新高3生必見! 共通テストで高得点を取るために何をする?

佐賀校・

みなさんこんにちは、武田塾佐賀校の松下です。

今回は新高3生に向けて、傾向の変わりゆく共通テストに向けてどのように対策をしていけばよいのか

紹介していこうと思います。

共通テストは過去二回行われており、特に今回の共通テストでは数学をはじめとする難化傾向に苦戦した受験生も多くいました。

来年共通テストを受験するみなさんが試験本番で実力を発揮するために、1年間学習を進めていきましょう。

今回は特に、数学・英語に焦点を当てて今後1年間の目標を立てていきましょう。

thumbnail_yaruki_aru_school_little

 

英語

english_writing

まずは英語です。

英語はセンター試験のころと比べてリスニングの配点が大きくなっています。

加えて発音アクセント問題や、文法問題といった単純な暗記で得点を稼げる問題は削除されました。

つまり共通テストで高得点を取るためには、

速く正確に文章を読む速読力とネイティブの会話を聞き取るリスニング力が今までよりもさらに求められるようになりました。

これらの力は一朝一夕で身につくものではありません。

まずはある程度の文章を読めるようにしていき、読解力が身についてきたらリスニングの方に入っていくのが良いでしょう。

ではどのように勉強していけば読解力が身についていくのでしょうか。

単語

まず読解力の一番基礎となる力は単語力です。

英単語がわからなければ当然英語の文章なんて読めるはずがありません。

武田塾では「システム英単語」「ターゲット1900」といった単語帳を推奨しているので、単語帳で迷っている方は書店でこの二つの単語帳を見て、使いやすそうなものを買ってみましょう。

また学校で配られている英単語長があればそれでよいので、いつまでにその単語帳を覚えきるのかを決めて、そこから1日いくつの英単語を覚えればよいのかを考えてどんどん進めていきましょう。

注意すべきことは「単語の意味が2秒以内で出てくるようにすること」です。

英文を読むのが遅い人の一番の原因は、単語の意味がすっと出てこないことです。

もちろん入試本番の英文ではどれだけ単語帳を完璧に仕上げていても知らない単語が出てきます。

そのため、知っている単語に時間を取られてしまうと制限時間内に解ききることが出来なくなってしまいます。

 

文法・構文

単語の次に重要になるのが「文法・構文」です。

英単語の意味がきちんと覚えられてくると、その単語の意味をつなげることでなんとなくの意味が取れるようになってきます。

ここで文法や構文の学習を行うことによって、より正確な意味を取ることが出来るようになります。

英文の大部分は単語の意味をつなぎ合わせていくだけでなんとなくの内容が把握できる文章が多いですが、

文法的に入り組んだ文章や言い回しなどは文法の勉強をきちんとしておかないと、意味が把握できないことが多く、

こういった入り組んだ表現が入試問題では頻繁に狙われます。

文法をしっかり対策するための参考書としては「肘井のゼロからわかる英文法」「Next Stage」がおすすめです。

 

音読

study_english_ondoku

そして読解力を付けたり、リスニング力をつけたりするうえで最も重要なのが「音読」です。

今までつけてきた単語・文法・解釈の知識を本物の英文の中で使える状態にするためには音読が必要不可欠です。

英文を早く読むためには、前から前から意味を出していくことが重要です。

普段英文を訳せと言われた時には、英文を一度読んで理解した後に、きれいな日本語になるように順番を入れ替えて訳を書くと思います。

しかしながら英文を速く読む場合や、リスニングで意味を把握する場合には後ろから戻りながら訳すことが出来なくなります。

例えば「He is playing the guitar with his friend」という文章の意味をとるときに「彼は 演奏している ギターを いっしょに 彼の友達と」という風に前から前から日本語に訳し、そのうえでその状況が頭に浮かぶようになるのが第1ステップです。

音読をしている時には英文を声に出しているため、当然英文と同じ並びで理解していく訓練になり、これが出来るようになります。

また、さらにスピードを上げて共通テストで8~9割を目指すためには「日本語を介在させないで意味を取る」ということが必要になります。

これの練習にも音読がかなり有効です。

英文を声に出しながら、日本語に訳することなく、ダイレクトに状況を頭に思い浮かべられるように練習してみましょう。

「apple」→「リンゴ」→「🍎」というプロセスを経て英文を理解するレベルから

「apple」→「🍎」というように理解できるようになれば、

長文読解において時間が足りなくなる、ということはほとんど起こらなくなるといってもよいでしょう。

なのでこれを読んでいる皆さんは今日から、1日5分からでいいので、音読を始めてみましょう。

 

数学

job_suugakusya

次に数学です。

共通テストの数学とセンター試験の数学で大きく変わったところは「問題文の長さ」です。

置かれている状況が会話文や日本語の説明によって書かれており、受験生はその文章を適切に読み取って状況を整理し、

そこから式を立てて解き進めていくことが必要になってきます。

とはいえ共通テストはまだ2回しか行われていないため、今後どのような出題傾向になっていくのかは予想しづらいのが事実です。

そんな数学できちんと高得点を取っていくためには付け焼刃ではない確固たる数学力が必要になってきます。

具体的には、問題集や参考をを進めることはもちろんですが、その解説を読む際に「なぜここでこの公式を使ったのか」「どうしてこの式変形をしようと思ったのか」などについて毎回考える癖をつけておくようにしましょう。

共通テストのような誘導形式の問題を上手に解いていくためにはただ答えが出せるだけでなく、いろんな考え方に精通している必要があり、

状況に応じて求められた解法を自由自在に使いこなせるようになっておけば今後多少出題傾向が変更されても確実に対応できるようになります。

そのため仮に問題集を解いて答えがあっていたとしても、別解に目を通すことも忘れないようにしましょう。

 

おわりに

いかがだったでしょうか。

共通テストはまだ実施2回目であり、傾向やその対策法をつかむのが非常に難しいのが現状です。

そんな中でも英語・数学共にどんな傾向の問題にも対応できる読解力や思考力を養っておいてはじめて

安定して高得点を狙うことが出来るようになります。

今のうちから、大学合格という山頂に向けて進んでいきましょう!

yamanobori_tozan_man

 

========================

武田塾佐賀校では無料受験相談を行っています。


「佐賀大学合格への勉強方法がわからない、、」
「どの参考書を使えばいいのかわからない、、」
「授業を受けても成績が伸びない、、」


受験に関するあらゆる悩みに、無料で個別アドバイスをさせていただきます。

無料受験相談

※現在大変多くのご予約をいただいております。お急ぎの方はお早めにお問い合わせください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

日本初!授業をしない武田塾 佐賀校

〒840-0816
佐賀県佐賀市駅南本町6-7
第一内田ビル 5階

TEL 0952-37-7767

受付時間
<火~土曜日>
電話受付対応時間 13:00~21:30

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇