【E判定でも大丈夫ってホント?】模試の正しい活用方法について

太田校・

こんにちは!
逆転合格専門個別指導塾 武田塾太田校のOです。

受験生の皆さんの多くは各予備校が実施している模試を受験すると思いますが、その受験した模試の結果はどのように活用していますか?

「自分の実力がどれぐらいか」を確かめたり、あるいは志望校選びに使う人も多いと思います。

「ここの大学はE判定が出ちゃったから志望校をもう少し下の大学にしよう…。」
「C~D判定を行ったり来たりしてるからここの大学は厳しいかな…。」

模試の結果を見比べながらそんな風に考えてる人も多いかと思いますが、ちょっと待ってください!

stop-3089945_1280

模試の結果だけで志望校を諦めるなんて勿体ない!

今の実力がE判定でも、正しく受験勉強を進められれば志望校は目指せます!
そのためにも、せっかく受けたのですから模試の結果は有効活用しましょう。

ということで、今回は模試の活用方法についてお教えしたいと思います!

 

模試はあくまでチェックポイントとして活用

そもそも模試は試験のリハーサルのようなものであり、あくまで模試の結果で分かるのは各大学を志望する学生のうち自分が現在どの位置にいるのかということだけです。
つまり、模試の結果で大学の合否が決まるものではありません!

合格 不合格

なので「模試に向けた対策」を皆さんやってしまいがちですが模試対策はそこまで意味はないのでやらなくても良いです。

もちろん、「良い判定が出る」というのはとても素晴らしいことなのです。
しかし、「志望校に合格するために勉強する」のであって「良い判定を出すために勉強する」わけではありません!

あくまでも模試の判定は「今の自分の実力と大学の偏差値がどれだけ離れているか」を可視化したものにすぎないので、判定に関しては「こんなものか~」くらいに思っておきましょう!
(もちろん模試の問題の内容についてはしっかりと振り返る必要があります。)

 

じゃあ模試っていったいどうやって活用すればいいの?

模試とはつまり、自分が勉強した部分がどれだけできたかについて確認するものです。
自分の今の実力を客観視するためのもの、とも言えますね。

例えば、「英語の文法と単語だけは勉強してきた」という場合には、その部分がしっかりとれているか確認してみましょう。
8割越えなど、ちゃんと期待通りの点数が出ていれば完璧に身についた証拠ですね!

思ったより点数が伸びてくれなかった…という場合は、どういうところが分からなかったか、なぜミスしてしまったかをキチンと分析して、今後同じような問題が出ても大丈夫なようにしっかりと復習を行いましょう。

逆に「勉強を詰め切れなかった部分」についてはあまり深く考えなくても大丈夫です。

理由はカンタン!
勉強してないのに点数が取れるわけがない!
この一言に尽きます。

ですから、取れなかった部分は、一通り勉強し終わってその問題に挑めるレベルになってからもう一度チャレンジしてみてください!

このように、通常の全国模試のような統一試験ではあまり判定を気にする必要はありません。
しかし、東大プレ、京大プレなどの難関大学別の模試については問題の傾向や受験生の層が本番に近いものになっており、判定や偏差値もより本番に即したものになるため、大いに参考になります。

また、大学別の模試は本番に近い形式での実践演習として活用できるので、それらの大学を志望している人は是非とも受けておくべきですね!

 

試験会場の空気に慣れる練習として活用

模試を受ける時には、試験会場特有の空気に慣れるということも意識してみましょう。

当たり前の話ですが、普段勉強している場所と模試を受ける場所は違いますよね?
受ける模試によっては自分の学校の教室で受けられることもありますが、一般的には近隣の大学の講義室や公共施設のホールのような、皆さんがあまり行ったことのない場所で受験するのがふつうです。

さらに言えばセンター試験や大学の二次試験といった入試本番では、ほぼ間違いなく普段とは違う環境での受験になります。

模試

そういった環境の中で自分の本来の実力を発揮するのは想像以上に難しいことです。
皆さんも部活動の大会で緊張のあまり体が動かなかったなどの経験があるのではないでしょうか?

もし、何の前準備もなくいきなり本番の試験を迎えてしまったら、

学校の教室よりはるかに広い会場…

周りに友達は一人もいない…

そんな慣れない空気の中、試験は始まったものの緊張が抜けきれずケアレスミスを連発…
なんてことになりかねません…。

がっかり フリー画像

なので、普段の勉強の成果を出すことももちろん大事ですが

「入試の空気」に体を慣れさせる練習である

ということも意識して模試に臨んでみましょう!

 

まとめ

模試は現時点での自分の成績を見るために活用するものではあっても、志望校に本当に受かるかどうかを試すものではありません。
あくまでも練習なんだということを心に留めておいてください。

そしてその結果を踏まえることで、今後の勉強方針をより明確にするためのツールであると私は思っています。

ですから、今がE判定・D判定でも大丈夫!

今の自分に何が足りないのか? 何をしなければならないのか?
それらを見つめ直して受験勉強をスタート出来れば、逆転合格へグッと近づくことが出来ます。
学年が変わる直前の今こそもう一度見直しておきましょう!

 

模試の受け方・活用方法については、こちらの動画でも詳しく紹介しているので併せてご覧ください!!

 

ところで武田塾太田校ってどんな塾なの?

IMG_1536

武田塾太田校は,なんと授業をしない塾です。
塾なのに授業をしないって意味がわからないですよね?

でも授業をしないのには、れっきとした理由があるのです。
以下の記事で武田塾太田校のご紹介をさせていただいてますので、よかったら読んでみてください!
参考記事:群馬県太田市の逆転合格専門塾【武田塾】太田校ってどんな塾なの?

 

 

 

逆転合格専門個別指導塾の武田塾太田校

受入対象
既卒生(浪人生)・高校生(3年生,2年生,1年生)

近隣エリア
【群馬県】太田市・桐生市・伊勢崎市・館林市・みどり市・
大泉町・千代田町・明和町・板倉町
【栃木県】足利市・佐野市
【埼玉県】羽生市・加須市・久喜市・熊谷市・行田市

〒373-0851

群馬県太田市飯田町1303-1 アルモニービル3F

◆東武伊勢崎線・桐生線・小泉線 太田駅より徒歩3分

受付時間 月~土、祝日 13:30~22:00

          日 13:30~21:00

TEL 0276-48-8600 (ご質問・ご相談受付中)

e-mail ota@takeda.tv

無料受験相談

関連記事

明治大学

こんにちは! 逆転合格専門個別指導塾 武田塾太田校の鈴木です。 武田塾太田校HPトップページはこちら   今回はMARCHの中でも最難関の難易度を誇る明治大学に今から逆転合格する方法について…

わからない 女性

こんにちは!逆転合格専門個別指導塾 武田塾太田校の鈴木です。 今回お話ししたいのは、巷で噂の「私大難化」ついてです。文字通り、私立大学の難易度が上がってきているのですが、一体何が起こったのでしょうか?…

トロッコ 爆走

こんにちは! 逆転合格専門個別指導塾 武田塾太田校の鈴木です。   国公立大学に入るためには基本的に5教科7科目勉強しないといけないけど・・・ ところで、国公立大学に入るには5教科7科目を勉…

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談