【vol.1125】「英語長文の設問に時間がかかる」解決法は!?|受験相談SOS

今日の質問
早稲田志望です!!早稲田の過去問に限った話ではないのですが、長文を読むのが遅いというより設問に時間がかかっていると自分で感じました。設問にかける時間を減らすのはどういったトレーニングが必要でしょうか?

中森先生
これはもうね。学校ごとの問題の出し方があるからね。

高田先生
そうですね、これすごい良い質問だなとまず思ったんですよ。英語、長文を読むのが遅いんですよっていうのは多いじゃないですか。でも、その中の半分ぐらいの子は長文を読むことよりも設問解く時に時間がかかっているケースが多いと思うんですよ。

中森先生
多いですね。

高田先生
それにまず気づけているというのがすごいですね。

中森先生
大事。

高田先生
じゃあその設問にかける時間を減らすにはどういったトレーニングが必要か?これは難しい質問だなと思うんですけど。なにか中森先生ありますか?

中森先生
これはでも、過去問とかそのレベルの問題でめっちゃ時間かけて復習というのが基本だと思うんですね。

高田先生
確かに、そうですね~。時間かけてしっかり復習すると。理想的な解き方を、これどうやったら理想的に解けるかを考えるみたいな感じですかね。

中森先生
間違いの選択肢を全部すごい丁寧に吟味して「ここで判断しなくちゃいけないの?」みたいなことを全部めっちゃ丁寧にやることが大事なんじゃないかと。

高田先生
あ~それ大事ですね。なんとなくで正解した問題とかも1回復習のときには「これ本当だったらどうやって解いたらいいんだろう?」とか間違いの選択肢を本当はどこで切らなければいけなかったんだろうということを適宜振り返ることですよね。なので自分の最善の行動を振り返るというか、ベストな行動はどうだったんだろうと考えることがめっちゃ重要ですかね。

中森先生
だから、超丁寧にシミュレーションすることだよね。

高田先生
間違いないですね。

中森先生
だから、これは基準がわからないと。ひたすら過去問を解いていたら出来るのかと言ったらそうじゃなくて。やりがちなのが過去問解きまくって傾向を掴めばいけるんじゃない?っていう。

高田先生
あ~いますね。

中森先生
過去問を解きまくっている人は結構答え暗記して終わっている人が多いんですよね。

高田先生
そうですね。

中森先生
むしろ一周間に1年分とかでいいから、もうその後に復習に10倍ぐらい時間かけてめっちゃ丁寧にやってほしいってものなんですね、ここに関しては。

高田先生
大量に過去問をやっても、結局設問にかかる時間は変わらないと思うんですよね。解く内に気づけたらいいですけど、しっかり復習しないとなんとなくこれかなって選ぶのの繰り返しになってしまっててあんまり意味が無いですよね。

中森先生
難しい参考書であればあるほど、もしくは過去問であればあるほど1つの問題に対する時間はじっくりかけてほしくて、考えてほしいんですよね。

高田先生
間違いないですね。あと1個中森先生に質問なんですけど、こういう子だったら「〇〇大学の合格講座」みたいなのってあるじゃないですか。黄色い。ああいうのでちょっとしたコツを学ぶとかどうなのかなって思うんですけど。。

中森先生
ありですありです。ただ、それが分かるためには1回解いてみて何が出来ないのか把握してからの方が良いですね。全部やってもしょうが無いですよねああいうのって。

高田先生
なるほどなるほど。確かにあれ設問別に載っていたりするので、過去問をやってこういうところできないなとか把握した上で「〇〇大学の合格講座」みたいなのでちょっとした過去問の解き方のコツなどを学ぶのもありですかね。

中森先生
だから、逆にダメなパターンはやり方を表面的に鵜呑みにしてまるまる真似してやるっていうやり方だと、それじゃあダメですよね。なのでちゃんと自分のものにして自分で出来るようになったらちゃんと自分でやっていかないといけないから。そこはさじ加減というものを考えないといけないですよね。

高田先生
結構大事な話だったと思います。過去問の復習方法、シミュレーションを徹底的にやるというところを意識してみて下さい。今回は以上です。