(^o^)/

 

入試ではまず「敵(問題形式)を知ること!」がとても大切です(^^)

高3の方はもう大丈夫ですよね!?

高2の方は、先に問題形式を調べてから受験勉強をはじめてみましょう(^o^)

 

二次試験で絶対挽回する!!と意気込んでいる方はこちらの動画を見てみてください!

 

https://www.youtube.com/watch?v=H0wRcN4HCI4

 

今回は、大阪府立大学の英語の2次試験対策を紹介します。

まずは動画から!

https://www.youtube.com/watch?v=v_caHvkGAsM

 

-全体の傾向-

読解問題2題と英作文1題の合計3題で構成されています。

 

長文問題は2題あわせると総語数は1000語以上になっています。

テーマは日常的なものから専門的な内容まで幅広く扱われています。長文読解で用いられている文章については、文法や単語は受験生のレベルに対して標準からやや難しめになっています。

しかし、長文中に見られるやや難しい単語については、前後からの推測して意味を補えられる場合が多くなっています。設問は文章を理解できているかを問う問題のほかに、和訳や近い意味の語句を選ぶ問題など、1つの文を文脈に沿って詳細に理解する力が多く問われています。

様々な文章から知識をつけ、文脈から推測する演習を重ねておきましょう。

次から大問ごとの傾向をみていきましょう。

 

-大問1の傾向-

大問1は読解問題です。600語前後の文章が出題されます。

選択式問題9問:文脈理解/穴埋め問題/英作文/内容理解
記述式問題3問:和訳

設問箇所の文の構造や、その前後の文脈正しく理解しているかが問われている。和訳は、文の構造をとり、適切な日本語でまとめる力が問われています。

 

長文で思うように得点出来ない人はこちらの動画をチェック!

https://www.youtube.com/watch?v=X_ss1uJesfw

 

-大問2の傾向-

大問2は英作文の問題です。

記述式問題2問:英作文

350字程度日本語で書かれた文章を英語の文に変換する問題です。日本語から英語に素直に訳せない部分が出題されることが多いので、日本語をかみくだいて、自分の知っている語法や文法、構文にうまく落とし込む力が求められます。

日本語から日本語へ変換する発想に慣れるためにも、英作文の対策は十分にしておきましょう。

 

英作文の対策も動画をチェックしておいてください!

https://www.youtube.com/watch?v=vshw_GZN1AI

 

-大問3の傾向-

大問3も読解問題です。最近では、400語程度の文章が出題されています。

選択式問題3問:文脈理解/内容理解
記述式問題2問:和訳

難しい単語をあまり含まない英文であることが多いので、比較的理解しやすくなっています。和訳の問題は、自然な日本語になるように工夫する必要があります。

 

長文に関してはこちらの動画もオススメです!

https://www.youtube.com/watch?v=PqwuU421MHg&t=2s

 

 

他にも、様々な動画が武田塾チャンネルに投稿されています!

是非参考にしてください!!

 

 

武田塾堺東校では受験生以外の学年の方でも無料受験相談に来ていただくことができます。

お気軽に電話またはLINE@にてお申込みください!

お問い合わせ・無料相談はこちら!!
TEL:072-245-9553(電話受付時間13:00~22:00 日曜日を除く)

LINE@アカウント開設しました!登録お願いします!友だち追加数

勉強方法の相談も気軽にLINE@で!!

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談