赤本の使い方

太田川校・

こんにちは!武田塾太田川校講師のNです!今回は赤本の使い方について話していきたいと思います。
赤本って合格を目指すうえでかなり重要なアイテムです。皆さんご存知と思います。しかし、結構生徒の子と赤本の話をしていると、その使い方まずくない??と言いたくなるようなやり方をしている人が結構見受けられます。
なので、ここで紹介したものに目を通してもらって合いそうなものをぜひ試してみてください。

 

・よくある勘違いから解く時期と、その段階での取り組み方を説明

たいてい私は夏休み中に生徒の子に、赤本を買ったかどうかを聞きます。すると、持っていない人がほとんどです。11月に聞いても持っている人はまだ全然いないという印象です。
これはまずいです。なぜ第一志望の過去に出題されたものが売っているのに目を通さないんでしょうか?ゴールから逆算するのは当然の戦略ですよね。皆さん自分が受ける大学をなぜか自分の中でとてつもなく大きなものにして、分析材料である過去問を後へ後へと追いやる傾向があるように思います。現実逃避ですね。
たいていの子がすべての勉強が終わってから、直前に解くものと考えているような気がしています。すごくもったいないです。それをすることによって得られるものは、合格点をとれていたら安心、とれていなかったら不安であり、学力ではないからです。

受験勉強を始める前、基礎のインプットを終えたとき、志望校レベルの学習が終わったときの三段階で使うのがベストだと思います。この時3回ともがっつり解く必要はなく、受験勉強を始める前などは、もちろん解けるわけはありませんからどんな問題が出ているか読むといった感覚でいいでしょう。
インプットを終えたときに解くか解かないか、というのは好みだと思いますが自分なら、例えば英語や古文で単語帳を終えたら、過去問を見て知らない単語の量をチェックするとか、数学なら基礎問題精講を終えたら、基礎問題の解法は入っているはずなので、赤本の解答で理解できないところがないか確認したりだとか、そういった使い方をします。
志望校レベルを終えたときは、タイマーを回しながらできるだけ本番に近い形でやるといいと思います。実際の試験時間だと自分はどこまで解けるのか、無制限だったらどれくらいとれるのかということを調べるためにタイマーを回します。丸付けの時は、間違えた問題は今までやった参考書のどこを勉強すれば得点できたかということを意識しながらやっていきましょう。そうすることで、抜けている参考書が分かったり、この参考書は実戦で使うにはここまでやらなければいけないのかといった基準が分かるかと思います。また、今までのもので対策できないときは、分野別等に進むという選択もできます。つまり、過去問を解いて、参考書に戻る。そしてまた過去問を解き実力アップしているかをチェックする、のくりかえしになっていきます!これを繰り返して、赤本最新年度に入っている問題なら余裕で満点をとれる状況を作っておくと、これが本当の自信になるはずです。直前に模試感覚で解いて得た安心とは大違いです。また合格点をとれなかったときに味わう不安も限りなく少ないはずです。なぜなら、実力を伸ばすために赤本を使いつくしていますし、周りの人は普通ここまで使い込みません。さらに、今ではその問題で満点が取れるのですから。

 

 

・逆転合格を狙う場合は範囲を確認

これは特に理系科目でいえることですが、まっとうに勉強していては間に合わない。しかし、どうしても行きたい大学があり、そこに行けないなら浪人覚悟だ!といった場合、その学校頻出のものからつぶしていくという方法が、一番合格率が高くなります。なので一発逆転を狙う人は、必ず赤本から目を通してください。

 

 

・モチベアップにもなるんだから買っておこう!

本当に買っておいて悪いことはないと思います。実感がわくからモチベアップにもなります。また、机の上等の目のつく所に出しておくと、居眠りしちゃう人は恥ずかしくて寝られなくなると思いますよ(笑)
賛同できるところからでいいのでまず試してみてくださいね(^_-)-☆

 

同じような不安にとらわれている受験生は
一度武田塾が公開しているルートを
見てやるべきことを明確にしていただくか

無料受験相談にお越しいただくこと
お勧めいたします✊

武田塾太田川校では、

  • 時間が足りない😰
  • 復習ってどうやるの🤔
  • 各教科のバランスが分からない😅
  • 志望校で迷っている😣

という方の相談に無料でのっています。

その他、受験にまつわるエトセトラについて、お気軽に相談してくださいね。

興味があるよ、という方は下記ボタンをクリックしてみて下さい。申し込みフォームが開きます。

また、お電話の場合は、0562-38-6440(15:00-22:00 日除く)までどうぞ!

 

  • 武田塾の無料受験相談