【vol.1110】「慶應文系学部で受かりやすいところ」ってどこ?(後編)|受験相談SOS

山火「じゃあ、

太田先生、慶應も聞いちゃって良いですか?」

太田「はい。そうですね。やはり、慶應ですと、三田キャンパスの方にあるのだと、一番入りやすい学部だと商学部で、次が文学部じゃないですかね。」

山火「入ってからのカースト具合とかどんな感じなんですか?」

太田「はい。あの、慶應はあまりないです。人の下に人を造らず。どこも格差なく、上下に見ないので。」

雨貝「良いですね。え、じゃあ、SFCの立ち位置ってどうなんですか?」

太田「SFCなんですけれども、あまり関わりがないので、他大学のような。」

山火「いやいや、慶應ですよね。」

太田「はい。あ、まあテニスサークルとかサークルでの繋がりでSFCの人たちと繋がりを持つことはあるんですけど、学問ではほぼ繋がりがないですね。」

雨貝「向こうの湘南藤沢キャンパスに行くことは無いんですか?」

太田「ないですね。」

山火「今ちょっと、慶應は4学部で正面しか見ないですよって言いつつ、SFCは他大学っていう慶應の縮図を見ました。」

太田「いや、そういうんじゃないです。」

雨貝「結構言いますね。」

太田「分からないだけです。」

山火「ちなみに、SFCとかも全部入れて慶應で受かりやすい学部はどこなんですか?」

太田「難しいなあ。看護医療学部でしょうか。」

山火「そこか。看護か。確かにね。」

雨貝「そっちかあ。そっちは受けられないなあ。」

山火「SFCと商学部だったら、受かりやすいのは?」

太田「受かりやすさだけで言うと、SFCかと思います。ただもう、英語に特化したとか、数学に特化したとか、そういう実力が求められるので、一概には言えないんですけれども、ただ、早い時間で慶應になんとか入りたいっていう人が対策するとしたら一番入りやすいのはSFCかなって思います。」

雨貝「なるほど。」

山火「SFCも全然良いけど。SFCの友達めっちゃ多いからさ。」

太田「SFCは、本当に起業家が多いとか、すごい志が高い人が多いですね。」

雨貝「パソコン室24時間使えるとか聞いたんですけど。」

山火「ね、授業中みんなパソコン開いてるし、パソコン開いてなきゃダメみたいな。」

雨貝「ITがすごい強いらしいですね。」

山火「SFCの人って、だいたい起業家が多いですよね。」

太田「はい、もうすごい人とかが多いですね。」

雨貝「早稲田の人間科学部やスポーツ科学部と同じようにSFCも入れれば、全然慶應って胸張って言えるので、そりゃもう狙うべきところですよね。」

太田「最後に受かってから、どこの学部にしようかって決めればいいですし。」

雨貝「そうですね。」

山火「まあ、今回は早慶の受かりやすい学部ってことで、

雨貝先生、我々早稲田生なので早稲田志望の人に一言お願いします。」

雨貝「一言いいですか。よし、今やってることは、大学入ってからもその後の人生にも役立つことなので、めいいっぱい勉強して受かって大隈さんの銅像の前で会いましょう。呼んでくれたら行くんで。」

山火「僕も行きます。」

雨貝「みんなで一緒に大隈さんにメッセージを送りましょう。」

山火「うん。送ろう。良いですね。じゃあ、

太田先生、慶應目指す学生たちに一言いいですか。」

太田「はい。そうですね。今勉強してきている人たちに言いたいのは、やはり英語が全てです。慶應は、英語ができれば入れます。配点が高いです。今、慶應目指している人たちは、英語を極めて下さい。」

山火「そうですね。」

雨貝「なるほど。いい話。」

山火「まあ、これを見て、是非自分で良い学部を見つけて、しっかり受けて受かってください。今回は以上です。」