気になる!2018年度から見える愛知大学・経済学部・経営学部・法学部への受験戦略とは?

太田川校・

こんにちは!武田塾太田川校、平林です。さて、愛知大学特集第三回は学部別の動向に入っていきます。全体の定員、そして志望者数の話は、「え、愛知大学って難化したの?たまにはまじめな2018年度定員の話でも」と、「愛知大学が人気?2016年度から志望者急増?その秘密を探れ!」でお話しているので、そこに任せて、今回からは学部ごとの話をしていきます。

過去問の傾向などはいろんなサイトが分析していますが、そもそも受験校選びや出願の際に、今後の勉強の方法、スケジューリングを考えていくヒントになるものがなかったので、そこに焦点をあててお話をしていこうと思います。

この記事では、社会科学系学部(法学部、経済学部、経営学部)の人気や倍率から、受験戦略を占います。

忙しい人のためのまとめ

★前期とM方式は併願マスト

★センター利用入試は南山レベルだと思え

★「高3から愛大志望で受験勉強」ならセンター利用は基本ナシ

★センタープラスはラッキーパンチだが狙いにいこう

愛知大学の社会科学系はセンター利用がお得だが壁は厚い

上の表とグラフの通り、

愛知大学の社会科学系の学部の平均倍率は、

前期:5-6倍

M方式:3-4倍

センタープラス:3-4倍

センター利用3教科:1.5倍

センター利用5教科:1.5倍

です。

大体倍率3倍を基準に考えるため、前期試験は血で血を洗う倍率になっているといえます。その為、日程がかぶらなければ、前期だけでなく、M方式も併願をするべきですね。また、センター試験で2教科しっかりとって、センタープラスも狙っていってほしいです。

センター利用入試はアリかナシか

センター利用入試に関しては、だいたい3科目で75%、5科目で72.5%なので、愛知大学を狙う層にはすこし厳しいと思います。というのも、愛知大学に合格する層は、大体センター試験で70%ほどの得点率だからです。

例えば、センター試験3科目を英語、国語、日本史としましょう。2018年度大学入試センター試験で75%の得点をとったとして、偏差値に換算してみます。すると、英語56、国語63、日本史55となり、南山大学の外国語学部ほどの偏差値になってしまいます。英語がもう少しできれば英米学科も見えてくる成績になってしまうのです。

これからわかるように、センター利用入試はワンランク上の層がすべり止めとしてチャレンジする試験です。時間に余裕があれば、しっかりと対策できますが、例えば部活が終わってから、だったり三年生になってから、というタイミングだと、スケジュールとしてはタイトになってきます。高校2年生から準備している生徒には、積極的にセンター利用を狙っていってほしいですが、高校3年生から愛知大学を第一志望にして受験勉強を始める場合はかなりの努力が必要なので注意が必要です。

センタープラスにかけるのはアリよりのアリ

そこでセンタープラスという試験を狙います。センタープラスはセンター試験で2教科受ける試験です。これはどういう時に使う入試形式かというと、センター試験でたまたま2教科ガッツリ取れてしまった時に使う入試形式です(笑)そして2教科はできるという受験生は思いの外多いのです!

私立大学の過去問をやってみるとわかるんですが、大学の問題との相性というのは必ずあります。センター試験というのは点数の取りやすいオーソドックスな試験なので、本番でどうしても取れないという時に、センター試験で8割ほど取っておいて本番受けない、という作戦が使えます。社会や数学で威力を発揮することが多いです。逆にセンター国語はちょっと敬遠されるかな。

しかし、注意点もあります。愛知大学のセンタープラスは、センターで使った科目で二次試験を受けられません。ということは、センター試験で得意教科2科目で高得点を取ると、本番、苦手教科で勝負することになります。となると、「センター取れたラッキー」→「無事撃沈」ということになりかねません。ですので、ラッキーパンチは狙いながら頼りすぎないようにすることが必要です。

具体的には、11月中に過去問をやり込むことです。ということは10月、9月には愛知大学の入試にでるレベルの知識はインプットが完了していなければなりません。11月の過去問演習では自分がどうしても取れない科目を認識しておきましょう。12月からはセンター対策をしていくので、その中で私大の問題とどちらが取りやすいか感じておきましょう。

前期だけでは厳しい。M方式併願でもこころもとない。そうといっても、センタープラスに頼り切ることなく、そこから逆算してスケジューリングをしていかないとかなり厳しい結果になりそうです。時間は巻き戻せないので、いますぐに準備をしましょう。

もし、今、やるべきことや、一日にやる量、

いつまでに何をやるのかが分かっていないのであれば、

一度武田塾が公開しているルートを見て
やるべきことを明確にしていただくか
無料受験相談にお越しいただくこと
お勧めいたします✊

武田塾太田川校では、

  • 時間が足りない😰
  • 復習ってどうやるの🤔
  • 各教科のバランスが分からない😅
  • 志望校で迷っている😣

という方の相談に無料でのっています。

その他、受験にまつわるエトセトラについて、お気軽に相談してくださいね。

興味があるよ、という方は下記ボタンをクリックしてみて下さい。申し込みフォームが開きます。

また、お電話の場合は、0562-38-6440(15:00-22:00 日除く)までどうぞ

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談