参考書が最強! 「日本初! 授業をしない塾」が、偏差値37からの早慶逆転合格を可能にできる理由

参考書が最強! 「日本初! 授業をしない塾」が、偏差値37からの早慶逆転合格を可能にできる理由

参考書が最強!

著者:林 尚弘
出版社:幻冬舎

Amazonで購入する

学校・予備校が絶対教えない「正しい勉強法」

●成績を上げたければ、授業を受けるな!
●「授業よりも参考書」って怪しいですか?
●何が分からないのか、わかっていますか?
●学校でも、予備校でも、受験範囲は終わらない
●有名予備校「東大コース」の真実
●お世話になった先生は、トップセールスマン
●予備校の合格実績の嘘
●8倍速!どこよりも速い勉強法
●上手に「✕」をつける
●数学が苦手でも医学部へ行ける!
●小論文も「暗記」でいける!
●武田塾の勉強法は、ビジネスでも通用する

すべての基本は、英単語

単語100個を覚えるには…

1. まず、10個の単語を暗記する
2. 実際に10個覚えたかどうかをテスト
3. 間違っていたものがあれば覚え直して、できるまで再テスト。
 ここまでで1セット。
4. 5セット進んだら、50個の単語をテスト。
 間違えたものは覚え直して再テストし、50個を完璧にする。
5. 1~4を繰り返し、最後に100個の英単語をテスト。
 間違っていたものは覚え直す。

単語1個につき、3回復習のタイミングがあるわけです。
地道なやり方ではありますが、だからこそ確実。
これならどんな生徒でも、1日で100個の英単語を覚えられます。

本の中身を少しだけお見せします!

授業で習ったことを覚えたり、繰り返し問題を解いたりして、自分のものにしていく。
この自学自習の時間こそが、最も学力を伸ばし、成績を上げます。
実は、これが事実であることは、予備校の先生たちもすでに知っています。
しかし、このことを生徒たちに教えるわけにはいかないのです。
それは、なぜか?
簡単です。生徒たちが「なんだ、自分でできるじゃん」と気づいてしまえば、予備校に来なくなってしまうからです。
それはすなわち、授業料を徴収できなくなってしまうということ。授業料を徴収できなくなれば、予備校はつぶれます。
この考え方が広まれば、予備校の存在意義はなくなり、先生たちは職を失うことになります。
大学に合格するために、生徒たちが第一に知っておかなければならないことが、予備校側にとっては絶対に教えてはならない最大のタプーなのです。

Amazonで購入する

Youtubeでも紹介しています

最後に…

「授業をしない」のに逆転合格できるのはなぜ?!武田塾の無料受験相談では、あなたの今の成績から志望校に合格するための個別カリキュラムをお教えします!