【vol.1183】「増田塾、北九州予備校、河合塾マナビス、マナビズム、代々木ゼミナール、早稲田塾など」…武田塾塾長林尚弘が完全解説!!|受験相談SOS

高田「春の予備校探しで悩んでます。というコメントが届いてます。」

「だからだいたいね、河合塾さん、駿台さん、東進さんなどはお話させていただきましたんで、ちょっと色々他のなんか予備校名どんどん言ってもらって。」

高田「じゃあ、増田塾さん。」

「あー、増田塾さんね。要は、増田塾さんもいいですよね。いいってのは、大手予備校と違って、テストがしっかりしてるし、合格保証ってのも言ってんのも凄くいいので、普通の予備校よりはいいです。なんだけども、結局、生授業形式だから、河合塾・駿台と同じ問題が起きますよね。カリキュラムに限界があるんで。あとは、合格保証のための勉強か、それとも自分の苦手のための勉強かってのを直前期に悩むらしいよね。だから、ここは話すと長くなるんで割愛しますけれども、そういう問題点はあると。ただ、普通の塾・予備校よりもコンセプトもいいと思います。ただ、生授業の問題があるから、逆転はできない。元々、ある程度偏差値が高くないと無理じゃないかなって思ってます。はい、次!」

高田「北九州予備校。」

「北九州予備校もやっぱ生授業シリーズだよねそう。どうしようもないよね授業というかね。しかもあの、まあ、いわゆるあれですよね、監禁系のね。昔は両国予備校ってところだったんだけど、朝から晩まで授業ですね。あと、うちの武田塾グループのスタッフで、元北九州予備校の社員さんが誰とは言いませんけど、いらっしゃるんですけど、進学実績を上げるために、まあね、授業に力を入れてる北九州予備校さんが今、1日7時間授業で、さらに成績を上げるために、8時間授業にするっていう点でやってるらしいんだけど。いやいや、授業やりすぎるから、伸びないんだよって話で。たくさん授業をして、伸びる生徒は元からもう伸びちゃうもん。覚える時間奪っちゃうから、武田塾の考えっていうのは、なぜ授業をしないかっていうと、授業を1時間受けたらその内容覚えるのに、まあその倍、2時間くらいいるよねと。それなのに、毎日6時間授業とか受けてたら、12時間も覚える時間なんか取れないんだから、どんどん消化不良になっていくよねっていう考えじゃないですか武田塾は?だから、北九州予備校さんが、考えるどんどんね授業を増やしてっちゃったら、覚える時間なくなっちゃって大変なんじゃないかな?ってのが、やっぱ北九州予備校さんの心配ですね。やっぱみんなそこからね、やっぱ逃げ出しちゃってね、脱北とか言われちゃうわけですよね。はい、次どこですか?」

高田「河合塾マナビスさん。」

「あー、マナビスさんね。河合塾マナビスさんは大変いいと思いますね。なんでかっていうと、河合塾のその生授業で1週間1授業ずつなんで、それの映像授業バージョンで、どんどん先に進めるわけね。であと、僕よくネタにしてますけど、河合塾水戸校と河合塾マナビス水戸校があるじゃないですか?絶対、河合塾水戸校よりも、マナビスの水戸校で観る先生の方が、いい先生来てますよね。いやそりゃ、麹町校はね、すげえ先生そろってるかもしんないけど、水戸校にはそこまでいい先生来てないと僕は思うわけですよね。売れっ子の先生とかね。だから、その売れてる先生の1番いい授業をどんどん自分のペースで進める河合塾マナビス水戸校と、イマイチな先生を1週間1講座ずつのペースでゆっくり進んでったら、そりゃどう考えてもマナビスの方がいいでしょという風に思うんだけど、それを両方経営されてる河合塾さんは何を考えてるんですか?って。全校舎マナビスにすればいいじゃんみたいな。河合塾の存在意義は?みたいなねという風に僕は思うんですね。なので、マナビスは大変いいと思いますが、河合塾さんは何なのっていう風に思うのと、じゃあ、河合塾マナビスさんと東進どっちがいいの?って言ったら俺は東進の方がいいんじゃないのって思うんだけど、だけど東進は、たくさん取らせようとするじゃん?だけど、マナビスさんも取らせようとするんだけど、東進ほどエグくないらしいのね元社員さんの話によるとね。だから、そういう意味では、復習しやすいのはマナビスさんなんだけども、う~ん…みたいなそういう難しいところがあるっていうところが僕の見解です。はい。他は?」

高田「えー、難関私大専門塾マナビズムさん。」

「マナビスさんね。俺は普通に結構いいと思いますよ。社長さんとも何度も会ったことありますし。ただ、話を聞くとどんどん進化してますよね。昔の制度よりも、今の制度がどんどん変わってるんで、あそこはね、なんていうかな、もっとこうした方がいい、ああした方がいいってのはあんまりないかな。当然、武田塾の方がいんだけれども、なかなかいいですよあそこは。大変、よろしいですね。ちょっとね、仲がいいから言いづらいところとかある。いやだけど、なんていうかな、明らかな問題点がないのね。色んな議論はしたの。何でマナビズムさんこうしてんの?なんで武田塾さんそうしてるの?みたいに、色々言い合ったりはあるけども、まあ、そんなにそれはたしかにそういう事情があるなら、そういう制度になるよねみたいな感じはまあまあまあ、OK。合格。はい、あい、次。」

高田「じゃあ、代々木ゼミナールさん。」

「代ゼミさん。それはもうね、河合塾さんと同じ問題点がありますよね。だけど、先生面白くていんじゃないですかね?なんか、ゆっくりなペースだから、カリキュラム上問題はあるけども、面白い先生が働いてるのは多い気がするけど、もう東進に引き抜かれちゃったかなどうかな?みたいなね。まあ、そういう感じですかね。」

高田「なるほど。そんな感じですか?」

「あと、どっかあるかね?」

高田「まあ、早稲田塾さんとか。」

「あー、早稲田塾さんね。もう、東進ですからね今はね。まあ、AOの指導とかやっぱすごいんじゃないですか?あのー、実績がありますよね。だから、まあすごくAOはいいですよ。だから、これからの入試は早稲田塾さん来ちゃうんじゃないですか?あのー、やっぱなんだろうな、生授業だけとか、普通の予備校ができてない最新のことに取り組んでるイメージがありますね。だから、AOは早稲田塾さんに相談とかは大変いいと思います。」

高田「はい。いやー、すごいですね。ノンストップで予備校についてブワーッっと。」

「だけど、だいたいね、ここの予備校は?ここの予備校は?って言ったらだいたいがそれあの、河合塾シリーズって感じでね。御茶ノ水ゼミナールは?うん、河合塾シリーズ。〇〇予備校は?うん、それ河合塾。河合塾の劣化バージョンってなっちゃうよね。うん。だから、逆にこの塾すごいよ、これはこの指導方法すごいよってところがあったら、教えてほしいからね。むしろ、そんな優れた指導方法があるなら、武田塾もその仕組に変えちゃうから。自分が考えた中で1番最強の仕組みだって思うのがこの仕組みなんだから、これ以上どうしたらいいの?って感じなんで。まあ、今回はこんなもんですかね。是非、色んな意見をね、お待ちしてますので。この辺どうなの?あの辺どうなの?みたいにね、言ってくれれば嬉しいです。高田先生、最後に一言。」

高田「いや、塾・予備校選びマジで大事です。この林先生の問題点を踏まえて、選んでもらえたら嬉しいなと思いますね。」

「はい、どうもありがとうございました。」