【vol.991】慶応はずっとA判定!?…「古谷先生の受験生時代と、青山学院大学!!」(前編)|受験相談SOS

山火武  本部教務の山火です

古谷太知 甲府校校舎長古谷です

山火武  今回もですね、甲府高の古谷先生にお越しいただきました。ありがとうございます

古谷太知 よろしくお願いします。

山火武  前回、英語の勉強法について、TOEICの勉強法について聞いたので、今回は、じゃあ、古谷先生の受験時代の話を、お伺いしてもいいですか。古谷先生は青学ですよね。受験時代どういう感じだったんですか。高一の時とか、高二高三の時とか

古谷太知 僕、受験時代は、世界史命だったんですよ。

山火武  世界史が命っていうのは、世界史が得意ってことですか

古谷太知 ものすごく得意で、ほんとに世界史に青春をかけていたという言う感じで、

山火武  参考書に命かけてるみたいな。

古谷太知 世界史は、進研模試だとか、河合塾の模試だと、ほとんど100点でしたね。

山火武  めちゃめちゃすごいじゃないですか。

古谷太知 世界史だけ、ほとんど世界史だけやっていたんですよ。

山火武  なるほど、どういう感じ勉強されていたんですか

古谷太知 世界史は、これを一冊仕上げれば完璧だっていう、ノートを自分で作成しまして、で、教科書の情報とか、資料集の情報とか、模試を受けたその情報とかを、全部一冊にまとめってって、

山火武  自分でまとめノート作っていたんですか

古谷太知 はい、でそれだけ、覚えれば、テストに持ち込めば、絶対100点取れるというノートを作成して、全部暗記しました、

山火武  すさまじいですね。すごい好きだったんですね。あと、他の科目はどうだったんですか

古谷太知 英語は、偏差値で言うと、70くらいはありまして、

山火武  もしかして、進学高ですか。

古谷太知 まあ、地元では、進学校でしたね。国語がすごく苦手だったんですよ。

山火武  あ、そこだけ初めて共感できました。

古谷太知 がくんと国語だけ下がっちゃう。

山火武  じゃあ、英語はもともと得意で、世界史もすごい好きで、ここだけがくんと下がる。もともと志望校どちらだったんですか。

古谷太知 志望校っていうか、当時僕も予備校通ってたんですよ。そこで、慶応の判定って、小論文は含まれないんですよ、英語と世界史だけで判定出るんですよ。だから、慶應の判定が全部A判定

山火武  慶応全部A判定

古谷太知 もうずっとですね。で通っていた予備校の方から、ちょっと慶応受けてってことで、受験料も全部負担してもらって、

山火武  全部受験料負担ですか

古谷太知 PR的な

山火武  ちょっとブラックな話。私立高校とかちょっとありますよね。なんか。受かる子に、いっぱい受験料出して、私立の大学をいっぱい受けて、合格実績を稼ぐみたいな

古谷太知 そうですね、それにちょっと近い感じですけど、それで、慶應の学部を2つくらい受験しましたけど、小論がなかなか対策が追い付かずに、お金出していただいたんですけど、ちょっと失敗してしまいまして、

山火武  でどうしたんですか、A判定なんて受かる気しかしないじゃないですか。

古谷太知 完全に自分受かると思ってたんですけど、小論を甘く見すぎてましたね。

山火武  その話もまたしたいですね後で。

古谷太知 小論文は勉強したのか、してないのか、ちょっとおまけ的な認識しかなっかったので、

山火武  なるほどなるほど、まあでもそうですよね、そういうもんですよね。落とし穴があったんですね。で。それで、一応青学も受けて、

古谷太知 そうですね、当時、マーチクラスで、2科目で、青学2科目入試なんですけど、英語と世界史で受けられる学部、そこしかなかったんですよ。

山火武  えっと、何学部ですか

古谷太知 青学の経済学部ですね。

山火武  経済で、当時2科目で受けられたんですよね。

古谷太知 今ではもうないと思うんですけど、当時、2科目入試がありまして、枠もまあ少ないんですけど、2科目だったら行けるかなっていう。すべりどめで、

山火武  滑り止めで受けたら、

古谷太知 受けたら、まあ受かりまして、

山火武  慶応がちょっと滑っちゃって、たぶんこの動画を見てる浪人生とかも、受かった大学行くか行かないかとか、やっぱその、仮面浪人している人とかもいると思うんですけど、まあちょっと、第一位志望じゃなかったですけど、受かった青学にいて、どうでした。

古谷太知 まあ、滑り止めで入った大学なんですけど、青学はもうほんとに最高です。最高の学生時代を過ごせて、出る時には、母校を大好きになって..

後編へ続く