関係代名詞と関係副詞の意外な落とし穴【武田塾堺東校の英文法講座①】

堺東校・

こんにちは!
武田塾堺東校の豊福です!

今回は塾生からの希望があったので英文法の講座を少しばかりしていきたいと思います! 英文法が英語においてどれだけ大事なのかを分かってくれたらと思います。

高1高2生にとってはを理解して進むか否かによってこれからの伸びがものすごくが変わるので丁寧に見てあげてください!

ダウンロード

 

 

「先生!関係詞が全く分かりません><NEXT STAGE(4th edition)の285番が何故4番じゃなくて3番になるんですか?

285 The mountain (      ) you climbed last summer is the second highest mountain in Japan.

①what   ②whom   ③which   ④where

 

実はこの質問今年に入ってから5回は聞きました(笑)

毎回同じ説明をして全ての生徒が分かってくれるので他の受験生もこれを見て納得してみてください!

 

 

さて早速本題に入ります。

学校などではこういう教えられ方をしていると思います。

 

後ろが完全文だったら関係副詞、不完全文だったら関係代名詞

 

確かにその通りなのですが、それだけで受験生が全てわかるものとは思えません。

そもそも関係代名詞とはあくまで代名詞、関係副詞というのはあくまで副詞なのです。
すなわち、抜けているのが副詞なのか名詞なのかを見てあげるのが一番の近道なのです。

 

今回の問題の場合、先行詞が the mountainなので抜けている部分が

you climbed 前置詞+the mountain last summer (前置詞+the mountainは副詞)

なのか

you climbed the mountain last summer (the mountainは名詞)

なのかによって副詞が抜けているか名詞が抜けているかが変わってきます。

 

ようするに一番の肝は

climbが後ろに目的語を取る他動詞なのか、それとも目的語を取らない自動詞なのか

になってきます。つまりは動詞の語法問題ですね!

 

ここまで分かれば後は大丈夫!
自分が動詞の語法が弱いのか、関係詞が弱いのかそれとも両方弱いのかは明白なはずです!

自分の弱点を補強してこれからの英文法、英語の実力UPに繋げていってください!

今回の場合はclimbは他動詞なので後ろに目的語を取る。つまり抜けているのは名詞なので答えは関係代名詞のwhichですね!
場所だからwhereなどという考えは捨ててもっと文法的に英語を見ていきましょう!

 

 

武田塾堺東校では、勉強法、受験の悩みなどの相談会を個別で随時開催しております!

 

他に英文法で分からないところがある、何の力が足りないか自分ではわからない
そんな人はぜひ相談に来てください!
微力ながらサポートさせていただきます!

 

お問い合わせ・無料相談はこちら!!

TEL:072-245-9553(電話受付時間13:00~22:00 日曜日を除く)

 

LINE@アカウント開設しました!登録お願いします!友だち追加数

タグ:
  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談