数学のおはなし

太田川校・

こんにちは!武田塾太田川校講師のYです。今回は数学についてお話します。

まず基本的なアプローチを叩き込め!!

数学で最も重要なことは基礎固めです。この基礎が固まっていないと数字が変わっただけで何もできなくなったり、少し応用されると手も足も出なくなってしまいます。では、どのように基礎固めをしていけばいいのでしょうか?そこでオススメするのが『初めから始めるシリーズ』と『基礎問題精講』という参考書です。この2冊は問題の収録内容や解説がよく、大学受験数学の最も基礎的な部分を身につけることができます。詳しくは、下記のリンクより閲覧ください。

初めから始めるシリーズ

https://www.youtube.com/watch?v=dzyuof7bfME

基礎問題精講

https://www.youtube.com/watch?v=BRAKxne_fQw

すぐに答えをみるな?

数学は難関大学になるにつれ解法へのアプローチの発想とひらめきが必要となる科目です。つまり、ただ答えを見て典型問題の解法パターンを叩き込み、その問題を解けるようにしたところで受験本番で合格点を取ることはとても厳しいでしょう。そこで、1つの問題に対して考える癖をつけることをオススメします。自分の知っている知識をどのように用いていけばいいのかというアプローチを考えて問題を解くことをするだけで、それをやっていない人と後々大きな差が開きます。また、答えありきで問題を解き進めていては自分がどこまで出来て何が出来なかったのかを把握することが出来ません。もちろんある程度の知識がある状態でのお話になります。

解答作成について

数学の完全記述問題に対して完璧な解答を作成することはほぼ不可能といっても過言ではありません。では、どのようにして解答を作成していけばいいのか?

まず、解答は相手に伝わらなければ意味がありません。そこで重要となってくるのは、日本語での説明です。ただ数字で書き記していては何をどのようにしているのかが分からないし、自分の数学の力も伸びてこないでしょう。また、わかりやすくて見やすい解答作成を行えば、解は求まらなくても、部分点をもらえるかもしれません。

数学の記述で日本語の説明をうまく書けることは大きな武器なり、数学の力も伸びます。しっかり練習してください。

解法のアプローチを忘れないために

苦手な分野の問題は何回やっても忘れてしまうことがあります。そこで問題の背景を知ることをオススメします。背景知識を得ることでより忘れない記憶への定着となるとなるでしょう。これはインターネットから検索すれば該当するサイトがたくさん出てきます。ぜひ試してみてください!

さて、武田塾太田川校では、

  • 時間が足りない😰
  • 復習ってどうやるの🤔
  • 各教科のバランスが分からない😅
  • 志望校で迷っている😣

という方の相談に無料でのっています。

その他、受験にまつわるエトセトラについて、お気軽に相談してくださいね。

興味があるよ、という方は下記ボタンをクリックしてみて下さい。申し込みフォームが開きます。

また、お電話の場合は、0562-38-6440(15:00-22:00 日除く)までどうぞ

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談