【vol.1097】早慶戦前半戦!! 12/3山火先生お誕生日記念「早稲田と慶應どっちがよい!?」|受験相談SOS

山火「今日の質問をお願いします。」

太田「はい。じゃあ、読み上げます。早稲田と慶應ってどっちが良いんですか。」

雨貝「ざっくりしてますね。この質問。」

山火「ざっくりしてますね、これは。」

雨貝「よく言われますよね、これは本当に。」

山火「これは、受験生気になるよね。」

太田「みんな気になりますよね。」

山火「ぶっちゃけさ、慶應じゃない。」

雨貝「いきなり、そこから入りますか。」

山火「だって、まあじゃあ、いきなり、この質問が出たところで分かりきってるんだけど、慶應の方がだって世の中良いと思ってるじゃん。」

雨貝「まあまあ。そうですけど。」

山火「だけど、我々は早稲田だから、そんな事無いぞってちょっと反論していきたいなと。」

雨貝「世の中的には、慶應だって結果が出てるかもしれないけど、そんなものは僕らが覆してしてやろうって。」

山火「そうそう。」

太田「じゃあ、どの辺が良いですか。」

山火「うわ。来た。上から。」

雨貝「ゾワってしたよ。」

太田「いやいや。はい。」

雨貝「まずですよ、学部の種類の多さですよ。」

山火「まあ、たしかにね。学べることが多いですよね。早稲田は。」

雨貝「慶應にスポーツ科学部とか人間科学部とかありますか。」

太田「じゃあ、早稲田に医学部ありますか。」

雨貝「でたよ。これも。」

山火「うわ。今のも会心の一撃だった。それは、冒頭に出しちゃダメだから。最後に言わなきゃだから。でもでも、早稲田って医学部ありますって最後締めないと。」

雨貝「そうですね。」

山火「早稲田も本当は医学部つくろうっていう経緯があるんですよ。だけど、つくれなかったんですよ。だから、スポーツ科学部とかができたり。」

太田「やっぱり、有名なスポーツ選手が多いですよね。」

雨貝「なんで、お前がいうんだよ。」

山火「なんで、慶應生に早稲田のアレをされなきゃなの。」

雨貝「超フォローされてるんだけど。おかしいですね。」

山火「あ、わかったよ。慶應は、神奈川県にある。早稲田は、ほどんど基本的に高田馬場っていう新宿区にあるんですよ。慶應だって、どの学部も神奈川の日吉っていうところに最初は行かなきゃなんでしょ。」

雨貝「SFCなんか山の中じゃないですか。」

太田「それだったら、所沢だって。」

山火「いやいや。SFCと所沢のキャンパスの違いって、馬糞の臭さって言ったら早稲田の所沢より慶應のSFCじゃないですか。」

太田「確かに、そこはもうしょうがないですかね。」

山火「それは置いておいて、どうなんですか。日吉キャンパスは。神奈川じゃないですか。」

太田「いやいや。渋谷から15分くらいで行けるので。」

雨貝「え、そんなに近いんですか。」

太田「あ、近いです。近いです。全然神奈川っぽくないんですよ。」

山火「しかも、駅前にあって、すごい通いやすいんですよね。」

雨貝「俺は、高田馬場から20分くらい歩いてたんだな。どうしよ。」

太田「慶應は、1分で着きますから。」

山火「うらひよが良いですよね。」

太田「良いですね。」

雨貝「なにのっかってるんですか。」

山火「ちょっと、やっぱり」

雨貝「頑張りましょうよ。いや、あ、一個ありました。早稲田の方が人数が多い。」

山火「あ、確かに、OBが多いね。」

雨貝「それだけ、優秀な学生が多く、世間に排出しているわけですよ。」

太田「それ言われると、でも、少数精鋭っていう言葉もありますよ。」

雨貝「あ、もう。今、なんて言われたか分かりますか。早稲田の学生は、数が多いだけで、中身はうーんあれだよねみたいなことを言われたわけですよ。」

山火「無能の集まりだと。」

太田「違いますよ。」

山火「なんか、でもちょっと上品だよね、返し方が。我々のこの頑張ってる感が本当に辛いですよね。」

雨貝「あしらわれてる感がすごいよね。」

山火「あ、あったあった。早稲田の方が居やすい、居心地が良い。早稲田の空気は、早稲田にしか無いんだよ。」

雨貝「馬場のロータリーで酔っ払って寝れるなんて早稲田だけっすよ。」

太田「それは、マイナス点じゃないんですかね。」

雨貝「もうダメだ。」