【vol.1126】「広く浅く、全分野対策」or「狭く深く、1分野を対策」なのか!?…直前期、対策が必要な分野をたくさん見つけた時は? |受験相談SOS

今日の質問 対策が必要な分野がいくつか見つかり参考書を追加したいと思っています。ただ、全部を完璧にすることは難しそうです。それぞれの参考書の一部(半分までや特に苦手な分野だけなど)を完璧にするのと1冊に絞って完璧にするのとではどっちの方がよいのでしょうか?正直どの分野も対策したいので浅くなっても広く対策した方がいいのかなと思っています。

高田先生 狭く深くか。広く浅くか。分野を絞るか、それとも全分野まんべんなく1冊完璧にするか。

中森先生 基本は全部リストアップして順番に片付けていくが正解ですね。

高田先生 おぉ~全部リストアップして順番に片付けていくと。

中森先生 そう。点取れるところまでやんなきゃダメなので、全部中途半端になっててんが取れないのが一番まずいですね。

高田先生 なるほどですね。ということは広く浅くっていうのは、、、

中森先生 広くリストアップして順番に片付けろ。ですね。残す時間のある限り。

高田先生 ちょっとニュアンスが違いますね。浅くなっちゃダメみたいな。

中森先生 浅くなっちゃダメだし、1つしかやらなくてそれで合格点に足りなかったら意味無いじゃんっていう話で。

高田先生 そうか。狭く深くも違うってことですね。

中森先生 基準としてはそれ潰したら何点上がるのとか、どこ取れるようになるのっていことをちゃんと考えてやんなきゃいけないっていう。

高田先生 なるほどですね。

中森先生 例えば3年連続で微積が出てるけどベクトルは3年に1回しか出てないぞみたいな話だったらそれは微積から始めるわけじゃないですか。だから点になりやすい部分からやっていけっていう話で、しかもやり終わった後ちゃんと点取れるところまでやったかを過去問で確認して。取れるようになりましたってなったら次のところに入るみたいな感じですね。

高田先生 リストアップ。参考書などで復習して対策する。でその後また過去問やって実際に点数が上がっているかをチェックして、じゃあ次リストアップしたところをやっていく。このスケジュール感がすごい大事ですね。これ超重要ですね。

中森先生 うん。だから過去問とか直前期の勉強っていうのはリターンがある勉強をしないとダメで、よく目安として1日1点上げるつもりでやれとか。ちゃんと手応えあることをやらなきゃいけないっていう話でやってるんですけど。そういう風にやっていかないとやりたいこと全部手を出したはいいけどやったところが中途半端な完成度でケアレスミスで結局取れていませんでしたじゃ何のために時間を使ったのってなっちゃうから。

高田先生 点数を上げることに対して徹底的にコミットしろと。

中森先生 うん。で後もう1個は先にリストアップしておかないと後で気になっちゃうんですよね。

高田先生 あ~確かに。あ、わかる~。過去問やっていく内にあの分野もちょっと心配みたいな風になっちゃうってことですね。

中森先生 だから、リストアップするものが増えてきたら後回しでやれって話なんですよ。まず優先度高いやつから片付けていって、時間があったらやるでいいと思うんですよ。

高田先生 なるほどですね。それで気持ち落ち着きますね。残りのスケジュールでこの分野とこの分野とこの分野を潰そうって決めていた方が楽ですよね。

中森先生 で。全部やっちゃう人は増えていくんだよね。どんどんやることが。

高田先生 これもこれも。あっあれも。みたいな。これもミスっちゃったからみたいな。

中森先生 そう。

高田先生 それは増えていっちゃうわ。

中森先生 そう。増えていくと終わらなくなるから。1個ずつ片付けて終わらせていかないとダメだよっていう。途中まで終わればそこまでの点は取れるわけだからね。

高田先生 確かに。ちょっとずつつまみ食いみたいな感じじゃ点数が上がらないぞと。リストアップしてやることを決めてそこは徹底的に点数取れるまでやり切るということですね。

中森先生 うん。

高田先生 いい話だったと思います。これは是非参考にしてみて下さい。今回は以上です。